黒い花 パート2

スポンサードリンク



パート1

神奈川県某所。
とある山には見ると死者の霊を連れてきてしまうという黒い花が咲くらしい。
それを僕とAは探しに行った。




ゆん「おー。」



噂の山に行った僕。
するとAと共に数人の男女がいた。


A「多い方が見つけやすいべ!」
ゆん「確かに。」
A「よっしゃ、行くぞ!!」




捜索開始。



ゆん「高い木、高い木・・」

高い木はあるが・・黒い花などない。





するとその時。




プルルルルルル・・・


Aの携帯が鳴った。


A「見つけたか!!」
それはAが呼んでいた友人からだった。





A「・・・・・え??」













僕らは集合場所に集まっていた。


Aと怯えた様子のBがいた。

A「えー、なんだろうね。」
B「でもなんか怖かった・・・」
A「とりあえず、止めにしよっか。」




ゆん「なにがあったの?」
A「いや、別に大したことじゃないんだけど。」
ゆん「なに?」
A「Bがなんか人に会ったんだって。」
ゆん「なんだ。全然普通じゃん。」
A「でも見た目が登山客がなかったらしいよ。一人だったし、なんかきょろきょろ探してたらしい。」
ゆん「たしかに・・・この山に登山者なんてこねーだろ。」
A「だろ?で、B達を見つけるとすぐに逃げちゃったって。」
ゆん「変なの。」
A「だろ??」



僕らはこの日を境に捜索を止めにした。どうせ見つからないし。


だがとある日、ふと思い出して僕は友達Aとあいつに電話した。



ジュン「は?黒い花?聞いたことねぇな。いいよ、見つけてやるよ。」





続く。





スポンサードリンク



コメント

登山客ですか~( ̄▽ ̄)
黒い花の正体が一体何なのかさっぱりですね♪
ジュンさんも加わって、今後どうなるか楽しみです(≧∇≦)
非公開コメント