The last fight

スポンサードリンク



そんなこんなでネジくんをちょいと懲らしめ、そしてまーた活動を始めたジュンくん。

あの一件いらい、ネジくんやそのお抱えのミュージシャンたちもその配下に加えさらに力を着けていった。


「お、おい。あれジュン様じゃね??」
「うわ、マジだ!大丈夫かな…」

そんな扱い。酷くない??

でも悪いことばっかではないのだ。

「あ、ジュン様!!握手してください!私、ずっと会いたかったんですよ!!」
そんな女性ファンも増えたのだ。



ジュン「オレったらスゴいね!!」
ネジ「すっかり人気だ。」
ジュン「お前主催のイベントに出る度にこれだもん。」
ネジ「ま、そのおかげで繁盛してますし。」
客「あ、ジュン様~!!こっち来てよ!!」
ジュン「はいはい、なんだ?」
ネジ「大変だなww」

客「良ければ連絡先教えてもらえませんか??私もなんかやるときにお誘いしたいんで!」
ジュン「おお、いいよいいよ!!」
客「やったー!あの、メールしてもいいですか?」
ジュン「うん、いいよ。」
客「ありがとうございます!やったぁ!」


ネジ「大変だな、なんか。」
ジュン「しょうがないな、人気者は大変だ。お、もうメール来た」
ネジ「早いな!!」






そんなある日。

ネジ「それで次回は川崎だからね。どういう感じにしようかなって考えてるんだけど」
ジュン「いいじゃん、あいつら呼ぼうよ。こないだのライブとか良かったし。」
ネジ「そうだね、じゃあ残りはどう…」
ジュン「ごめん、ちょっと待って。」
ネジ「どうした?なんか最近よく携帯鳴るね。」
ジュン「うん、ああ。実はさ、こないだ教えた子から頻繁に来るんだ」
ネジ「凄いじゃん、珍しい。ジュンがそんなにマメに返事するなんて。」
ジュン「いや、オレはしてない。」
ネジ「えっ?」
ジュン「してないのに来るんだ。」
ネジ「マジでか。」
ジュン「なんかね、その子も音楽好きなんだけどジュンさんプロデュースしてくださいよ、みたいなことになってさ。」
ネジ「うんうん。なんて言ったの?」
ジュン「ほんの1日返さなかっただけでなんで返事くれないのって言われた。」



ジュン「イラっときたから直接会って止めるよう言ってくるわ。」



ネジ「おい!止めとけ!!危険すぎる!!」
ジュン「なんで??」
ネジ「俺もな、この世界長くいるから分かる。俺らみたいな音楽を好きなやつっておかしいやつ多いんだよ。」
ジュン「メンヘラってやつか。」
ネジ「そうだ。そういう様子なかったか?」
ジュン「あ、ブログみたけど薬の写真がいっぱいあった。」
ネジ「気持ちいいくらいメンヘラじゃねぇか。」
ジュン「けっ、気狂いなら慣れてるわ。行ってくる。」
ネジ「お、おい!!」


心配するネジをよそに僕はそのメンヘラちゃんに会いに行きました。




ジュン「来ないな…逃げられたか??」

と、実はちょっと安心してましたが。


そんな安心もつかのま、すぐにメンヘラちゃんが来ました。




あら。



誰なのその人??



男「お前か、○○に付きまとってるのは!?」

ジュン「え?誰??」
男「○○の彼氏だけど。」
ジュン「なんなの、このホウキみたいな頭のやつは?」
メンヘラ「うん、彼氏。なんかメールみたらこうなっちゃって…」
男「このストーカーが!!」

パードゥン??



めんどくさ。




ちょっと遊んでやるか。



ジュン「そうか、オレに下さい。名前も覚えてないけど。」
彼氏「ああ?フザけんなよ、お前。」
ジュン「あっそ、じゃあいいや。でも、オレを知ってからだと大変だよ。」
男「ああ?!どういうことだ!?」
ジュン「立てなかったもんな!」
男「てめえ!!」
ジュン「オレがね。」
男「はぁ?」
ジュン「オレをその気にさせたきゃヘップバーンでも連れてこいや!」
男「てめー、フザけるんじゃねぇぞ!!」
ジュン「ふざけてない!絶世の美女だぞ!!」
男「テメー!!」
そういうと男はその辺にあった棒を持った。

ヤバイ!


なんだか激昂してるので毎度おなじみのあいつを呼ぼう。


あさいさーん!!!



・・・・・






いけね、今日居ないんだった。




ジュン「落ち着けよ。」
男「殺すぞ!おい!テメー!!」
ジュン「もうダメかもわからんね。」
男「ああ?何言ってんだ!死ねや!!」




・・
・・・
・・・・
・・・・・








「もう来るんじゃないぞー。」


ジュン「ああ、腰イテェ。9時間も座りっぱなしにしやがって。」
ネジ「お前・・何やってんだよ。」
ジュン「カツ丼出ないのな。」
ネジ「何があったんだ。」
ジュン「でも幕の内弁当くれるんだよ。しかも自腹なの。最後に金取られた。」
ネジ「おい。てかケガないの?相手鉄の棒持ってたらしいじゃん。」
ジュン「何いってんの?オレは田宮流の免許皆伝の身よ?モノホンの刀持ってたって大丈夫だわ。」
ネジ「ったく。やめなさいよ。」
ジュン「すまんかった。」




ジュン「腹減った。うどん食べたい。」
ネジ「はいはい、行くか。」

さすがに少し反省したジュンさんでした。

終わり。
スポンサードリンク



コメント

9時間よく耐えましたね(゜Д゜)どんだけやり過ぎちゃったんですか
そのイかれた彼氏さんはジュンさんのどんなメールを見てキレたんですかね(笑)会おうとした時のメールかな(・∀・)

9時間て長い…しかも幕の内は自腹w

このお話がこの前のお話の元になったヤツですね!
ジュンさんは一人でも大丈夫だったんですね( ´ ▽ ` )ノさすが悪魔ー

この話があの話なんですねー
妙にリアルだと思ったww

ジュンさんほんと強いんですね?(・∀・)

どーんといこうや

今日いないんだったwww

もちろんジュンちゃんがフルボッコして警察来たんですよね(^O^)?

はしょったとこ、もっと詳しく知りたい(笑)

あのメンヘラの話後半はほぼ実話だったんですねw
世の中色んな人が居て楽しいですね~
しかも弁当自腹ってw

ジュン様~ww

今回の話、ラルク好きのジュンくんとしては
「shout at the Devil」って感じやね。
まあ息の根止めておけばやなくてあさいさんとジュンくんと言う悪魔が息の根止めたんやけどw

メンヘラちゃん、ほぼ実話だったのねw

そうそう。
どうせ自腹なら、カツ丼のが「ぽい」よね。
非公開コメント