絶望にサヨナラ

スポンサードリンク





「おい!ジュンが死んでる!早く!!」



登場人物
ヒサビサの古参オールスターズ





ジュン「かんぱーい!!」


本日は、そう。
ジュンくん、にしの、たかよし、ようすけ、なぎさでの宴会。


ジュン「ヒサビサや!なんでだ!みんななんで最近会ってくれないのだ!」
ようすけ「忙しいんだよ、皆それぞれ。」
ジュン「そうなの?寂しかったよ!」
なぎさ「あたしもだよ。全然予定あわなくなっちゃったもんね。」
たかよし「ようすけがまさかの地元を離れるって事態だからね。」
ようすけ「自分でもびっくりだよ、こんなに地域密着型だったのに。」
ジュン「まあ、仕方ないよね。よし!飲むどー!」
にしの「おうよ!」



久しぶりの宴会だった。
僕らも大人になり、社会的にも色々責任を負っている。
今までとは違う。
「いいね、若いから。」で済まされない。
しっかりしよう。そう皆で話あったんだ。
成長しなくては。そう皆で決めたんだ。


ようすけ「テメー!もう一回言ってみろ!」
たかよし「何回でも言ってやるよ!お前みたいなクズが居るからダメなんだ。」
ようすけ「どういうことだ!」
たかよし「だってクズじゃん。」
にしの「この歳でその頭のレベルのたかよしに言われたくないわな。」
たかよし「なんだよ、それ!」
ようすけ「バカだって言いたいんだ。」
たかよし「俺のどこがバカだって言いたいんだ。」
ようすけ「お前、このあいだ中国で一番偉い人って誰だって聞いたらなんて答えた?」
たかよし「うっ・・」
なぎさ「なんて言ったの?」
ようすけ「ブルースリー」
にしの「ヒドイなwww」
たかよし「知るか、そんなモン!あー、もう怒った!!」
なぎさ「あ、どこ行くの?!」
たかよし「あー、知らん知らん!みんな死ね!」


些細なこと(たかよしがようすけの巻き寿司にワサビを隠し入れた)により始まった言い争い。
結果、たかよしは怒って店を出てしまった。

にしの「おい、待てって!」
たかよし「来るな!死ね!」
なぎさ「たっくん!待ってって!」
たかよし「皆してからかいやがって!知らん!」
ようすけ「ほっとけよ。」
にしの「そうは言ってもよ。」
ジュン「はあ・・はあ・・もう走れない・・」
なぎさ「ジュン、頑張れ!」
にしの「おい、たかよし!」
たかよし「来るなって!」


なんとかたかよしを捕まえた僕ら。

にしの「そんなにマジになるなよ。」
たかよし「皆して言いやがって!」
ようすけ「うるせーな、いつもだろ。」
なぎさ「たっくん、機嫌直して。ねっ。」
たかよし「うーん・・」

珍しくたかよしはご立腹なご様子。

たかよし「・・・・・・」
にしの「どうした、黙り込んで。」
たかよし「あっ!」
なぎさ「ん?なに?」
たかよし「死んでる。」
ようすけ「は?」
たかよし「おい!ジュンが死んでる!早く!!」

皆が振り返るとそこには地面にうずくまるジュン。
駆け寄る一同。

にしの「おい!大丈夫か?」
ジュン「走ったら気持ち悪くなった。」
ようすけ「おい、たかよし水買って来い!」
たかよし「ガッテン!」
にしの「おい、しっかりしろ。」
ジュン「これはダメかも分からんね。」
にしの「バカ言ってんじゃない。おい、座れ」
ようすけ「あ、吐いた。」
なぎさ「ちょっと!大丈夫。」
ジュン「おう!死ぬぜ!」
なぎさ「ちょっと、服ビシャビシャじゃんか、にしの一枚服貸して。」
ジュン「やめて!ケダモノ!!」
なぎさ「着替えなきゃ!ふざけないで!!」
ジュン「いやああ!!」
たかよし「ほら水!飲め!」
ジュン「ああああ!」





