思い出ドリームチャンス

スポンサードリンク



宝くじ。


数百円でもしかしたら最大数億円当たるという夢に溢れるくじだ。


「1億あたったらどうする??」
「100万当たったら何買う??」

そんな話をしたことある人も多いはずだ。

このなかに宝くじを買ってる人もいるんじゃないか?

僕の友人にもいたんだ。そんな夢を買ってる男の話。



登場人物
ジュン 僕です
コバヤシ 宝くじを買ってみた。






コバヤシ「いやー、マジ当たったらどうしよう!!」




ジュン「なんの話??」

コバヤシ「宝くじ買っちゃったー!」
ジュン「へー!一等は2億だっけ?」
コバヤシ「おうよ!!」
ジュン「当たったら10万くれよ。」
コバヤシ「ああ、いいよ!」
ジュン「あと寿司食べたい。回らないやつ!」
コバヤシ「特上だぜ!!」
ジュン「いただきまーす!」


そんな話で盛り上がる僕ら。

コバヤシ「なに買うかなー…家か車か…外車ってのも夢だよなー。」
ジュン「利子生活も出来るんじゃない?」
コバヤシ「バカ!金はあるなら使わなきゃ!」
ジュン「そうか?それも良いかもね。」
コバヤシ「セコセコとっといてどうすんだよ!!」
ジュン「派手でいいね。」
コバヤシ「だろー!!」


家を買って、車買って…高い酒をおねぇちゃんを抱えながら飲んで…
下世話な夢を楽しそうに話すコバヤシ。


ジュン「あ、いくら買ったの?」



コバヤシ「50万。」




ジュン「50万…??」
コバヤシ「おう、50万。」





ジュン「え?マジで?」
コバヤシ「しつこいな、マジだよ。」

ジュン「ちょっと待てよ、お前そんなに金持ってたっけ??」
コバヤシ「持ってるわけねぇだろ、持ってたら宝くじなんて買わねぇよ。」
ジュン「貯金使ったの?」
コバヤシ「給料全部と貯金全部。」
ジュン「おい、どうやって今月生活するんだよ。」
コバヤシ「あ。」
ジュン「次の給料は??」
コバヤシ「来月だね。」
ジュン「…あと20日間か。」
コバヤシ「……。」
ジュン「……。」
コバヤシ「な、なんとかなるべ。」
ジュン「仕方ねぇな、いくら必要だ。」
コバヤシ「いや!そんな悪いって!」
ジュン「なに食うんだよ。食べなきゃ死ぬんだぞ。」
コバヤシ「いらない畳があるんだけど…」
ジュン「畳食うつもりか!?お前は!?」
コバヤシ「煮たら食えそうじゃね?」
ジュン「バカいうな!銀行行ってくるから待ってろ!」







ジュン「ほらよ。これだけあれば食べるのには困らないだろ?」

コバヤシ「面目ない。」
ジュン「バカやろうめが。」
コバヤシ「給料でたら返します。」
ジュン「急がないでいいよ。」
コバヤシ「マジで感謝してます。マジ当たったら1000万くらいあげるから。」
ジュン「おう。期待しないで待ってるわ。」




それから数日後…


コバヤシ「おい!宝くじの発表だ!!」
ジュン「ああ、あれか。」
コバヤシ「なんせ50万分だからな!期待はでかい!」
ジュン「そうだな、とりあえずみてみようぜ。」



僕らは宝くじの番号を見比べ始めた。


コバヤシ「ハズレ。」
ジュン「はい、次。」
コバヤシ「また、ハズレ。」
ジュン「はい、次。」
コバヤシ「当たった。300円。」
ジュン「おめでとう。はい、次。」
コバヤシ「ハズレ。」


ハズレの山がどんどん増えていった。


コバヤシ「ハズレ。」
ジュン「はい、これは。」
コバヤシ「ハズレ。」
ジュン「おい、ほぼ全滅じゃねぇか。」
コバヤシ「そんなはずは…」
ジュン「バカだなー。お前みたいなのがいるから儲かるんだろうなー。」
コバヤシ「うるせぇな!まだ分からないだろ!!」
ジュン「で?」
コバヤシ「ハズレだけども!」
ジュン「バカww」
コバヤシ「クソッ!…ん?待てよ、おいこれ!!」
ジュン「どうした??」
コバヤシ「当たった!当たった!!」
ジュン「マジか!?いくら!?」
コバヤシ「50万!」
ジュン「50万!・・・え?50万??」
コバヤシ「うん!」
ジュン「・・・50万。」
コバヤシ「スゲー当たるもんだな!!」
ジュン「まあ、いいか!」
コバヤシ「え?なんで?」
ジュン「なんでもない。50万だぜ!やったね!」
コバヤシ「やったー!!!」






換金しに向かった僕ら。


コバヤシ「へっへー、万札がたくさん♪」
ジュン「合計いくら?」
コバヤシ「50万とその他ちょこちょこ当たったのあわせて50万とちょっとだね。」
ジュン「よかったじゃん。」
コバヤシ「あ、借りてたの返すね。あとお礼に5万あげる。」
ジュン「いやいや、お礼なんかいらんいらんww」
コバヤシ「えぇー、悪いよー」
ジュン「じゃ、寿司食べたい。まわるのでいいからさ。」
コバヤシ「良いぜー!」
ジュン「よし、行こう!」



コバヤシ「なんでも食べて良いからね。なんせ、見ろよこの財布!!」
ジュン「パンパンじゃんww」
コバヤシ「よーし、食うぞー!!」






当たった金額50万-買った金額50万=¥0で、全く儲かってない。むしろオレに借りてたの返してお寿司おごってマイナスなのに幸せそうなコバヤシ。



本人は幸せそうなのでよかったのではないでしょうか。
お金なんかなくても人は幸せになれるんです。



それはそうと、誰か僕に2億下さい。わりとマジです。
スポンサードリンク



コメント

50万もホントに当たるんですね!
宝くじは半信半疑だったので…w

30万ほど降ってきたらいいのにーU・x・U

2億でいいのか?

5億くれたら2億あげるよ(^з^)-☆Chu!!

まあ実際、畳食えるって聞いた気がするな…。
食いたくねーけど(^O^)

よし!
宝くじ買ってみよう!

3000円だけw

ですね!

ジュンさんお疲れ様でした。
コバヤシさん、ご愁傷様です。

相変わらず、タイトルセンス秀逸の件についてwww
非公開コメント