スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

スポンサーリンク

しろくんの冒険 その3

しろくんの冒険 その1
しろくんの冒険 その2

登場人物
もず わたしです。しがない音楽ファン。
しろくん ジュンやその他の人を師にもつ少年。
ミカ様 関西支部の代表 SatanicNet(以下SN)のお偉いさん。
てつさん その弟。ガタイいい。怖い。

前回のあらすじ

SNのお偉方の命で関西支部に派遣されたわたし達。
ミカ様とその弟てつさんに出会い、彼らのマンションに泊まることに。
すると夜けたたましくドアを叩く音が。
「テメー、いい加減にしねぇとマジで殺すぞ?!ぁあ?!」
物騒な言葉と共にてつさんはドアへ向かった。




てつ「ああ?いい加減にすんのはテメーらだろ?」
てつ「帰れ、痛い目に会わない内にな。」



ミカ「はぁ。まったくねー。また引っ越すか。」

もず「なんなんですか?!」
ミカ「ゴメンね、びっくりさせちゃったね。大丈夫だからね。」
もず「ええ?!」
しろ「大丈夫ですか・・・?」
てつ「ああ、平気だよ。悪ぃな....!!」

と、一同が腰を下ろしたその瞬間。


ガシャーーーン!!!

えええええええええ??!!!




てつ「クソが!今日こそは殺してやるよ!!!!」
ミカ「てつ!待ちなさい!!」


もず「いやー!なになになになに!しろくん!なんなの!?」

パニックのわたし。

しろ「知らないですよ!ミカさん?!」

ミカ「良いから奥の部屋に行きなさい!何があっても出てきちゃダメ!!」
しろ「ええ?!なんで?!」
ミカ「てつ!!戻りなさい!深追いするんじゃない!」
てつ「あそこに居やがった!!逃がすかよ!」
ミカ「てつ!!」








ミカ「ちっ、繋がらない・・・」
しろ「てつさん・・ですか?」
ミカ「あのバカ、どこまで行ったんだ。」
もず「なにが起こってるんです??」
ミカ「大丈夫。気にしないで。ゴメンね、入り口掃除してもらって良い?」
しろ「もちろん良いですけど・・・」


ほうきなどを持って玄関に向かうと・・・

しろ「なにこれ・・」

そこには割られたガラスと明らかに人が持っていたと思われる鉄の棒が。

もず「ええ・・」

恐怖に震えつつ掃除をしていると中からミカ様が誰かに電話していた。



ミカ「うん、多分教会の連中だと思う・・・。」
ミカ「てつが追いかけたまま帰ってこない・・・。」
ミカ「はい、それまではなんとか・・耐えます・・・。」


もず「しろくん・・・!!」
しろ「聞こえた。」
もず「き、教会・・??」
しろ「なんなんだろ・・・」

ミカ「しろ、もずちゃん。」

わたし達を呼ぶミカ様。

しろ「えっ?は、はい。」
ミカ「終わった??」
もず「は、はい。大体は・・」
ミカ「もういいよ。ありがとう。」


部屋に戻るわたし達。

しろ「警察とか・・呼ばないんですか?」
恐る恐る聞くしろくん。

ミカ「呼んだってムダだよ。」
もず「だ、誰なんですか・・?」
ミカ「もずちゃん、私たちが何やってるか知ってる?」
もず「ブラックメタル?」
ミカ「そう。ブラックメタルの中身って知ってる?」
もず「悪魔崇拝とか悪魔の信仰とか・・?」
ミカ「そう。ま、ただの音楽の中身の話なんだけどね。それでも良く思わない連中ってのがいて・・」
もず「教会・・ですか?」
ミカ「なんだ、聞いてたのね。」
もず「ごめんなさい・・聞こえちゃって。」
ミカ「やつらは”悪魔”を追い払うために”神”を信仰してるキチ軍団だよ。」
しろ「あさいさんたちには言ったんですか?」
ミカ「もちろん。でも”相手が悪い。相手にするな”って言われたよ。」
もず「あさいさんですら・・・」
ミカ「だからムシしてたんだけど、嫌がらせが止まんなくてね。」
しろ「えぇ・・じゃ、てつさんヤバくないですか?」
ミカ「あいつ、人の言うこときかねぇから・・・」

あの強気なミカ様がおびえている。
教会・・どんな連中なのだろう。


重苦しい空気の中、ミカ様がまた口を開いた。


ミカ「仕方ない。わたし行って来る。」

しろ「え?どこにです?まさか・・」
ミカ「教会の本部だよ。」
しろ「ダメですって!警察呼びましょう?ね?」
ミカ「あたしらが警察呼べる立場だと思う?」
しろ「うーん・・・」


もず「じゃ、わたし達も行きます。」

二人とも驚いていた。

ミカ「なに言ってるの?連れて行けるわけないじゃない。」
もず「行きます。」
ミカ「待ってなさい。コレはわたしの命令よ。」
もず「あたしSNじゃないですもん。命令なんて聞く必要ない!」
しろ「もずさん!!」


しろくんに怒られてびっくりした。

しろ「ミカさん。気をつけて。」
ミカ「しろは物分りがいいね。留守頼んだよ。」
しろ「はい。」



ミカ様は行ってしまった。


もず「なんで一人で行かせたの?!」

騒ぐわたしにシーっと合図をしたしろくんは電話を取り出し

しろ「もしもし、やばいことになりました。」

とどこかに電話をかけてます。


しろ「本当ですか・・!良かった・・。出来るだけ急いでください。」

安どの表情を見せるしろくん。


もず「もしかして・・」

しろ「皆、すぐ来てくれるって。明日にはつけるらしいよ。」



ヤツらがくる。


続く。


スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

俺から言わせてもらえば

どっちが悪魔だかわかんねーなw
俺はミカさんに着くべ(^з^)-☆Chu!!

てかさ、協会の種類にも寄るかもだけど
かのテンプル騎士団(聖堂騎士団)だって、当初に崇めてたのはバフォメットていう悪魔だったしなw

続きが気になる…!

それにしても、ゆん氏も百舌鳥氏も、文章力バッキリですねぇ。
ジュン氏の仲間は皆さん、そーなのかしらん??


リーサル・ウェポンのあさい氏の文章力は如何に!?

と変な所が気になります..(笑)
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。