なるほどどうして。

スポンサードリンク



最近天気悪いよね。






ゆん「で、これは一体なんなの??」






ゆんくんは一人暮らしをしている。

それも割と都心というか、交通の便がいいとこに住んでるので何かと使われることが多い。




ある日



ゆん「で、どういうこと・・?」

みわ「ジュンさん死んだから持ってきた。」
ゆん「死んでるの?これ・・」
みわ「うん、死んでる。」
ゆん「困るんですが・・・・。」



ゆんの家にいるのは、もちろん家主のゆんと
みわとそして、死んだジュンさんだ。


ゆん「おい、どうした。」
ジュン「・・・・・・・。」
ゆん「死んでるか・・。」
みわ「どうしたものかね。」
ゆん「こっちが聞きたいです。」





まったく動かないジュンと困り果てているゆん。腹減ったと騒ぐみわ。

ゆん「なんでこうなったの?」
みわ「わたしとカラオケ行ってたんだ。」
ゆん「で?」
みわ「気付いたら死んでた。」
ゆん「状況がわからないよ。」
みわ「たぶんね、私が死ねよって言ったら死んだ。きっと私の呪いだ、どうしよう。」
ゆん「呪い??」
みわ「私の顔を見てマジマジとお前、歌ってる時ブサイクだなって言ったから。」
ゆん「それで死んだってわけ?」
みわ「本気でこいつうぜえなって思ったんだよね。だからきっと・・・」
ゆん「ちょっと泣かないでよ。とりあえず、すこし寝てっていいよ、ね。」
みわ「うん・・・。。」



パニックになってるみわを休ませジュンの様子を見に行ったゆん。


ゆん「おい、どうした。」
ジュン「・・・・・。」
ゆん「ダメだ。起きやしない。」
ジュン「ムクっ!」
ゆん「わ!!おい、平気か!」
ジュン「・・・・・・。」

と黙ったまま起き上がると



ジュン「・・・・・。」

みわ「キャーー!!」


歩いてみわのところへ向かうと


ジュン「・・・・・。」
みわ「止めて!!助けて!許して!」
ジュン「よくも殺したな。」
みわ「そんなつもりはなかったんです!ごめんなさい!」
ジュン「許す!」
みわ「え?」
ジュン「許す!!」
みわ「やった!」
ジュン「よし行くぞ!」
みわ「はい!」


そういうとふたりはそうそうと出て行ってしまった。

この2人が揃うと意味がわからないことが多い。



ひさびさのゆんくんでした。






スポンサードリンク