キリスケの為の初めてのベース講座!! 応用編

スポンサードリンク



購入編

練習編

実践編

スラップ編


さ、いろいろやって見てみると曲を聞いてるとベースを注目して聞くようになってきてると思います。
すると出てくるこの悩み


「俺のベースの音と違う!!」

当たり前だ。

ピアノやサックス、またアコースティックギターなどは小さな違いはあれども音色はだいたい一緒。
しかし、エレキギターやエレキベースは様々な音色があるのだ。

最初に言ったプレベ、ジャズベの違いもそうだけれどそれ以上に音色を劇的に変える物がある。

エフェクターだ!



こんなの。

いろいろあるのでちょっと紹介してみよう。


歪み系
音を「歪ませる(ひずませる)」エフェクター。
ちょい悪な男らしいヤツだ。

オーバードライブ
ジャーンって割れたような音になる。










ディストーション
オーバードライブよりもさらに激しい歪み。
ギャーンって感じ。








ファズ
上の2つよりも癖のあるエグい感じ。









空間系


”音の響き”を作るエフェクター
ふんわりとかしゅぱっととか雰囲気作りが得なイケメン。

ディレイ
やまびこのような効果を作る。






リバーブ
広いホールで聞いているような残響を作る。カラオケとかにもよくあるね。
これを使うだけで上手に聞こえる。







モジュレーション系
”音を揺らす”エフェクター
ちょっと個性的でクセがあるけど、時にとんでもない効果を生み出す今風なヤツ。


コーラス
要はハモリ。






フランジャー
シュゴオオオオオオオオオオオオオ







フェイザー
シュワアアアアアアアアアアアアアアアア







トレモロ

ピピピピピピピピ






その他

ワウ

ワウワウっていうヤツ。
ペダルワウとオートワウがあるけど、ベースはオートワウが一般的。









コンプレッサー
音のサスティン(伸び)を変える。
いろんな使い方があるけど、あんまりいらない。





ピッチシフター
原音に対して、3度上、5度上など設定した音を鳴らして、ハモらせることができる。

オクターバー
原音から一オクターブ、二オクターブ上下・・・と設定した音を鳴らす。
普通のベースでは出せない音程を出すことも可能に。



イコライザー

オーディオとかにもついてる低音域や高音域などの特定の音域を伸ばしたり減らしたりできる。
ドンシャリを作ったり、ラジオ風にしたりもできる。




値段見たけど高いじゃねーか!!
そう思ってる人もいると思います。
その通りです。エフェクターってヤツは高いんです。

しかもタチの悪いことにこれらのエフェクターは一個で使う事はほぼありません。
いろいろ組み合わせて使うんです。
例えば、オーバードライブとワウ、ディレイを組み合わせたり・・

いわゆるプロと呼ばれる人はだいたい10個は持ってます。
あまり機材にこだわらない僕でさえ7,8個はあります。

貧乏だから買えない・・

そんなあなたに朗報!

これがいっぺんに手に入る物があるんです。


それが

マルチエフェクター

色々なエフェクトが使えるオールマイティなヤツ。まるで僕ですね。







価格もたくさんそろえるよりだいぶお安くできます。
ジュンさんもベースはマルチエフェクターを使ってるんだ。
なんせ沢山の種類のエフェクトはあるし、機能も充実しててチューナーがついてたり、ドラムを演奏してくれるリズムマシンがついてたりもするんだ!
僕は初心者も早めに買うことをお勧めするよ!





これを買って一歩上のベーシストになってみたらいかが?





さ、5回にわたって唐突に始まったベース講座。
キリスケにはなんかいいことしてもらわないと割に合わないね!


なんか質問あれば答えますのでコメントやなんかしらでコンタクトとってもいいですよ。


それじゃあ、頑張ってね!!








スポンサードリンク



コメント

おっけ

じゃあ、とりあえず服を脱いでもらおうか

これってギターでも同じようなことが言えますかね(*´艸`*)
なんだか途中で挫折したギターをもう一度やり直したくなりました♪ヽ(*´∀`)ノ
非公開コメント