犬も飽きれば正常位

スポンサードリンク



多分今日の夜8時ごろから数時間アメーバピグ内に出没します。
探してみてね。


登場人物
ジュン 日々勉強
スギ先輩 信頼している先輩。

このブログ、僕のあふれる魅力を知ってか知らずか女性の読者が7割というオフ会でも開こうものなら僕はとんでもないことになるんじゃないか?って状況ですが、その女性陣から不信任案を出される覚悟で書きます。


僕も「泣き顔が好き」というなんともアレな部分を持ってますが、そんな僕をゆうに超える方がスギ先輩です。

まさに「先輩!100人抱いたって本当ですか?!」「100は言いすぎだよ、70か80ってところじゃない?」と村上春樹の小説に出てきそうなこのスギ先輩ですが、その伝説たるは僕ら男性諸君から絶大な支持を受けています。

軽くその伝説を紹介すると
・立てなくなるのは当たり前
・あまりの声に警察が来たことがある
・ベッドの足が折れた
・1対4はさすがに忙しくて余裕が無かった
・夏の終わりの屋根の上
・おいおい、ケンカするなよ。順番順番をリアルに言ったことがある
・風俗で誰がスギ先輩を取るかでケンカが起きたことがある
・もしスギ先輩の”その”エネルギーで発電したら関東甲信越全域に電力を供給できる

など、多くの伝説が語り継がれています。



そんな大好きな僕の先輩ですが、一度だけ大失敗をしたことがあります。



スギ先輩「いやー、この間さ。失敗しちゃって。」
ジュン「珍しいじゃないですか。どうしたんですか?」


スギ先輩「折れた。」




ジュン「・・・はい??」



そうそれはとある冬の出来事です。



相変わらずのエクスタシーな毎日を送っていたスギ先輩ですが、さすがに飽きてきてなんかないかなーと思っていたそうです。
そこで、48手を全て試してどれが一番いいか試したくなったそうです。


まぁ当然一日じゃキツイですから、半月くらいかけて試したらしいんだけど。

「つり橋」(リンク先注意)でお、これはいいなとか、「抱き地蔵」が何気にすばらしいなど、試行錯誤を繰り返して検証を続けましたが数日目に事件は起きました。


立ちかなえの最中ですね。
スギ先輩のその腕前が原因か何かは知りませんが、手がぬるっと滑って転倒してしまったそうです。
その直後からスギ先輩の通称「蜻蛉切」に激痛が走ったらしいです。


ジュン「え?折れたんですか?」
スギ先輩「ああ。さすがに後日病院行ったよ。」
ジュン「痛かったでしょ・・・」
スギ先輩「痛かったな。その後が最後まで大変だったよ。」
ジュン「続けたの!?」
スギ先輩「そりゃあ求められてるのに止めるわけにいかないだろう。」


スギ先輩「でもさすがにその後は1,2ヶ月は禁止だったけどね。」
ジュン「うわー。大変だったですね。」
スギ先輩「ああ、手が痛くなったよ。」
ジュン「えっ?」

なんとスギ先輩。主砲を奪われてもその他でカバーしてたといいます。

なんと!




ジュン「いやー。凄いな。」
スギ先輩「いやいや、そんなことないよ。普通だよ。」
ジュン「普通は折れないよ。」
スギ先輩「いやぁ俺もまだまだだね。」

遠い目をするスギ先輩でした。



そんなスギ先輩。
今はどこで何をしているのだろう。








スポンサードリンク



コメント

折れたwwwww

それは一大事ですねwww
素敵な先輩だなー。
その精力少し分けてほしいわww

ジュンちゃんのセー癖もわろたww

スギ様

もうAV男優になればいいじゃん。

え、ぜんぜんわからなかったんですけど…

スギ先輩リスペクト!!
舎弟にして欲しいです

女性読者の動向は・・

やってくれるねぇ~、今回の記事。まぁ、このぐらいなら否決の公算だな。ジュン君じゃなきゃヤバいけどね、笑

女性読者の動向は・・

やってくれるなぁ、今回の記事。まぁ、この位なら否決の公算だな。ジュン君だからねぇ・・

男抱いちゃえよ←

とりあえずアメーバピグはジュンさんの部屋に集合しませんか?(^0^ )

スギ先輩凄い!
現実にそんな人が本当にいるなんてw

tkジュンさん、
泣き顔がアレとか、私の理想なんですけどどうしよう^q^

どないしたらそんなにモテルのだww

そかー


北斗しんけんみたい。

知らない言葉で興味あったけど
入場しなかった。
弱虫と笑われてもいいさっ。

非公開コメント