小一時間がたち




ジュン「ふう。どうなることかと思ったぜ。」
にしの「こっちのセリフだって。」
ようすけ「まったく・・・成長しねぇな。」
なぎさ「ヒヤヒヤさせないでよ。。」
たかよし「いやー、救急車呼ぼうかと思ったよ。」
ようすけ「・・・・・」
にしの「なんだ?」
ようすけ「かわんねぇな。オレたち。」
ジュン「どういうこと?」
ようすけ「どれだけ大人になったってかわんねぇな。」
にしの「たしかに。」
ようすけ「だってよ、何回やってんだ。こういうこと。」
なぎさ「そういえば多いよね。イタズラしてふざけて、それがマジのケンカになって、ジュンが死にかけて、怒ってるの忘れちゃう。」
たかよし「そうだ、俺怒ってるんだった。」
にしの「もういいじゃん。」
たかよし「いっか。」
ジュン「いやー、恥ずかしい。」
なぎさ「なんか、凄いよね。これだけ変わらないって。」
にしの「何が?」
なぎさ「普通、こんなに長い付き合ってたらいい加減になるもんだけど。」
ようすけ「オレさ、他の同じ中学の友達とかこんなに遊ばないよ。」
にしの「確かに。」
たかよし「俺もそうだよ。だって他の友達とだとちょっと気まずいもん。お前らなら全然気ぃ使わない。」
なぎさ「本当、仲良いんだね。あたしたち。」
ようすけ「いい友達に恵まれたな。」
ジュン「気持ち悪い。」
ようすけ「そんなこと言うなよw」
ジュン「違う。第二派が・・」
たかよし「あ、吐いた。」
にしの「ああ、もう!!調子に乗ってタバコなんて吸うからだ!」
なぎさ「タオルタオル!」
ジュン「もう死ぬわ、サヨナラ。」
たかよし「あ、また吐いた。」
にしの「もう、ダメだね。絶望的にバカ過ぎる・・・」
ジュン「サヨナラ!絶望にサヨナラ!」
なぎさ「いいから黙って座ってなさい!!!」




あらためて僕らの仲の良さを再認識した僕らは、心と胃の中を少し酸っぱくしながら朝を待ちました。
スポンサードリンク



コメント

なんか久しぶりに名前聞いて、読んでるだけでホッとしました(*´∇`*)
やっぱり社会人になってバラバラになっても、やることは変わらないんですね(*´∀`)♪笑

大丈夫ですか!?
吐きすぎですよ(^ω^)

絶望にサヨナラ!フレーズ好き。
頑張って流行らす!!

絶望にサヨナラヽ(・∀・)ノ

\(*°□°)ノ<カイバー

ジュンさん飲みすぎ吐きすぎ!w
でもいいお友達をもってうらやましいです(´・ω・`)
わたしの周りはお酒弱い子が多くて‥‥
吐くまで飲みたいですー!

でも体には気をつけてください!

絶望にサヨナラwww
ぜひ一曲作ってほしいですね

ジュンさんのたまに心がほっこりする
お話好きです(#´ω`)
私も友達大切にしよーっと!!←

絶望にサヨナラーー

胃が酸っぱいのは

ジュンくんだけだね☆
そしてたかよしが最初にからかったくせにwww

ジュンくん達が変わることはないよね。想像つかんし。
それこそ気持ち悪いわ~(^O^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サヨナラ\(・∀・)/

ようやるわ(^ω^)

この話、すごく好きだ(*´`*)

私も今の友達と、ジュンさん達のような友情を築きたいです^^

バカだもん。にサヨナラ…

ちょっとかわいいと思っちまったぜチクショウ。

吐きすぎ!もらいゲロしそうですおぼろろろ←
友だちって素敵!

最近つまんね
非公開コメント