世界一。

スポンサードリンク



何かで「世界一」になってみたいものですね。


ギネス記録という言葉を聞いたことある人も多いと思います。
これは世界のいろんなものの「世界一」を集めているものです。


世界とまではいきませんが日本一ならこのブログもいくつか記録していますね。


僕の勝手な憶測では多分「世界一」になった友人がいます。

その人の話をしたいと思います。





ゆん 普通の人
サコ 世界一の男




友人「マジか!頑張れ!おい!」




何やら盛り上がっている皆。

「スゲェ事になってるから今すぐ来い。」

そう呼ばれた僕は急いで、その友人の元へ向かいました。



ゆん「何してるの?」
友人「サコってばスゲェよ!多分ギネス記録!」
ゆん「ギネス??」
友人「ああ!」

何やら興奮している友人に対し、一言もしゃべらないサコ。

ゆん「なんだってんだ。」
友人「生きたエビを一度にたくさん口に入れた記録だよ。」


ゆん「エビ??」
友人「おう!しかも生きてるんだぜ!!」
ゆん「何匹入れたの?」
友人「今んトコ40匹!!」


サコ「・・・・・・・。」


いきさつはこうだ。

なんか、生きたままの新鮮な小エビを100程頂いたらしく何匹入るか試していたそうだ。
そうしたら思いのほかたくさん入ったために、どんどん記録に挑戦していったそうだ。


ゆん「確かに、世界一かもしれないね。」
友人「だろ!ギネスってどうやって申請するんだ?!」
ゆん「知らないよww」


友人「じゃあ、さらに記録を伸ばそう!」
ゆん「マジかww」
友人「イケるよな。」
サコ「・・・・・・。」

サコは静かに頷いた。


友人「よし、やるぞ!!」

友人は一匹、また一匹とサコの口に押し込んだ。


ゆん「うわぁ。気持ち悪い。」
サコ「・・・・・。」
友人「あと1匹で50匹だ!!頑張れ!」
ゆん「出来る?」
サコ「・・・・・。」
友人「そんなこと言うなって頑張れ!」
サコ「・・・・・。」
ゆん「ムリっぽいね。」
友人「出すな、ほら!」
サコ「・・・・・。」
友人「手を離せ!逃げるなよ!」
サコ「・・・・・。」


エビを持つ友人の手を押さえ必死に拒むサコ。
どうやら大分辛いようだ。

友人「おい!世界一になりたくねェのかよ!」
サコ「・・・・・。」
友人「離せってば!」
サコ「・・・・・。」
ゆん「おい、もうムリなんじゃ・・」
友人「黙れよ!もう少しだから!」
サコ「・・・・・。」
友人「もう少し!あっ!」

その時、エビの一匹が跳ねて机の上に置いていたペットボトルの中へ見事に入った。

ゆん「wwwww」
友人「すげぇwww」
サコ「・・・・・。」
ゆん「エビが・・・エビアンの中で泳いでるww」
友人「ップww」
サコ「・・・・・。」


サコ「っぷはwww」

サコが笑うのと同時に大量のエビが飛び出した。


サコ「勘弁してくれよw」
ゆん「うわっ!気持ち悪い!!」
友人「あああ!!出しちゃったよ!」
サコ「しょうがねぇだろ!こんなん見たら笑っちまうわ!」
ゆん「くだらねぇwww」

皆の視線の先にはエビアンの中で元気の泳ぐエビが。



サコも世界一だと思いますが、エビアンの中を泳いだエビも世界で1匹だけなんじゃないでしょうか。



スポンサードリンク



コメント

くだらねえwww

ギネスに挑戦ですか~(・o・)
本当に色々な種類のギネスが世界にはありますよね♪めげずに頑張って欲しいです(^-^ゞ

生きたエビを口の中に入れてみようって発想がまず凄いですね☆

くだらんけど、面白いね

お前もやれよ。

ご う も ん !

男の子てほんと無邪気て感じです(´ω`)
何でも楽しそう←
ジュンさんのコメントふいた←

ヤバイ。
普通に声出してフフフって笑ってしまったw
エビがエビアンw
くだらねー\(・∀・)/

実際に申請しようとしたら審査する人の前でもう一度…うぷっ
非公開コメント