神と証人。

スポンサードリンク



今、ちょうど5分前。

僕の自宅に訪問者が。





朝早くからなんだろう。
ドアの穴から見ても小奇麗にしてる優しそうな女の人と、これまた優しそうな男が立っていた。

危険はなさそうなので出てみることに。



女性「朝早くすみません。」
ジュン「はい?」
女性「実は私たち夫婦で聖書の紹介をさせていただいてるんです。」



やっちゃったー!!

あんまり大きい声では言えませんが、有名なアレです。


女性「それでですね、聖書とかってお読みになります??」

ジュン「はい?」
女性「聖書です。こういったものになるんですけど・・」
ジュン「読まないです。おじいちゃんがお坊さんなんで(ウソ)」
女性「そうなんですかー。でもどんな宗教の人にもオススメなんですよ。」

チッ。ダメか・・・

ジュン「えー、厳しいんですよ。うちのじーちゃん。2歳から経文をやらされてますよ。ちょっとやってみましょうか?ナムホウレンチャ-モンチャーチャー」
男性「ご立派です!(夫婦で拍手。)」

ジュン「ええ・・?」
男性「それだけゴリッパな方でしたら、ぜひ視野を広げる意味でお読みになられてみては?」
ジュン「ええ・・?」
男性「ところでご家族の方はいらっしゃいます?」
ジュン「今いません。」
男性「ご両親は?」
ジュン「いますよ。ほら。」
チャロ「ワンワンワンワン!!!!」
男性「え?!」
ジュン「僕犬に育てられたんですよ。」
男性「・・・あ、あの・・」
ジュン「ほーら、おいで。」
チャロ「ワンワンワンワン!!!!」
ジュン「ほら、僕のお父さん。」
女性「元気でエネルギーにあふれてますねー、すばらしい!」


ダメだ。
なんて強いんだ。

まったく引かず、聖書を押し付けてくる。


ジュン「いやー、お父さんを説得できたら話聞いてあげましょう。なんせ僕の父ですから。」


男性は首を横に振ってますが、女性はそれでも聖書を勧めてきます。

女性「それでは・・・この冊子は311のときに生き残った方たちの言葉を・・・」



なんと!犬に本を見せて説明始めました。


女性「こういった言葉は皆様のお力になれると思うんです。」
チャロ「ウー!」
女性「だからこそ今この時代は・・・」
チャロ「ヘウ!ヘウヘウっ!」


勘弁してください。笑いを堪えるのに必死です。


ジュン「もういいです。興味ないようです。」
女性「そうですかー。」

そうですか、じゃねぇよ。

うーん、手ごわいぞ・・・・



女性「そうだ!お仕事は何をされてるんですか?是非ご職場の方にも紹介頂きたいんですが・・・」
ジュン「僕は浪人です。」
女性「それでは大学を目指して・・」
ジュン「違います。侍のほうです。」
女性「侍???」
ジュン「自らの剣の道を磨くべく、毎日修行の日々。明日はどこに向かうのか。僕にも分からない。」
さっきまでバガボンド読んでました。

女性「なるほど・・・」

男性「・・・・・・」
女性「・・・・・・」


気まずい沈黙が。
なんか滑ったみたいで恥ずかしい。

しかし、まあよく諦めないもんだ。
早く帰ってくれないかなーと思っていると、

そんな沈黙の中。更なる問題が・・

ジジイ「おうおう!お兄ちゃんおるな!キノコ狩り行ってきたんよ!もってき!」
ジュン「あ!会長さん!」

近所に住む町内会長が。
このジジイ、別名毒殺ジジイと恐れられているじーさんで、キノコ狩りが趣味。行っては大量のキノコをくれるんです。

会長「なんだ、客人か。寒いんだから中入れてやれよ。」
ジュン「ちょっ・・!!」
会長「そうだ、このキノコあんた達にもやるよ。もってき。」
女性「いいんですか?!ありがとうございます!」
会長「ほら、あんたの分だ。」
ジュン「くっせ!なにこのキノコ!臭いんだけど!」
会長「臭いもんは美味いって相場で決まってんだ!」
ジュン「食えんの?なんてキノコ?」
会長「俺が見つけたから小林ダケだな。きっと新種だよ。」
男性「小林ダケ・・・・・」
ジュン「おい、なんだかわかんないのかよ。」
会長「俺昨日食ったけど、酸味があって美味いんだよ。そうだ、台所貸せ!俺がさっと炒めて食わしてやんよ!」

身の危険を感じたのか、例の夫婦は

夫婦「そ、それでは、お邪魔するわけには行かないので、帰りますね!!」

と逃げやがった。



ジュン「おーー!サンキュー!帰ってくれたよ!困ってたんだ!」
会長「なんでぇ、食わねぇのか。」




会長のお陰で追い払うことが出来ました。







会長「ゲホゲホっ、このキノコ妙に煙がでるんだよな!」


小林ダケを炒める会長を見て、神がいるなら助けて欲しい僕なのでした。


スポンサードリンク



コメント

電車に乗ってたので笑いこらえるの大変でしたw

小林ダケ危ない(;´Д`)

吹いたっ!

息子(養子、3歳のウサギ)以外の家族が居ない時に読んで良かったww

久々のジュン氏節ぃwww

浪人の返しやら、お父さんを説得する女性やら、町内会長やら、濃い人物が面白かった!

久しぶりにわらかしてもらいましたwww

めっちゃウケました!!(m'□'m)笑

うちにも来た事ありますが、ああいう人達ってホンマにしつこいですよね(丿 ̄ο ̄)丿聖書を持ってたら311の地震の時も被害が最小限で済んだとか、お祈りしてる時の写真見せられたりしました( ̄▽ ̄;)

でも小林ダケには危険を感じるんですね(‘*‘)笑☆聖書は守ってくれないのかしら(*・・)σ(笑)

毒殺w
それ食べちゃダメですよ!

きのこ・・危険すぎる・・・

>チャロ「ヘウ!ヘウヘウっ!」

が、ツボに…www

やばいチャロちゃんかわいすぎますww

ヘウッ!ヘウヘウッ!

うちはゾロアスター教ですって言うと大抵大丈夫です。
でも前回はウパニシャッド哲学まで話が及び、ちょっと困りました。
非公開コメント