スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

スポンサーリンク

朦朧とした意識の中で。

ふー。


お久しぶりでございます。




すいません、体調を崩してしまいまして。
ただの風邪だったんですが、身体の弱い僕にはとても辛い状態でした。


最初、「あれ?ちょっと具合悪いかも・・」と思ったときは、市販の薬を飲んで仕事に行ってたんですが、
一向に良くなる気配もなく、それどころか熱っぽくなってきましてね。
さすがに病院行ったら38~39℃ぐらいの発熱が断続的に続くんですね。
栄養剤などを気付け薬代わりに飲んで、なんとか仕事を頑張ってました。
咳や喉の痛みも結構ありましてね、止めれば良いのにヘビースモーカーの悲しい運命、ピアニッシモというフェミニンなタバコを一時的に買ってみて細いタバコを(具合が悪いので)憂いに満ちた顔で燻らせるセクシーな僕がそこにはいました。

そんなことをやっているうちに本格的に具合悪くなってきましてね、これはヤバイと禁断の「解熱薬」を飲んだのです。
「胃が荒れるからあまり飲まないで」と医者にも言われてたんですが、さすがに39℃近いですからね。39℃といえば流行に流されやすいOLとかがアホみないに少ないお湯の量で浸かる半身浴の温度ぐらいですからね。僕がOLの下半身に抱きつけば出来ちゃいますからね。
ちょっと肉付きの良いムチっとした脚と細くスラっとした脚どっちがいいかなー、どっちもいいな!と一人で盛り上がっていると、さすが現代、科学者様たちの偉業の結果のお薬ですよ。みるみる調子が良くなってきました。

ちょっと具合も良くなったので、その隙に栄養補給のため、ねじ込むように食事を取り少し横になりました。

しかし、ずーっと寝てるモンですからなかなか寝付けず先日から妙にハマっているゲーム「バイオハザード4」をダラダラやってたんです。

ホラーシューティングですから、なかなかの緊張感で1時間もしないうちにその緊張のせいでまた具合悪くなりました。

僕はコントローラーをブン投げ、少し寝ることにしました。




薬のせいか、ずいぶんぐっすり寝てしまったようだ。




起きると僕は車の中。すごいスピードで道を走っていました。

ジュン「あれ・・・??」



状況が分からず、外を見てもそこは見知らぬ道。


そんなことをしているうちに目的地に着きました。

すると同じく車に乗っていた男が僕になにやら写真を渡してきました。

男「これが、大統領の娘だ。」


僕は一瞬で事態を理解した。

ここはとある山村。
大統領の娘が誘拐され、それの奪回に僕が任命されたのだった。

ジュン「分かった。行って来るよ。」

僕は拳銃一つを握り、村の中へ進んでいきました。


すると、刃物や農具などで襲い掛かってくる村人たち。
生まれて始めて握ったはずの拳銃が火を吹きます。

ジュン「なんなんだ、この村は・・・」


倒しても倒しても集まってくる敵。
僕は小さな小屋に逃げ込みました。

集まってくる村人に囲まれてしまいました。

ドアを叩く音。その叫び声も増えてきました。

窓ガラスが割られ、そこから敵がまさに入ってこようとしています。

ジュン「ちっ、仕方ない。こいつを使うか。」

僕は手榴弾のピンを抜き、敵の軍勢めがけて投げました。

大きな爆発と共に上がる土煙。
その中を駆け抜け、最初に来た車へ一度もどろうと思いました。

山道を抜けて行くとそこには燃えあがる車が。

ジュン「ま、まさか・・・」

急いで村に戻るとそこには、殺され縛られ火の中にあった男の死体。
そう、ともにこの村へ来た男だった。

ジュン「狂ってる・・・」

僕は決めた。

戦おう。
生き延びてやる。


拳銃を握り締め、先へ進むとまた村人達が。

君の悪いほど静かな村に乾いた音が響く。


ジュン「慣れてきたもんだ。」

敵の頭を一発で撃ち抜いた僕は倒れている敵の亡骸に近づいた。

その時

血しぶきを上げ、死体から「何か」が出てきた。

ジュン「うわぁ!」

その「何か」に何度も引き金を引く僕。
そして動かなくなったあと恐る恐る僕はそれに近づいた。

ジュン「虫・・?」

そこには人間とは思えない、生物がまさに人の頭から伸びていた。

ジュン「人に寄生するのか・・・」

なんともいえぬ恐怖を覚えたその時

ジュン「くっ」

激しい頭痛が僕を襲った。


ジュン「ま、まさか・・・・」


痛みのあまり、倒れる僕。

ジュン「あああ・・」

頭を抱え、もだえていると・・・






ジュン「イテテテ。」

汗びっしゃりになって起きました。

ジュン「あー、頭痛い。なんだ、夢か。」

僕は枕元にあった水を飲んで体温を測ると

「38.7℃」
と出てました。

ジュン「また上がったか。」


痛む頭をかばいながら、僕はもう少し寝ることにしました。


風邪って辛いね。

スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

日記書いてないで寝てろ(マジ)

あるよねーwwwwwあくえりのめ!ねろ!

あんまり高熱続くと精〇出なくなるお…

寝てなさい(笑)

レオンはイケメンだあね
かくいうひかちゃんも風邪ひいて病院行ったよ
寝過ぎて背中が痛いっす
ジュンさんもお大事にねー

変な時間に寝ると
変な夢みますよね~(´・ω・`)

風邪早く治るといいですね!
お大事にしてください><

家帰って眠くなかったらバイオしよー
スコープつけたライフルで遠くを覗いてるうちに敵に襲われたりしてくる
たまには体調崩すのも楽しいね
仕事休んでるけど

ムチっとした肉付きのいい脚ならここに!!

あー

ここにも居たよ。仲間が(笑)風邪つらよね

はぁ~私もここ2 3日 寝倒してました
お大事に~!

バイオwww

夢に見てるじゃないかww

でもそういうことあるよね(^O^)

そのまんま

バイオ4じゃないですか(笑)

バイオハザードだぁ♪私今3やってますよん!

無理は禁物、お大事に~


ま、日記書く位復帰したっつー事で。


バイハザしないんで良く分からんが、ゾンビから出てきたのが「たかよし氏」だたら面白いなーと思いました(・∀・∩)

実は私も月曜から薬を飲みながら会社に行ってます。頭いたーい(>_<)

ムチッとした肉付きのいい脚が好物です///

脚はむちむちのもっちもちです←

4は手をつけてないなぁー

PS3のデッドアイランドに
興味はあるっちゃぁあるんやが・・・

あの村にいるおっちゃんが叫んでる英語が「だれかが来たよーぅ!!」にしか聞こえないんですが実際なんて言ってるんでしょ。

あと「なんちゃら~ペラペラじょーず!」って聞こえます。

元気か?

何気にトップ画変わってんな。

タバコは中南海ってのが喉に良いみたいだよ。吸わないのが一番だが、吸いたいときは試してみるといい。

俺はいま酒飲んでた。乾杯ジュンくん。
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。