スポンサーリンク

ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。

引っ越して初記事!
とりあえず昔の記事を掘り起こしてみます。

前のブログとかおかげ様で更新してないのに月に1万近くのPVがあったんだけど、
コッチもそのくらいまでいけたらなー、と思っています。
頑張るから宜しくね。
・・別に記事数確保のためじゃないんだからね!

それでは昔懐かしいこの話!


登場人物
ジュン わたしです 最後の砦
ようすけ 悪友。共にいろいろ悪いことしてきた。イケメン。
たかよし 最近初彼女が出来た
F女 すぐに男に手をだす軽い女
にしの そんなF女に弄ばれた男 
なぎさ 友人。女目線から今回の対決に示唆する


いっぱい寝たー!凄い元気!はい元気!

昼間ちょろっと思いだしたことがあったからそれ書くわ。

まだ学生の時の出来事だったなー。





「分かった、今までありがとね。これから大変なこともあるとは思うけど応援してます。頑張ってね!」

オレはこのメールを心の中に閉まっておくことにした。



とある、春。
高校も卒業しそれぞれバラバラの土地へ移っていった若者たちは新たな土地でそれぞれ新しい出会いを楽しんでいた。



ジュン、ようすけ、たかよし、にしの、なぎさの5人も新たな出会いによってであった若者達。くだらない話に花を咲かせ、毎日特に何をするわけでもなくつるんでいた。


ようすけ「えー、たかよし!彼女出来たのお前!」
たかよし「へへー」
にしの「おい、写真見せろよ」
たかよし「やーだよー」
にしの「いいじゃんかー」
みたいな事をただ話していた。

どうやらたかよしは同じ学校の中で彼女が出来たらしい。
オレと、たかよしと、にしのは同じ学校でそこにオレと仲の良かったようすけとなぎさが加わり出来たグループ。ホントに仲良くつるんでました。

ジュン「最近、たかよし全然学校で絡んでくれないもん、今までオレとたかよしとにしのでメシ食べたりしてたのにさ。最近オレとにしの2人だもんね。」
オレはたかよしの彼女を見たことがあった。彼女が出来たんだーと幸せそうに写真を見せてきたのを覚えてる。

にしの「あー、良いなー」
ジュン「あ、そういやお前あの子どうなったの??」
にしの「あ、ちょっと聞いてよ。もう信じられないんだけど!」

みんなはにしのの話を聞くことに。

にしのはとある飲み会である女にあった。
なんか妙に密着してきたりと「変な」感じになったそうだ。
飲み会も終わり、みんな2次会やらなんやらで消えていったそうな。
もともと人付き合いが苦手なにしのはコンビニにより帰ろうとしていた。
すると、その女が近づいてきて
「にしのくんも2次会行こうよ!」
と誘ってきた。
「いや、俺はいいやー、帰るよー」
と言ったら
「にしのくん来ないなら私も帰ろうかな。」と言ったらしい。

にしのは、お、これは!と思い勇気を出して誘ったらしい。

そしたら2人で飲みに行くことになったそうな。
そして2人は酒を飲み、語らい、まー結局ヤっちまったらしいんだけど。

でも、付き合ってるわけでもなくどうするべかなとダラダラ連絡したりしてたんだと。

にしのとしてはもう付き合おうかな!と気合入れてた矢先、突然「彼氏の愚痴」をいわれたそうな。


ジュン「あー、クズだな。おい。その女」
にしの「でしょー!遊ばれてしまったw」
たかよし「ヒドイね。ヤったときも彼氏いたんでしょ」
なぎさ「にしの君としては本気だったの」
にしの「まぁねー」
ジュン「うわー」

と、悪いもんにひっかかったもんだ。といってたら

ジュン「オレだったら仕返しするな。そんな軽い女は生きてる価値がないな。」
にしの「ジュンに言われたくはないなw」
ジュン「バカ言え。オレはそんなことしない」
ようすけ「テメー先月ドイツで何したんだよ。」
ジュン「バカ言え。オレはポイ捨てする気なんてなかった。オレがポイ捨てされたのだ。」
ようすけ「そんなことは知らん!」

