「モンスターと流行りもの」

スポンサードリンク



めちゃくちゃ流行ってますね。

もともとポケモン初代のど真ん中世代に加え、元となったアプリゲーム、イングレスも狂ったようにハマった僕は、
今話題のポケモンGOももちろんハマっております。
写真
なぜか自宅にめっちゃいいのが出る。



町を歩けばモンスターを探す人たちだらけ、小学生から主婦までみーんなポケモン捕ってますね。

なんかいろいろ問題も多く、いいポケモンが出るといったところには人が集まりすぎて困ってたり、
歩きスマホや運転しながらのスマホなども問題になっているそうです。

運転しながらはさすがに容認できませんが、というか道路交通法違反ですが、歩きスマホに関しては確かに危険が危ないと思います。
僕なんかはそんな器用な人ではないのでゲームやるほど歩きながらスマホはできないんですけど、地図を見たりLINEをちょっと見たりはしちゃいますね。良くないですね。

しかし最近ではポケモンのおかげというかなんというか、歩きスマホはすっげぇダメ!という風潮ができつつあるので、
ポケモンでなくとも、歩きながらスマホを弄れなくなってきました。なんか恥ずかしいというか。
だから、スマホを見たい時は、足を止めてちょっと端のほうによけて確認するようになったんですね。バイクに乗ってるときは、前からですが一度バイクを止めてからスマホをチェックしたりします。

あと、僕結構歩きながら音楽聞くのが好きで、高級イヤホンで聞きながら散歩したりするんです。高級のやつ。こないだ買っちゃった。
それもあって歩く、というのがゲームを進行させるポケモンは僕に向いているというか、ハマったんだと思うんですが、
歩きながら音楽聞いてるときって「なんかこの曲は気分じゃないな」って思ったりすることってあるじゃないですか。

そういう時ってさっきも言ったように、一度足を止めて聞きたい音楽を吟味するんですが、僕スマホに音楽を入れるようになりましたので、スマホを取り出して足を止めて音楽を選ぶんですね。
そうするとさすが流行ってますね。それを見た、気づいた周りの人がなんか焦ってスマホを取り出すことが何度かありました。きっと僕を見て、なんかポケモンが出て止まったと思ったのでしょうか。何も出てません。音楽選んでるだけです。

ポケモンも僕の嫁さんもやってるんでわかったんですけど、まったく一緒のタイミングや位置で出るわけではないんですよね。ちょっと位置がズレてたりタイミングが少し違かったり。大体の位置なんかは一緒なんですけど。

すると、僕を見て急いでスマホを出した人は、なんだかスマホを見ながらフリフリ、探しながらどこかに消えていきます。
あんなのを見てると確かに危ないな、って思います。


しかしまあ、ものすごい勢いで流行ってますし、まさに社会現象と呼んでいいほどではないんじゃないでしょうか。
これ、なんでこんなに流行ったのかなーと考えてたりしたんですけど、
やっぱり一人1台は持っているスマホでかつ無料でできる、ゲーム自体は非常に簡単シンプル、現実とのリンクなんかがあると思います。
ゲーム機ではなくスマホなんで、手軽にちょろっとインストールできますし、今スマホ持ってない人なんてそういませんしね。
また、実際にやってみて思うんですけど、ぶっちゃけやることは少ないですよね。ゲーム好きの人は「内容が薄い、もう飽きた。」なんてい人も多そうですが、むしろ内容が薄くシンプルだからこそ流行ってるんだと思います。
ゲームをやらない人たち、主婦や会社員なんかも取り込むことができましたし、ちょっとした待ち時間でもできますからね。駅やバス停とか、飲食店で待っているときとかやっぱりちょっと見ちゃいますもん。
それこそこれがモンハンばりに一時間かけて何回もモンスターを狩る。そしていろいろスキルなんかも考えて・・・みたいなやりこみ要素があるゲームだったらここまで流行りませんよ。

あとまあ、現実と地理を使うってもは普通に面白いですよね。僕の近所でも江の島がえらいことになってるそうです。

個人的にこれ、子供なんか良いと思いますよ。何はともあれ地図を見ながら何かを目指すってのは結構社会的に必要な力ですから。地図や方角に慣れるってのはなかなか勉強になると思います。


さてさて、ポケモンに限らずなんかこうめちゃくちゃ流行ったものを妙に否定する人ってなぜか毎回目にするんですよね。
Twitterがポケモン一色になってるときですね、なんかフォローしている人の一人が妙に「ポケモンインストールしたけど5分で飽きた。」「ポケモンやってる人マジでレベル低い。」「俺は絶対にやらない。というかやりたくもない。」と何と戦ってるのか知りませんが、ひたすらツイートしてたんです。
別に個人の好みなんで気にしてなかったんですけど、他のポケモンやってる人に対して「何が面白いの?」とか絡み始めてまして、なんだこいつはと思ったんです。

思い返してみれば、音楽でもEDMというダンスミュージックのジャンルがべらぼうに流行ったんですが、その時も「うるさいだけ。俺は聞かない。」と言ってましたし、モンハンの新しいものが発売されて話題になった時も「俺はモンハンは買わない。買ってない。」とアピールしてました。おそらくツイッターでなんかある話題で一色に染まることがあるじゃないですか。それが自分に合わないものだと妙に噛みつくようです。

別に好き嫌いってのはありますし、好みだってありますから流行りものが嫌いってのはいいんですよ。
しかし「ピカチュー捕まえた!やったー!」って言ってる女の子にSNSで淡々と「ポケモンGOがいかにつまらないか」「なぜ自分がやらないのか」「どれだけ時間の無駄か」などいう必要はないと思うんです。本人が楽しくやってるんだからいいじゃないか、だれも得をしないじゃないかと。

人の価値観なんてもんは人によって違います。
例えば僕だって貴金属の類がまったく理解できません。世界で最も美しいといわれてるダイヤモンドだって僕にとってはおっさんの乳首と同じようなもんです。ましてや100万円以上するデカいダイヤモンドだって、いじりすぎたおっさんの乳首です。おっさんの乳首と違ってダイヤは売ればお金になりますから、くれるって言われればもらいますけど。

実際におっさんの乳首切り取って指輪にしてたらさすがに「それはどうかと思う」というのはわかりますが、僕にとっておっさんの乳首と同じ価値のダイヤモンドを指輪にしてつけている人に「それは無駄。」「オレはそれは嫌い。」という必要はないと思うんですよね。

逆に僕は狂ったように買い集めてる水草だって、興味のない人にはペンペン草みたいなもんでしょう。ペンペン草を数千円だして買ってるんですから頭おかしいですよね。

例のそいつはマイノリティがかっこいい、個性的な俺かっこいいだか思ってるんだか何だか知りませんが、
個性的なのはその顔だけにしてほしいものです。

僕はその攻撃された女の子に「そんなの気にしてる暇があったら一緒にポケモン捕まえに行こうぜ!」とポケモンナンパに成功しましたが、チームが違うことが判明し、決別しました。



とにかく、他人が楽しんでいる、または他人が価値を見出した行為を無下に否定するのはまったく必要のない行為だと思ったんです。
僕も割とそういうことしてしまうことが多いので気を付けないとな、と思いました。
しかし、こんなブログ時間かけて読んでる君たちはもっとすることないの?って思いますけどね。

スポンサードリンク