マジふざけんな

スポンサードリンク



超久しぶりに書いても真っ先にコメントくれる隈ちゃんが嬉しい半面ちょっと怖い。




「マジふざけんな」

誰もが言われたことや言ったことがあるであろうこの言葉。
おそらく関東で一番「マジふざけんな」って言われてるんじゃないでしょうか。

いやーまあ、これ本当によく言われるんだけど
一番最近では「オレ、熱帯魚屋さんになりたい」と言ったら妻に「マジふざけんな」って言われました。
いや、本気で言ってるんだけどと言ったら再び「マジふざけんな」。"追いマジふざけんな"まで頂きました。


これはもう幼いころからよくあることで小学校でまだ天板が熱くなるタイプのストーブで給食のサンマを焼いてたら消防車が出る騒ぎになって担任の先生に「マジふざけんな」と言われましたし、
志望校は絶望的に無理、授業態度が悪過ぎて内申がたりないとか言われたのに入試でまさかの国語英語社会を満点だし進路指導の先生に1度目の「マジふざけんな」、自己採点で数学13点で2度目の「マジふざけんな」そして見事合格しうれし涙の3度目の「マジふざけんな」。

高校では制服に入ってたタバコがばれて「多分オヤジのじゃない?」と言ったら「テメーのオヤジはブレザー着てんのか?」と「マジふざけんな」。

病気で死にかけたら「マジふざけんな」。
友人に結婚報告すれば「マジふざけんな」。
iPhone5を自慢してきた後輩のiPhoneの画面にニッコリニコちゃんマジックで書いて「マジふざけんな」。
挙句の果てには喫茶店でコーヒー飲んでるだけで知らない人に「マジふざけんな」。


僕としては全くふざけてなく一生懸命生きているんですけどね。どうやら伝わっていないようです。



それでも日本一「マジふざけんな」って言われてるなんて大げさだ!マジふざけんな!
と思ってる人。

いやいや、とある人が大幅に稼いでくれたんです。

このブログではないんですけどね、以前やってたやつでコメントに「つまらん死ね」的なコメントがあったわけです。

しかし、その反面とても楽しみにしてくれてる人も多く、暖かいコメントもあったので特には気にしませんでしたが、そのキ○ガイ違う読者に噛みつきはじめましてね。

「こんなブログ見て喜んでるなんて低能のオタク」とか言い始めてるんです。
僕としてはそのキ○ガイも読んでわけだしあろうことかコメントまで書いてるんで案外楽しみに見てるっていう解釈なんですが、僕を愛するが故に聞き捨てならない、ガマン出来ない人も多かったのでしょう。

ま、僕も大人ですしそれらのコメントを全て削除し「うるせーばーか、このトンマ!」と記事をあげたらそのキ○ガイから烈火のごとくコメントが付きまして。

それが例の「マジふざけんな」だったわけです。



その勢いったらとてつもなく、こういったブログってコメントが1000件が最大なんですけど、当然その記事はコメント1000で打ち止め。

それでは飽き足らず他の記事まで1000、1000と「マジふざけんな」で覆い尽くされて行きました。


当時、今ほどスパム対策されていなかったのでいくらかコメントしやすかったとはいえその労力は測り知れません。
その勢いや例のあいさつの記事を超えてますからね。もうコメント管理欄見て思わずつぶやきましたよ。

「マジふざけんな」





で、なんでこれを思い出したかって言うとナチュラルに恋しての隈ちゃんのコメントを見た妻に意味を説明したら「マジふざけんな。」と言われました。


おい、隈でてこい。お前マジふざけんな。
スポンサードリンク