戦国タイクーン 第一章 -突入-

スポンサードリンク



2011年。
目まぐるしく変化していく時代。
1年10年100年があっという間に移りすぎてしまう。
今、生きているこの時代。どのような過去があったのか。
ちょっと思い出してみよう。


勝手にテーマソング




ようすけ「おーす!!」
ジュン「まーたきたんか、どんだけ暇なんだよ。」
ようすけ「いやー、毎日退屈でね。なんか良い仕事でもない?」
ジュン「仕事??」
ようすけ「同じ毎日の繰り返しに飽きたんだよ。」
ジュン「そんなもん、あったらオレが知りたいくらいだし。」
ようすけ「ですよねー。」

突然ウチに遊びに来たようすけ。
特になにをするわけでもなくダラダラしていた。

ようすけ「あ、そういやあさ。」
ジュン「ん?何??」
ようすけ「今川さんヤバイの知ってた?」
ジュン「今川さん?どうかしたの?」
ようすけ「いやー、俺の弟が今川さんとこでバイトしてんだけど、なんか攻め込まれたって。」
ジュン「マジか。誰に?」
ようすけ「いやー、わかんねぇ。でもスゲェよな。今川さんトコ攻めるなんて。俺もそんなスリリングな毎日が過ごしたいわー。」
ジュン「ったく。他人事だからそんなこと言えんだよ。」
ようすけ「俺に足りないのは刺激なんだよ。」
ジュン「あっそ。」
ようすけ「なんかお前、つまんねーやつだな。帰るわ。俺これから合コンだし。」
ジュン「何しにきたんだよww」
ようすけ「お前もくる?角のダンゴ屋のバイトちゃん達とだけど。」
ジュン「いかねーよww」
ようすけ「あっそ。見てろよ、刺激的な男になってダンゴ転がしちゃうからな。」
ジュン「あーあーあー、さっさと行って来い!」
ようすけ「死ね!たわけが!」



全く勝手なことをダラダラと喋くった末、神風のように消えていってしまった。


ジュン「さて、瓦版でも更新しないとな・・・」
ジュン「とは言ったけど特にネタが・・」
ジュン「あっ、なにあの騒ぎ!!」

急いでその騒ぎに向かう僕。


男「どけどけどけー!邪魔だ邪魔だ!!!」
ジュン「あぶね!なんだよ、このオッサン!」

なんだか大柄なオッサンが急いで走っていた。

ジュン「おい待てオッサン。人にぶつかって置いてシカトか。」
男「なんだ、お前は!敵か!!」
ジュン「なに言ってんだよ。うわ!あぶね!」
男「ええい、武士なら腹をくくれ!」
ジュン「なに言ってんの。」
男「違うのか。ならば失せよ!!」
ジュン「なんだよ、まったく。」
男「時にお主、その男を知らんか?」
ジュン「なにこれ、きったねぇ絵だな。えーっと、あ!このオッサンさっきアッチの湖の方に居たけど。」
男「本当か!!」
ジュン「うん、多分。釣り仲間?」
男「でかしたぞ!褒めてつかわす!!」
ジュン「はい?」


そういうと男はまたしても大急ぎで走って行った。

ジュン「なんだったんだ。あいつは。」

腑に落ちない僕だったが、とにかく家に帰ることにした。




数日後


ようすけ「おーす。」
ジュン「また来たのか!暇だな!」
ようすけ「暇じゃねぇよ!こないだのダンゴ屋落としたぜ!」
ジュン「マジでか。」
ようすけ「しかもびっくりな事に俺そこのダンゴ屋で働いてんだ。」
ジュン「なんでそうなったの?」
ようすけ「ま、いろいろ会ってな。しかもあそこ結構お偉いさん来るのな。」
ジュン「へー、面白そうじゃん。」
ようすけ「ま、今度こいよ。じゃ、行ってくるわ。」
ジュン「おう。ガンバ。」

ジュン「ようすけも帰ったし、暇だな。テレビでも見るか。」
ジュン「また、このCMかよ!もう気が狂うわ!!なにがぽぽぽぽーんだよ、うるせぇな。」
ジュン「駅前でこれやったら面白いんじゃね?うっは、やってみるか!」
ジュン「あーもしもし?今暇??」







ジュン「おい、どういうことだ。世知辛い世の中になったな、ガン無視じゃねぇか。」

ジュン「ったく、帰るかそろそろ。」
男「おい!何してるんだこんなところで。」
ジュン「あ、こんにち・・・・オッサンどっかであった?」
男「なんか怪しい若者がいると知らせを受けて来てみれば・・お主だったか。」
ジュン「ああ、あの釣りのオッサンか。なんだ。」
男「捜しておった。おぬしをな。」
ジュン「なんで?」
男「礼を言いたい。」
ジュン「はい?」
男「とにかく、来てはくれないか?」
ジュン「え?なに??」


その男に連れられて僕は家に向かった。

ジュン「おい、デカい家だな!!」
男「おう、入れ。」


ジュン「うっわー。なにこれ。オッサン何者よ?」
男「おぬしのお陰でワシは功をあげることが出来た。ありがとう。」
ジュン「なんのこと?」
男「お主のお陰で朝倉義景浅井長政を討つことが出来た。」
ジュン「だれよ、それ」
男「ところでお主、ワシの下で働かんか?」
ジュン「ちょっと待て、何をすればいいんだ。」
男「なにもしなくて良い。ただワシに付いてきてくれ。恩を返したい。」
ジュン「なんもしないでいいの?!ならやる!」
男「おお!我が徳川家に入ってくれるとな!」
ジュン「ん?徳川家?」
男「さよう、ワシは徳川家康。よろしく頼むぞ!」
ジュン「なんだかわかんないけど、まあ、いっか。」
家康「さあ、宴じゃ!!酒をもってこい!」
ジュン「やったね!のむどー!!」
家康「うわっはっはっはっは!!!」



なんだか分からないけど、そんなこんなで徳川家に使えることになったジュンくん。

これからどうなっちゃうんでしょう。
スポンサードリンク



コメント

気になるwww

これは一体…(゜∀゜)

な…なんだ、これ?

リアルとごっちゃになってるのかな。
最後まで見れば話しが解るのか?
暇をみて追ってみるよ(^O^)

とりまダンゴちゃんは『ダンゴ』なだけに何カップなのかしらo(^-^)o

いきなり戦国時代にwwwww

しかも タイトルバックも変わってるし(爆)
非公開コメント