神の手

スポンサードリンク



「はい、いらっしゃいませー!!」

ここは小さなお店。
輸入雑貨と小さなレストランが一緒になっている新しいお店だ。

奥さんは海外旅行が好きで、あっちこっちで買い付けたものを販売し、夫は小さなレストランを開いた。
2人で頑張っていこう。そう決めていた。


夫「ふぅ・・・」

どこか浮かない顔の夫。
妻もうすうす気付いているようだが気付かないフリをしていた。


夫「あのさぁ。。」

重い口を開いた夫。覚悟を決めた様子でそれを聞く妻。

夫「経営が厳しいんだ。」
妻「気付いてた。」
夫「オレのレストランも平日の昼間しか客来ないし、お前のお店も売れても儲け小さいもんな。」
妻「そうだね。」
夫「どうなるんだろうな、俺たち。。」
妻「そんなこと言わないで!二人で頑張ろうよ!」
夫「そ、そうだな!!頑張ろう!!」



とある夕方、相変わらずヒマな店内では2人がとある番組を見ていた。

夫「おーい、これ見てくれよ!!」
妻「なぁに?」
夫「なんか、ビジネスのプロが流行ってないお店をプロデュースする話なんだって。」
妻「へー、どうなったの?」
夫「凄い流行ったよ!大忙しだって!」
妻「凄いなー、うちもこれくらい流行ってくれればいいのにww」
夫「そんなこというなww悲しくなるww」
妻「やっぱり才能がある人は違うんだねー。誰かウチも見てくれないかなー。」
夫「本当だよねww誰か・・・あっ。」
妻「え?誰か知ってるの?」
夫「プロではないんだけど・・昔一緒にバーで働いてたやつが居てさ。」
妻「え?それで?」
夫「ド暇なバーだったんだけどそいつがやり始めてから超流行ったんだ。」
妻「すごいじゃん!!ここで働いてくれないかなww」
夫「働いてはくれないと思うけど、いろいろアドバイスくれるんじゃない?」
妻「へー、プロなの?」
夫「ううん、素人。」
妻「えっ?」
夫「でも天才だな。」
妻「・・なんの??」
夫「うーん、人を集める天才かな。」


夫の昔の同僚にいるあの男。
夫曰く「天才」だと。

妻「一回お店に呼んでみたら?」
夫「うーん。。」
妻「どうしたの??」
夫「あいつに借りは作りたくはないなぁ。」
妻「えっ??」
夫「いやいや、ふっとんだやつだからさww」
妻「いいじゃん、聞いてみなよ!!」
夫「そうだな・・よし!」

そういうと夫はその男に電話をかけ始めた。







ジュン「もしもし!おち君じゃん、久しぶり!!なに??・・・お店??」



続く。
スポンサードリンク



コメント

うおー

ひさびさの新作キター!!待ってました^^
この続き楽しみ!

きゃーい\(^o^)/
楽しみ楽しみ!!
バーテンもやってたのか!
かっこいいなおい。

久々に見た 続く。
次回楽しみにしてますw

おい、

バーテンていうな。バーマンかバーテンダーと言いなさい。凄い失礼な言葉だぞ。「バーテン」てのは。と同じくバーで働いていた僕が指摘してみる

バーテンダーか、なんかカッコイイですね

ジュンさん多才過ぎw
何者ですかw

バーテンって失礼に当たるんですね。
ゴメンなさい(´・_・`)
さっきのコメントは消し方がわからないのでそのままになってしまいますが、以後気を付けます。
じゅんたんも気を悪くしてたらゴメンね。
悪気は一切ないよ(>_<)

そして…

すとりっぷバーにリニューアルしたんですね(^O^)

実際このブログで人集めてるしな(^O^)
どうなったか楽しみだべ(^O^)

うっは~!来たぜ ジュンさん!
待てました!!!

続き 続き わくわく

ジュンさん 一回生まれてからの経歴
ここで書いてくださいww←

わー!続き気になるっ(#´ω`)
やはり天才で,
凄い人なのですね
ジュンさんは!(`・ω・´)

ここでも訊きます…
ジュンさんって一体
何者なんですか?←

りらさんへ。

言い方がきつすぎました。ごめんなさい。
でもバーでは「バーテンさん」なんて言うと怒る人が多いのも事実なので、気をつけた方がいいですよ~。
非公開コメント