ジュン「とにかく、仕返ししてやろうぜ!にしのがかわいそうだ」

そんなこんなでその女に仕返しすることに。
ま、簡単に言うと普通ならヤっちまってポイしてやるのがいいんだけど、それだと敵も満足してしまう。
なので、ヤる直前でポイしてやろうということになったのだ。

で、誰がやるということになってなぎさは女なので問題外。たかよしは最近彼女が出来たばかりなのでダメ。
ということはオレかようすけのどちらかだ。

どっちもヤダよーとごねてると、
にしの「あ、その女Fカップだよ。」
ようすけ「俺やるわ。」
おい、返事早いな。
たかよし「オレの彼女と一緒だww」
聞いてない。
なぎさ「Fより美しいCでいたい」
涙拭けよ。

返事がもらえました。

でも、ヤっちゃダメなんだよ。といってると
ようすけ「うわー、キッツいわー、自信ないなー」
と大丈夫か、コレ・・・?

まぁ、ジュン軍師による作戦はこうだ。
にしのとようすけ飲みに行く。
にしのF女を呼ぶ。
にしの帰宅。
ようすけの本気。F女にアプローチ。
ポイ!

とこう来たもんだ!

そして当日、にしのはF女の一人暮らしの部屋で食われたのでその近くの居酒屋で飲み会開始。

そしてとうとうF女に電話し、まんまとF女が来ることに。
そしてにしのも帰り、ようすけの本気が始まった。











「ジュン、ゴメン。乳掴まされた。」

と、いきなりようすけからそう電話が来た。

結果、惨敗。
飲まされ、帰れなくなったようすけは家に呼ばれすさまじい攻防を繰り広げていると、
「ようすけだったらいいよ」と掴ませられたらしい。

さすがに理性が吹っ飛び負けました。スイマセン。との事でした。


第2次会議開催。

ジュン「作戦は失敗に終わった。とにかくようすけ死ね。」
ようすけ「アレはダメだ。危険だ。」

しかし、落ち込むにしのを見ているといたたまれない。
どうにか痛い目にあわせてやりたい。
そう思ったなぎさが口を開いた。

なぎさ「ジュン行けば?」

なぎさ曰くオレならいける気がする理由はこうだ。

酔ったジュンほどめんどうな人はいない。
意思が強い。帰りたくなったら何が何でも帰る。
そして、敵最大の武器、96式15糎榴弾砲つまりはFカップもお尻星人のジュンには通用しないということ。

たしかに、一理ある。オレなら成功を収めることが出来る。
そして何より、男にホイホイついていくそんな女はオレも大嫌いだ。

最後の砦、ジュンが立ち上がることになった。

作戦は以前と同じ。ただ感づかれないようにちょっと変えたけど。

そして決戦の日。
決戦の地へと行くとすでににしのとF女が居た。

そして驚愕の事実に気付く。

たかよしの彼女じゃねぇか!!!


おーい!コレはイカンぞ!
ということは以前にしのがこぼされたという愚痴の当本人は彼氏であるたかよしのことか!!!

あんなにたかよしは舞い上がってんだぞ。
あんなにたかよしはオマエのことを愛してるんだぞ。

今まで何故気付かなかったか。
確かに、たかよしはF女にあっていない。彼女に悪いからという理由で。そのF女が彼女だと知らず。
そしてたかよしの彼女の写真を見たことがあるのはオレだけ。
マズイ。非常にマズイ。これではたかよしとヤっちまったにしのとようすけにまで亀裂が入ってしまう。

この事実を知っているのはオレだけ。

そして、そのクソ女をズタボロにしてやってもいいが、たかよしは友人だ。その彼女にその仕打ちは出来ない。
確かにF女はゲロカス女だけど、たかよしのことを思うと・・・

とりあえず、何も関係を持ってないなぎさにメールを送信。
「F女=たかよしの女」

そうすると、なぎさより
「絶対に手をだすな。とりあえず逃げろ。逃げ切ったら私がご褒美してやる」
とまぁ、フっとんだ回答が帰ってきました。お前じゃ褒美にならねぇよ。罰だ。

しかし、ただ逃げるというのも気に入らない。
どうすればいい。

そうだ、たかよしのすばらしさに気付いてもらおう!!

