異常と愛情

スポンサードリンク



「始まりは成功の陰から」
「迫りくる危機と繁栄」


登場人物
ジュン 張本人
ミカ 僕のバンドの人
トシくん ミカに同じ
ネジ 強敵
りっちゃん 音楽仲間






ジュン「いやー、すまんすまん。大丈夫だった??」
トシくん「大丈夫なわけないですよ。」
ジュン「結局どうしたの??」
トシくん「ジュンさんナシでやりましたよ。」
ジュン「良くできたじゃん。」
トシくん「出来なかったからこうも問題になってるんです。」


ミカ「お前!!どういうつもりだ!!」
ジュン「あ、ミカ!!やべ。逃げろ!」
ミカ「おい、テメー逃げんじゃねぇ!」
ジュン「すまんかった。すまんかった!」
ミカ「お前な、訳のわからんナヨナヨした連中にのまれたんだ。どれだけ屈辱か!」
ジュン「ん?ナヨナヨ?」
トシくん「ヴィジュアル系ですよ。」
ジュン「V系か・・・あっ!」
ミカ「無視か?おい!殺してやる。」
ジュン「イテテ、やめなさいよ。ちょっと考え事してんだから。」
ミカ「無視するな!おい!」

ミカにケツを蹴り上げられながら必死に考えた。

ジュン「V系・・・・」
トシくん「なんかあったんですか?」
ジュン「あいつか。やりやがったな。」





ネジ「さて、色モノバンドを完全に飲んだし、よくやった!」
V系共「どうもでしたー!!また呼んで下さいね!」
ネジ「おう!お疲れ!!」
V系共「何だったんだ、あの悪魔がどうのって騒いでたやつらww」
ネジ「まあまあ、なんかメタルの一種でしょ??ま、お疲れ様!!」


ネジ「さてと。ずいぶん悪評が付いたんじゃないかな。」
ネジ「次のイベントはどうしようかなー。あいつらもコレで大人しくしてるだろうし。」
ネジ「バカなやつらwww」










ジュン「・・・というワケだ。」
トシくん「で、ジュンさんがコテンパンにしたのって。」
ジュン「うん、V系」
トシくん「なるほど。」
ジュン「くっそー。どうしたもんかね。」
トシくん「もうあの辺いけないですよ、僕ら。」
ジュン「オレがいれば平気だろ。」
トシくん「もういないときの印象しか皆ないですし。というより色モノ扱いですし。」
ジュン「色モノじゃん。」
トシくん「それ言わないでww」
ジュン「ま、オレがまた出ればいいんでしょ。」

ミカ「あ?言うじゃねぇか。え?」
ジュン「いつまで怒ってるんだ。」
ミカ「お前が死ぬまでだ。」
ジュン「悪かったって。」
ミカ「もういい、お前なんていらんわ。」
ジュン「居なかったらダメだっただろ。」
ミカ「テメー、買いかぶりすぎた。」
トシくん「ちょっと、ミカさん!」
ミカ「ああ、お前抜きでやってやるよ!」
ジュン「そうか、ならやれよ。」
トシくん「ジュンさん!!!」
ミカ「ああ!分かった!!やってやるわ!」
ジュン「もう帰る!ふんだ!」

スネて帰るジュン。

トシくん「ちょっとミカさん、ジュンさんなしじゃムリですよ。」
ミカ「けっ、分かってるよ。」
トシくん「えっ。」
ミカ「あいつがいなきゃウチはダメだ。でもあいつのやる気のなさは昔からだろ。」
トシくん「えっと、まあガツガツいくタイプではないですし。」
ミカ「だからもういい。ムリヤリにも限界がある。」
トシくん「ええ・・じゃあ。。」
ミカ「ああ。少し休もう。」
トシくん「・・・・はい。」





ジュン「くっそー、ミカめ。ホンキで殴りやがって。」

ジュン「ま、いっか。あいつらからも解放されたし!もう暴れたりしないですむしね!」
ジュン「だいたい強引過ぎんだよ、まったく。」


ジュン「さて。」













ジュン「まったくよー。困ったもんだろ!」
りっちゃん「まあ、いいんじゃない??」
ジュン「ひどいもんだよな、ネジも。」
りっちゃん「まあねー。ネジくんもやり過ぎかな。」

りっちゃんはネジと一緒によく活動してた音楽仲間だ。

りっちゃん「いいじゃん、ジュンくんはジュンくんでなんかやったら。」
ジュン「そうだねー。なんかやるかな。」
りっちゃん「いいじゃん!私ついてくよ!」
ジュン「おいマジかwww」
りっちゃん「うん。だからネジくんじゃなくてジュンくんの方についてきたんじゃん。」
ジュン「ちょっとw」
りっちゃん「だって・・・ね」
ジュン「え?」
りっちゃん「ううん、なんでもない。」
ジュン「え?なんだよ??」
りっちゃん「とにかく!なんかやろうよ!新しくさ!」
ジュン「そうだねー。」
りっちゃん「そうだそうだ!」
ジュン「よし、りっちゃんの為に頑張るわ。」
りっちゃん「やったー!!」



りっちゃんの後押しのおかげで決心がついた。
僕は僕で違うところで活動しようっと。下心ではないです。



ジュン「じゃ、今日はありがとね。」
りっちゃん「うん、頑張ってね!!!」
ジュン「うん、じゃあねー。」








りっちゃん「あ、もしもし。ネジくん?うん。上手く行ったよww」








スポンサードリンク



コメント

悪い女やでぇ… りっちゃん は…

ネジ大人げねえなぁ。

まだ続ける気かよwwwガキかwwwww

スクリューってV系バンドいるけど無関係ですよね(^O^)?

おっと…まだ続くんですね、ネジさんの攻撃w
どうなるのー??

攻防戦が繰り広げられるワケですね!

続きが楽しみ♪

水面下の攻防
ワクワクする展開

てか、出来事もさることながら
ジュンさんの文章力も 凄いね!

何ハニートラップに引っ掛かってんですかw

繋がってること知っててわざとりっちゃんに相談しに言ったなwww
ジュンが考えた後にした行動だもんね。
次回期待!

怖いなぁ(;;゜;;ё;;゜;;)
このブログ読んでると
人間不信になりそwwww

ネジ、しつけぇwwwww

なんという展開www

どうあれ友達がいっぱいなのがうらやましい(笑)
非公開コメント