闇に消える

スポンサードリンク



今あったはずのものがない。

そんなことありませんか?








僕はとても目が悪い。

外出時はコンタクトレンズ、家にいるときはメガネなのだ。
たまにわざとメガネで出掛けて「メガネすると知的に見えていつもと違う感じ!抱いて!」みたいなことを狙うんだけど、何故か今まで一度もない。不思議なこともあるもんだ。

で、当然寝るときはメガネもコンタクトもない裸眼で寝る。


そうすると大変なのが起きたとき。
まったく見えない状態でメガネを探すと言うハードモードのゲームが待っているのだ。


朝ならまだ良い。

問題は夜中ちょっと目が覚めてしまったとき。
トイレとか喉が乾いたりとかして目覚めるとメガネが見当たらずあちこち探すのだ。


暗闇のなかを。



もう、それは闇のなか手探りですよ。


ほんの少しの光を便りに「確か枕元においたよなー」と枕元へ歩くと、




なんか蹴った。



すると足元から

「いってぇ…」

と小さな声が聞こえた。





メガネを見つけ、見てみると奥さんが尻を擦りながら寝てた。



見えなかった事にして何食わぬ顔でまた寝始めるのでした。
スポンサードリンク



コメント

暗闇ってあったから、つい奥さんの胸でも揉んだのかと思った。

ちぇw

私も裸眼だと辺りが見えないんで怖いですね( ̄▽ ̄;)
隣に人が寝てるとまた踏みそうで怖いです(・・;)
非公開コメント