そしてにしのも明日早いからと席を立ちしばらくたった後何気なく彼氏の話に持っていくことに成功。
そしたらF女は
「最近、別れようかなーって思ってるの。」と平然と言うじゃないですか。

ダメだ。たかよし、オマエには悪いがこいつはオマエと縁を切ってもらう。

「オレもねー。上手く行ってなくて別れようかなって思ってるんだー」
「へー、そうなんだー。別れちゃえば!」
「う~ん・・でもオレ一人でいるの寂しいんだもん。」
「私がいるじゃん!」
みたいな感じでなんと、2人とも別れたあと付き合うことに。ヘっ、オレをなめるんじゃないよ。

そして、F女はたかよしへメールした。ちゃんと内容も見たのでホンキで別れてオレと付き合う気だ。カスが。
そしてオレはなぎさへメール。
「やっぱり、オレはなぎさとは上手くやっていけない。ゴメンね。」と送ったら何を勘違いしたのか
「ホンキにしてんの!?マジやめて。」と返信してきやがった。
ばれないようにもう一通「察しろ。とりあえず分かった。今までありがとねっておくればいいんだよ。」と送ると

「分かった、今までありがとね。これから大変なこともあるとは思うけど応援してます。頑張ってね!」と返信来ました。

それをF女に見せてF女ご満悦。その間狂ったようにたかよしから電話来てた。




そして数時間がたちたかよしからの電話もなくなった後、何度も6式15糎榴弾砲つまりはFカップの砲撃も受けましたがそんなものではオレは陥落しません。完全に打ち解けた後店を出てどこか行くことに。

F女「このあたり何もないね、でももう帰れないでしょ。」
ジュン「じゃ、どっか泊まろっかなーなんかある?」
「・・・うん!ウチが近いからウチ来なよ!」
うん!じゃねぇよ、カスが。

まぁ一度家まで行きました。
「とりあえずコンビニに行って何か買ってくるよ、ちょっと待ってて」とコンビニに行くフリをして帰るつもりだったんだが、

「あ、お酒飲みたーい。何があるか分かんないから私も行くー」とか言いだしやがる。

困ったので
「だーめ。2人で行くと買うのに恥ずかしいもの買うからついてきちゃダメ。」と意味深に去って行きました。

「へへーっ!何買うの~」とか言ってましたが心の中で衣笠行き切符だよ言いながら去っていきました。

結局そのまま帰り、とりあえずなぎさに電話し結果を報告。コレは私たちの心の中に閉まって置こう。と決めました。
その後怒涛の勢いでメールやら電話やらがF女から来たなー。


その数日後、ようすけにだけは話しましたが、コレでよかったんだよなと納得してました。

ただたかよしは突然幸せを奪われ落ちこんでいました。

たかよし「なんでかなー。。。」
にしの「はははー!そんなもんだよ、なぁジュンようすけ!どっかに飲み行ってなんか引っ掛けに行こうぜ!」
ようすけ「だなー。よし行くぞ!」
たかよし「うん!いくか!!!」
ジュン「元気だせよ!今度合コンでも開催してやるから」
たかよし「お前が居ると台無しにされるから行かないw」
ジュン「黙れ、殺すぞー」

オレはたかよしのアタマをくしゃくしゃしながら夜の街へ消えていきました。
スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

No title

とんでもねーリア充だな

No title

主、なぎささんに行けよ!!

やるせないなぁ。

>Fより美しいCでいたい。
これに一番吹きました(笑)。

似たよな事件に、たった今巻き込まれ中です。
参考にします(笑)。

どいひーな話ですが腹抱えて笑いました。ようすけさんは絶対に確信犯でしょー

おもしろかたー

衣笠って…

京都のですか??
私京都なのでなんだかとっても親近感でうれしくなりましたー  

Re: 衣笠って…

> 京都のですか??
> 私京都なのでなんだかとっても親近感でうれしくなりましたー  

残念神奈川です!
でも京都は良くいくよ

これも面白ーい!結構激しい人生っすね!笑
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