戦国タイクーン 第三章 -敗北-

スポンサードリンク



戦国タイクーン 第一章 -突入-
戦国タイクーン 第二章 -苦悩-

ジュン「あっ!お前何やってんの??こんなところで!!!」

にしの「あ、ジュン。」
ジュン「ジュン、じゃないよ。なにしてんの?」
にしの「ほら、俺車とか乗り物好きじゃん?だから仕事してんの。」
ジュン「車と馬じゃずいぶん違うじゃん。」
にしの「そんなことも言ってられないのよ、家じゃ奥さんがうるさいし。ジュンこそ何してんの?」
ジュン「あ、そうそう。オレいま徳川家に居るんだよ。」
にしの「へー、大変そうだな。じゃ、仕事にもどるわ。」
ジュン「あー、そうそう。それ止めてくれない?」
にしの「仕事だもん。」
ジュン「止めてくれないとウチの大将がヤバいんだよね。」
にしの「いやー、ムリムリ。」
ジュン「ああそう。」
にしの「うん、最近電子レンジが調子悪くてさ、買い換えろってうるさいんだ。働かなきゃ・・」
ジュン「じゃあいいや。えい!」
にしの「ちょ!なにすんの?」
ジュン「よいしょっと。」
にしの「ぐわーー!!」




信玄「家康に逃げられただと!!」
家臣「騎馬隊をやられたらしく・・」
信玄「なんと言うこと・・世話係の小僧はどうした!」
家臣「死んでました。」
信玄「使えないヤツめが・・・たわけが・・」





なんとか浜松まで逃げた家康。
僕らも浜松へ帰りました。

ジュン「いやー危なかったね。」
家康「無事だったか・・」
ジュン「なんとかね。何で絵なんて書いてんの?」
家康「・・・・・」
ジュン「ま、生きてて良かったじゃねぇか。」
家康「そうだな。」
ジュン「じゃ、オレ寝るね。おやすみ。」




しばらくたって


ジュン「ふーん、信玄死んだんだ。息子が跡取りねぇ」
忠勝「お主、何をしておった。」
ジュン「ねぇ忠勝、信玄死んだんだって?mixiニュースに載ってるよ。」
忠勝「今まで知らなかったのか?我が殿も戦っていたというのに・・」
ジュン「そうなの?起してよ。」
忠勝「援軍も居たから勝てたものの・・仕方のないやつだ。」
ジュン「ふーん、皆すごいね。あっ、なにこれ!?」
忠勝「どうした?」
ジュン「家康のツイッターが炎上してるよ。」
忠勝「ついったー?」
ジュン「こないだ教えたらなんかハマってやんの。おい!ちょっと!」
忠勝「何事だ!」
ジュン「見ろよ。」
@Ieyasu_toku[ちょっと吊って来るわ 樹海| ┗(^o^ )┓三]
ジュン「なんかあったの?家康?」
忠勝「ま、まさか・・・!!」
ジュン「待って、なんかリツイートしてる。」
RT:@michan_akechi[敵は本能寺なう。]
ジュン「なにこれ、どういうこと?」
忠勝「あ、明智が・・?!」
ジュン「なんかあったの?」
忠勝「なにも知らんのか!!」
ジュン「あ、昨日たくさん消防車のサイレン聞こえてたね。」
忠勝「と、殿が・・!」
ジュン「おーい!」




忠勝「なにを考えておられます!殿!!」
家康「ええい、離せ!!ワシが、ワシがしっかりしていれば・・・!!!」
忠勝「否!殿は生きて泰平を築くんであろう!」
家康「ワシが悪いのだ・・はなせ!!」

ジュン「どったの?」
家康「お主・・今まで礼を言う。」
ジュン「おい!ちょっと待て!!何してんだ!」
家康「ワシに未来はない。」
ジュン「何言ってんだバカやろー!」
家康「お、お主・・なにも殴ることなかろうに。」
ジュン「あんなあ、死んでどうすんだ。しかも後追い自殺って。V系好きのメンヘラかお前は。」
家康「しかし、ワシはどうしたら・・」
ジュン「おい、聞け。死んで喜ぶのか?誰だか知らんけどお前の主君ってヤツは。」
家康「・・・そうだな。」
ジュン「だったら立ち上がれ。そいつの分まで生きてやれよ。な。」
家康「・・・・・・しかし。」
ジュン「ったく、グズグズ言いやがって。なんか言ってやれ忠勝!」
忠勝「殿、打ちましょうぞ。憎き敵、明智を。」
家康「忠勝・・・」
ジュン「な、オレもそういう裏切りモンはキライだ。」
家康「・・・行こう。」
ジュン「ん?」
家康「行くぞ!!!」
ジュン「よしきた!」












明智「くっ、ここまでか。」
秀吉「はっはっはー!信長様が敵、わしが取ってやるぞー!」
明智「か、勝てぬ・・退くぞ!!!」
秀吉「あっ、逃げた!!たか坊!ひっとらえろ!」
たかよし「天下取りじゃー!!!」
明智「回り込まれたか!!覚悟を決めるか・・」
秀吉「よし行けたか坊!」
たかよし「サンシャインベイビー!!」










家康「なんと、秀吉様とな・・」
ジュン「なに、味方?」
家康「信長様の家臣じゃった。」
ジュン「へー。倒しちゃったの?」
家康「さすがは秀吉様。ワシはあの方についていこう。」
ジュン「あ、そうなの?いいんじゃない?」


秀吉「あ、家康ではないか。」
家康「武働き、ご苦労でありました。」
たかよし「おっちゃん、知り合い?」
秀吉「ああ。同志よ。」
たかよし「へー。」
家康「秀吉様、これからどうするおつもりで??」
秀吉「わしはな、この天下を取るんじゃ。な、たか坊。」
たかよし「おうよ!やったんぜ!天下取りじゃー!」
秀吉「はっはっは、それにはなお前の力も必要じゃ、家康。」
家康「はっ!来い!」
ジュン「なんだよ、うるせーな・・・あ、たっくん!!」
たかよし「ジュンじゃん!何してんの?!」
ジュン「いやー、なんだか分からない。」
秀吉「なんだ、知り合いか?」
たかよし「うん、友達。」
秀吉「ならば力強い!!共に天下を目指そうぞ!!」
たかよし「天下取りじゃー!!」



続く。


スポンサードリンク



コメント

サンシャインベイビー!!(*ノoωo)ノ ワー!!

まさに、夢オチか

サンシャインベイビー(笑)
ε=ヾ(*~▽~)ノ

サンシャインベイビー!!

来たぜ!!www まさかたかよしさんが秀吉についていたとは!!
一瞬混乱して 訳が分からなくなりました
非公開コメント