旗取り合戦 in 横浜 序章

スポンサードリンク



ルールは・・
東軍西軍に分かれそれぞれを捕まえる「鬼ごっこ」を行う。
それぞれの軍には40名所属する。
範囲は神奈川県横浜市全域だ。
24時間後、残っていた方が勝ち。
負けた軍は終了後宴会の費用を負担する。



「我が軍は・・・?」

東軍総大将こと「アルフレッド古田」。
この企画の企画者であり某テキストサイト管理人だ。


「残りは・・数では負けています。」

別の男が答えた。

アルフ古田「・・そうか。」





アルフ古田「・・・あいつが来るまで耐えろ。」


男「はい。耐えて見せます。」













東軍「はぁ・・はぁ・・ここまでくれば・・」



西軍「逃げられると思ったか?」

東軍「!!!」
西軍「逃がすな!追え!!」
東軍「行け!お前らだけでも逃げろ!!」
西軍「一人も逃がすな!捕まえろ!!!」
東軍「チィッ!逃げろ!!」




ここは横浜。

バカな大人たちが本気で遊んでます。

その企画は某テキストサイトのアルフレッド古田が主催する「旗取り合戦」。
簡単に言うと40人ずつに別れて横浜市内全域で鬼ごっこをするというものだ。
東軍は青、西軍は赤の「たすき」を身につけている。それを多く奪えば良いのだ。



ここは東軍本拠地。

アルフ古田「旗色が悪い。完全に押されている。」

東軍隊長「ええ・・。」

アルフ「さすが、敵もやるな。」

東軍隊長「人数的にやはり不利です。」
アルフ「あと少しの辛抱だ。」


”ピピピピピピ”
電話が急に鳴り響いた。

東軍隊長「・・アルフさん!」
アルフ「”ヤツ”か!」


男「おう、アルフくん!」


アルフ「ワタベ!!」

ワタベ「ワタベ大佐・・と呼んでもらおうか。」

アルフ「なんの様だ!」
ワタベ「君の所の隊長かな?2人捕まえたよ。声聞くかい?」
東軍隊員「スミマセン・・!アルフさん・・!」
アルフ「その声は・・!キリマンジャロと朝日か・・!!」
朝日「スミマセン・・!!アルフ様・・」
アルフ「大丈夫だ!必ず助けてやるからな!!」
ワタベ「はっはっはっは!頑張れよー!」



アルフ「くっ・・あの二人が・・!!」

東軍隊長「アルフさん・・」
アルフ「大丈夫だ。あいつらが来てくれれば・・・」
東軍隊長「早く来てくれッ!」
アルフ「ああ。それまで耐えるのだ。」




現在、西軍は30名居るが東軍は32名しかいない。
しかもそれぞれ8名の「隊長」が居るのだがその隊長も東軍は6名のみだ。

東軍には後ほど「援軍」がくる予定なのだ。


アルフ「あいつさえ来てくれれば・・・」
東軍隊長「あいつ・・ですか。」
アルフ「ああ。心強い男だ。」
東軍隊長「頼もしい・・」







東軍隊員「アルフ様・・!!!」

アルフ「君は・・!アイアン隊の・・!」
アイアン隊員「ええ。た、隊長が・・・!!」
アルフ「アイアン君が・・まさか・・・!!」
アイアン隊員「捕まりました・・」
アルフ「クソっ!」
東軍隊長「アルフさん!これで僕を含め後3人しか・・・」
アルフ「大丈夫・・!じきにやつらが来る・・!」



このゲームには3つの「階級」がある。

トップに飾るは「総大将」。最高権威である。
次にそろぞれ8名の「隊長」。
残りが「隊員」で形成されている。


参加者には「たすき」が配られていてそれぞれ身につけなければならない。
その「たすき」を集めるのが目的だ。
たすきには総大将には「★」隊長には「●」が印刷されており、
★は100点●10点無印2点となっている。
たすきを失った総大将と隊長は敵の軍に拘束される。
隊員は拘束はされないがたすきを奪うことはできない。自軍の援助や情報提供に徹するしかない。
たすきは捕えた部隊の隊長が管理するが、その隊長が捕獲されると奪われたものに返還される。
また総大将は2人の隊長を連れることができる。
西軍は当然2人の直属の隊長に護衛させているが、当軍には上記の東軍隊長こと「タルト落合」しかいない。

どうやらもうすぐ「援軍」が来るらしいが・・・・




アルフ「残り3名か・・・」

タルト「間に合いますかね。」

アルフ「間に合うさ。大丈夫だ。」





男「たのもーーー!!!!」

タルト「敵か!!アルフさん!逃げて下さい!!」
男「おいおい、待ってくれよ!」
アルフ「お、お前は・・!!」

男「頼まれてきたんだよ。ほれ、取り返してきたぜ。」

アルフ「お、お前たち!!」

キリマンジャロ「アルフ様・・!!」
アルフ「良くやってくれた!!」
男「アルフ??」
アルフ「私の名前だ。お前の名は??」
男「えーっと、じゃあサンシャインで!」
アルフ「サンシャインか。ありがとう。」
サン「おうww」
アルフ「ところで・・あいつは?」
サン「もうすぐ来ると思うけど・・・・」








ジュン「えー、どこだよ。本陣って。めんどくせぇなー。あっ!敵か!!」


ジュン「あぶねーあぶねーwwマジ緊張するわ。。」









スポンサードリンク



コメント

非公開コメント