スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

スポンサーリンク

大人買い。

何歳からが大人でしょうか?


登場人物
ジュン 彼です
ゆん 僕です




ゆん「・・・・。」



ジュン「なんだよ。」
ゆん「これいくらしたの?」
ジュン「2万。」
ゆん「2万・・・・」


ジュンくん。
彼は熱しやすく冷めやすい性格をしている。
例えば一時は競馬にゲキはまりしたと思えば、気付いたら馬の話なんて一切せず、
「トカゲ買ってきた。」などと平然と言い出す。
彼は物凄い多趣味な人間だが、その反面とても飽きっぽい。


そして今回何にハマっているかというと・・・・

ジュン「はー、美味い。どれだけ食べても飽きないね。」
ゆん「しょっぱい・・・」
ジュン「あ?」
ゆん「それに生臭い・・・」
ジュン「これがいいんじゃん。」
ゆん「はぁ・・」


アンチョビ。またの名をオイルサーディンとも。


イワシを加工した食品なのだが、そのクセの強さ、塩味の強さゆえに調味料のように使われる。
ピザやパスタなどに入れると美味いのだが、彼はそれをオカズのように食べる。

もはや、彼のアンチョビブームは留まることを知らず、2万円分も買いだめし、そして何の食材にも入れるのだ。


しかし、ジュンさん。彼の多趣味の中に一つに「料理」というものがある。
どこの女の家で覚えたのか知らないが、はっきり言って料理は超ウマイ。
その上特にレシピとか見るわけじゃなく
「コレ入れたら美味いんじゃね?」
という感覚で作るのだ。それが見事に美味いのだから脱帽である。


ジュンがアンチョビにハマっているとき、ジュンに作ってもらったパスタや小さなピザなどは確かに絶品だったのだが・・・



ゆん「くせぇ。なにこれ・・・」

ジュン「焼きうどん。」
ゆん「死んだ魚かなんか入れた?」
ジュン「ううん、アンチョビ」
ゆん「やっぱり死んだ魚か・・」
ジュン「その言い方よくないよ。食材に失礼だよ。」
ゆん「食材全部を9月の漁港みたいなニオイにするのは失礼じゃないのか?」
ジュン「お前もう食うな。」


もはや、どんなものにでもアンチョビをいれ始め、ジュンの部屋自体が水族館みたいなニオイになっていた。
確かに、その中でもかなり美味いものもあったんだがアンチョビ、という性質柄とんでもない廃棄物になる可能性も大だった。

最初はパスタやピザなどのイタリア料理。これは当然マッチし非常においしかった。
それでは飽き足らず、ハンバーグのソースをアンチョビ風味にした。これもなかなかおいしかった。
次に和食。タラの煮物に少し入っていたときはまあ美味しかったが・・・・



ゆん「うえええええ・・・・」

ジュン「ダメか。」
ゆん「ダメだ・・死体握って食ってるみたい・・」
ジュン「そこまでいう??」
ゆん「ちょっと・・ワインかなんかない?口の中の臭みを取りたい。」
ジュン「うわ、くっさ!こっちくんな!!」
ゆん「お前のせいだろ・・・」



ジュンは「実験料理」は決して自分では食べない。

僕が主催するイベントを見に来て、珍しく差し入れを持ってきてくれた。
僕は喜んでその”おにぎり”を食べたのだ。




ジュン「作ってるとき”あっ、あかん”って思ったんだ。」

ゆん「なんでそれもってくんの・・?」
ジュン「いや、意外と美味いかなーと思って。」
ゆん「ない。今風というとコレないわー。」
ジュン「ああ?人の差し入れをないってどういうことだ。」
ゆん「お前食ってみ?そこまで言うなら。」
ジュン「もう知らん。死ね、生臭野郎。」

だから生臭いのはお前のせいだって・・・・








後日



ジュン「こないだは悪かった。ちゃんと作ってきたから食べてくれ。」
ゆん「お、おう。」


またジュンが差し入れしてくれた。


ゆん「うわぁ・・おにぎりだ・・トラウマなんだよな。。」

とりあえず僕はその一つを食べた。

ゆん「うん・・?高菜?美味いよ、これ!」
ゆん「なんだよ、本当に差し入れしてくれたのか。疑って申し訳ないな・・」

普通の差し入れにおなかがすいていたこともあり夢中で食べていると・・


ガリっ・・



ゆん「っぺッ!!」




のど飴が入ってた。





根に持ってるようだ。





ちなみに、ジュンの料理の腕前がいかほどかというと今日の夕食を送ってもらった。

2012-02-29 22.51.30
「シチューとカレー味の何か(ドイツ風)と芋が余ったのでコロッケ。」

2012-03-04 23.01.32
「イベリコ豚のソテーとエビのワイン蒸し。ジャガイモのポタージュとただむしっただけのサラダ。ホントはカルパッチョにしようと思ったけどドレッシング買い忘れてめんどくさくなって刺身にしたサーモン。」


これ全部素材から作ってるんです。
ちなみにアンチョビは使ってないそうです。





スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

根に持つとか

完全に逆ギレじゃないかwww

ていうかさ、料理の腕あんなら栄養失調みたいなのかかってんじゃねーよ…。

ゲロうま!
これだけ出来んのに栄養失調ってwww

す、すごい…(*?m?)完成度高いですね!
ジュンさんの手料理食べてみたいです( ´ ▽ ` )ノ

おいしそーうo(^▽^)o

料理のできる男性はステキです(o^^o)

おいしそう!
ジュンさんの料理のセンスと、
ゆんさんのアンチョビの表現に脱帽ww

素晴らしい…!
料理が出来る男の人って良いですね^^*

おなかすいた(*´・ω・`*)

ジュンくんは主婦?
主婦歴・・ん年の私・・・完敗だぁー

芋と肉(魚)ばっかじゃねーかwwwwwwwwwwww
そら確かに栄養失調なるわ
腕がいいだけに勿体無い

「9月の漁港」って~ww

料理はセンスがものをいうモンなんで、ジュン氏なら屁をひるより簡単なんでしょう。

が、自分で味見しない所は、まだまだ若い、な…┓( ̄∇ ̄;)┏

誰かのためだとはりきっちゃうけど1人きりだとやる気が出ない寂しがり屋なタイプとみた
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。