スポンサーリンク

神の頬





痛い。



何も覚えていないけど、とにかく痛かった。


もういっそ死んでしまえばいいんじゃないかってくらい。








ジュン「はー、なんだ。夢か。」
ジュン「夢なのに、痛いなんてヘンなの。ま、気のせいかな。」




目覚めは最悪だったけど、とりあえず出かけることにした。


ジュン「おーす、久しぶりー!」
おち君「また来たのか!!ヒマなんだな!」
ジュン「恩人に向かってその口の利き方はなんだ?」
おち君「はいはい、感謝してますよ。じゃ、何食べるの??」





食事が終わってから急におち君が気になることを言い出した。


おち君「そういやあさ、最近オレの奥さんがジュンになんかある夢ばっか見るって言ってんだ。」
ジュン「どういうこと・・?」
おち君「なんか、怪我したり病気になったり・・死んだり。」
ジュン「縁起でもねぇな。」
おち君「ま、元気そうで良かった。」
ジュン「うーん、そうだね。」


おち君の店を出た僕。

ジュン「夢・・か。」









気になったものの、特に深く考えずに家に帰った。





ガタっ。
ガタガタ




家に着いた僕は驚いた。

何が居る。



霊的なものは信じてない僕なので、それより空き巣や強盗のほうが怖かった。


臨戦態勢で部屋に入ると


空き巣・・・ではなかった。




たかよし「おー、お帰り!!」
ジュン「なんだよ!何勝手に入ってんだ!」
たかよし「三国無双やりたくなって。」
ジュン「まったく・・まあ、いいよ。」
たかよし「一緒にやろうぜ!!」
ジュン「はいはい。」

たかよし「ああー、何で呂布殺したし!俺がとどめ刺したかった!!!」
ジュン「お前が弱いからだ!」
たかよし「ああ、くそ!いいトコばっか持って行きやがって!」
ジュン「うるせぇよ。」
たかよし「ああ!とうたくまで死んでる!とうたくまで殺したな!!!何故殺したし!!」
ジュン「ああ、黙ってろ!」
たかよし「クソが。いやー、しかしこの部屋陰気だな。なに?前の住人ってにしの??」
ジュン「そんなに陰気か??」
たかよし「うん、気持ち悪い。」
ジュン「・・・・お前に話したっけ???」
たかよし「え?なにが?」




僕はたかよしに今まであったことを話した。


たかよし「・・帰るわ。俺。」
ジュン「おい、待て。」
たかよし「は?きもちわりぃ。帰る。」
ジュン「泊まってく?」
たかよし「絶対ヤダ。」
ジュン「へ、腑抜けが。」
たかよし「んだと、こら。」
ジュン「じゃあ泊まってけよ。」
たかよし「おお、いいともさ。見てろ化けモンめ!」





そして、夜はふけすっかり深夜に。


たかよし「なんか気持ち悪いんだよね。」
ジュン「気のせいだろ。」
たかよし「うわ!!お前このカーペットのシミなんだ!血か!?」
ジュン「それ先月、お前がナポリタンこぼしたんだろ。」
たかよし「そうだっけ、ったく染み抜きぐらいしとけよ。」


そんなこと言ってるうちにたかよしは眠りに付いた。



たかよし「がー。がー。がー。」
ジュン「うるせぇな。」
たかよし「がー。んがー。」
ジュン「ああーもう!!」



たかよし「がー。なんで・・・。がー。がー。」

ジュン「えっ」



ジュン「気のせいか。。」



たかよし「がー。がー。がー。・・・なんでよ・・・」

ジュン「たかよし?」


たかよしは大口開けて寝ている。


ジュン「・・・まさか・・・・・・・」



たかよし「がー。がー。・・・・・・なんで・・なんで・・・・・」











たかよし「・・・・何故、殺した。」





たかよし「・・・・何故、殺した!!」


ジュン「!!!!」
ジュン「おい、たかよし!!起きろ!!」


たかよしは全く起きる様子がない。




ジュン「おい、たかよし!起きろって!!」
ジュン「早く!ここから出るぞ!!!」




たかよし「・・・・・・・俺が倒したかったのに。」





ジュン「え??」

たかよし「・・・・・俺が、倒したかったのに。呂布・・・」









僕はたかよしの右頬を思いっきりひっぱたいてから、眠りに付いた。


終わり。







追記
驚くことに実話なんだよね。これ。
心霊現象についてはそのあと引っ越しちゃったので分かりません。
今の家に来てからは、目立ったものはないです。

一度、クローゼットに赤茶色の汁が付いてたくらいで。



スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

うわあああああ!!
Σ( ̄◇ ̄;)!!
その汁ヤバいって!!

まあ今何ともないからいいか

なんか、笑い話にしてるけどまだ解決してないから!

まだ、なんかヤバイから!


まさかのマジ怪談ww

今の家に連れてこなくて、よかったよかった。

たっくんの寝言が
タイミング良すぎw
ガチな感じですね(´・ω・`)こy

た…たかよしさん(´-ω-`)
ゲーム弱いんですね(´Д`)

空き巣や泥棒でなく、たかよしさんって所はホッとしますね(*゜Q゜*)笑

まー家にはいろいろありますからねー

とりあえず身に危険が及ぶ前で
よかったんじゃないかと

たかよしさん負けず嫌いw

汁は…なんなんでしょうね??
またナポリタンですか!

こわいこわいこわいこわい・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

怖いけどつい見てしまう自分も怖い・・・。

赤茶色の染み…気になりますね

気にしないことにしましょう\(^o^)/

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

うー

ナポリタンに決まってるジャマイカ!
たかよしさんw

相変わらず

タイトルセンスが秀逸ですね。

皆さん仰る通り、たかよし氏は愛すべきキャラですなっ(=°ω°=)

だから何?

あー。。怖かった。
オチがついてよかったです。
今日から安眠。

たかよしさんクローゼットでナポリタンこぼした?

にしのwwwww

名前の使い方がひでぇwww
てか、神の頬ってたかよしのことになってない(^O^)?

店のお祓いしたほうが繁盛しそうだけど、いっそ店名公開したほうがバカだもんフリークの憩いの場になって流行るんじゃね(^O^)
ただやっぱその場合お祓いはしてね(>_<)

いやー良かった良かった(?)

たかよしくんwww

寝言で言っちゃうくらい悔しかったんだね!!
やっぱ可愛いです(≧▽≦)ノ

はじめてコメントします。
携帯からはコメントできず、家にPCはなく。

会社から業務中にコメント・・・

ジュンさんの周りほんといろんなことが起こりますね。

なんちゅうオチだww

気をつけて!

たかよしwww
ストラップ作って
携帯に下げたいです←

写真待ってくださいごめんなさい←

その赤茶色の染みもナポリタンさ!
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