その男、最狂につき。

スポンサードリンク



「始まりは成功の陰から」
「迫りくる危機と繁栄」
「異常と愛情」

登場人物
ジュン 僕
あさい 僕らの頂点
りっちゃん ネジの手下
ネジ 強敵





あさい「おう、聞いたぜ。どういうことだ。」
ジュン「どうもこうもないよ。」
あさい「まったく。しょうがねえ野郎だな。」
ジュン「オレが?ネジが?」
あさい「両方だ。俺が殺してきてやろうか?」
ジュン「いいよ、マジでやりそうだから。」
あさい「はっはっは!心配すんな!」
ジュン「いいからマジで!」
あさい「じゃあ、どうすんだよ。」
ジュン「うーん。お手上げかな。」
あさい「らしくねぇな。」
ジュン「そう?ま、仕返しはしたいよね。」
あさい「だろ。どうすんだ。」
ジュン「ちょっと考えてみる。」
あさい「おう。そうしろ。」
ジュン「オッケ。」

あさい「おう、そうだ。」
ジュン「ん?」
あさい「相手がヴィジュアル系なら女に気をつけろ。」
ジュン「どういうこと?」
あさい「本当に怖いのは女だ。」
ジュン「???」






ジュン「V系バンドに女なんていねぇじゃん。あのおっさん何言ってんだ。」
ジュン「女か・・・・」
ジュン「そうか・・・!!」






りっちゃん「上手くいったよ!」
ネジ「で、あいつなんだって??」
りっちゃん「やめるんじゃない?自分でなんかやるっていってたし」
ネジ「そうか、良かった!」
りっちゃん「全く怖いねー!」
ネジ「何言ってんだ!この作戦考えたのお前だろww」
りっちゃん「え、そうだっけww」
ネジ「全く、末恐ろしいわ。」
りっちゃん「ひどーい!協力してあげたのに!」
ネジ「ありがとうってば。」
りっちゃん「じゃまたなんかあったら言ってねー!」
ネジ「おう、分かった!!」


ネジ「とことんバカだな、また騙されるなんてな。」
ネジ「でも色仕掛けにかかるとはね。人間らしい部分もあるんだな。」
ネジ「さてと、イベントの準備…と。うっとうしいブラックメタルも居なくなったことだし!」





とある中古車屋のプレハブに集まる黒い影。
そう、あさいとその手下のブラックメタルの連中だ。



あさい「おい、お前ら。分かってるよな」
ブラックメタル勢「おう!」
あさい「このまま黙ってろってわけにはいかないよなあ。」
ミカ「当たり前だ!!」
あさい「よくいった!」

あさい「さ、行くぞ!悪魔の子どもたちよ!!殲滅だ!!」
スポンサードリンク



コメント

ぉぉぉぉお!!

とうとう決着か?!かっこいいんだけど…あさいさんの最後の言葉が読めない\(^O^)/だれか教えて←

いいねぇ

遅いけどあさいさん止めたらんとw

殲滅(せんめつ)
続きが気になる!早く続きを!

ふへへははは!

声に出して笑ってしまったよ(*ノノ)

ヤバい面白くなって来ましたね(笑)

仕返しはしたくなりますよね当然です
非公開コメント