スポンサーリンク

ナチュラルに恋して

ノブ「おい、なんかあの子たちがお前にアドレス教えてって言ってきたよ。」


とあるある日。
集まったらとりあえず飲むしかない、田舎のおっさんのような僕たちは相も変わらずダラダラと飲んでいた。

特に何を話すわけでもなく、いつもと変わらない状況だった。



その日そこにいたのはノブ、そして僕だ。
普通に飲んでいて僕がトイレに行ってる間に事は起きた。



ノブ「おい、なんかあの子たちがお前にアドレス教えてって言ってきたよ。」

ジュン「え?」
ノブ「ほら、あそこに座ってる。」
ジュン「あー、で?」
ノブ「本人戻ってきたら来るって。手ふってみ?」
ジュン「うん。おーい。」


僕はそのグループに手を振った。
20代前半だろうか。今風な子たちが2人で飲み会を開いてた。


ノブ「あ、来た来た。」
ジュン「ホントだ。」


女の子1「どうもー。さっきも聞いたんだけど・・・よかったら一緒に飲みませんか?」
ジュン「いいよ。」
女の子2「ホント!?やったー!」
ノブ「じゃ、横の席空いてるから動けるか店員さんに聞いてみる。」
女の子1「ありがとうございます!!」



最近の女の子は積極的だな。
そう思いながら一緒に飲むことになった。


ノブ「俺がノブで、こっちのがジュンね。」
女の子1「普段は何してるんですか??」
ジュン「普通に働いてるよ。」
女の子2「へー、どんな仕事??」
ジュン「うーん、ま。いろいろ(ちょっとめんどくさい)」
ノブ「英語だろ。」
ジュン「まあね。」
女の子2「英語話せるの?」
ジュン「うん。」
女の子1「へー!すごーい!!」

そんなどうでもいい会話が続いた。




女の子2「ちょっとトイレ言ってくる。」
女の子1「はーい。」


と、一人がトイレに行ったその時・・


女の子1「あのー、実はね。」


と片方が話を切り出した。



女の子1「あのね。あの子はジュンさんのこと好きみたいで・・・」
ノブ「あら、マジか。」
ジュン「へー。」
女の子1「よかったら・・・アドレスとか教えてあげてほしいんだけど。。」
ジュン「いいよ。」
女の子1「ホント!?喜ぶよ!!ありがとう。」
ノブ「お前も大変だな。ちょっと外出るとコレだ。」
ジュン「まあね。天下一だから。」
ノブ「何言ってんだ。」
ジュン「あ、携帯充電あったけなー。」

僕が携帯電話を取り出したその時。

女の子1「あ・・指輪・・・」
ジュン「うん?」

僕がしていた指輪を女の子が見つけたようだ。


女の子1「彼女いる??ごめんね!!」
ジュン「おらんよ。」
女の子1「だって指輪・・薬指に・・」
ジュン「これ、気に入ってるんだけど太っちゃってここ以外入んなくなったらここにしてるだけ。」
女の子1「そうなの?」
ジュン「今年入って5キロ太ったからね。」
女の子1「なんだー、びっくり!!」
ジュン「酒のせいかね。」
女の子1「そんなに太ってるカンジしないけどね。あ、ごめんあたしもトイレ行ってくるね。」
ジュン「はいはい。」




ノブ「・・・・・・。」
ジュン「あれ、トイレで話してるよな。アドレスOKだったよ!って。」
ノブ「・・・・・・・。」
ジュン「きっと全部あらかじめ決めてんだぜ。あたしが聞いといてあげるみたいな。怖いねー。」
ノブ「お前が怖い。」
ジュン「なんでだよ。」
ノブ「なんでまぁ、そうナチュラルに嘘つけるかな。」
ジュン「なにが?」
ノブ「彼女、いるじゃん。」
ジュン「うん。」
ノブ「で、なんでいないっていうわけ?」
ジュン「なんで?」
ノブ「お前・・・・」
ジュン「ま、いいじゃん。黙っとけよ。」







女の子1「ただいまー。」
ジュン「はい。お帰り。」


それからしばらく、飲んだ後これまた絶妙なタイミングで連絡先を聞かれた。


女の子2「あのー、よかったらアドレス・・・教えてくれませんか?」
ジュン「うん、いいよ。」
女の子2「ほんとですか?!やったー!」
ジュン「赤外線でいい?」
女の子2「はい!」
ジュン「はーい。」







女の子1「じゃ、ありがとねー!また飲もうねー!!連絡してね!」
ジュン「はーい。」
女の子2「おやすみー。」
ノブ「おやすみー」





僕らは彼女たちと別れた。

ジュン「どうする?もう一軒いかない?」
ノブ「いいよ。お前に話したいことあるし。」
ジュン「なに?」
ノブ「いや、後で話す。」
ジュン「なんだよ、言えよ。」
ノブ「どうするつもり?」
ジュン「何が?」
ノブ「あの子。遊ぶのか?え?」
ジュン「うーん。」
ノブ「あ、ちょい待ち。メール来た。・・・・なんだこれ?」
ジュン「なんだって??」
ノブ「”突然なのに一緒に飲んでくれてありがとうございました。すごい楽しかった!また飲みに行きましょうね”ってアレ??」
ジュン「メール早いな。」
ノブ「なにこれ?」
ジュン「お前のアドレス教えた。」
ノブ「なぜ?」
ジュン「いや、なんとなく。」
ノブ「なんでお前はナチュラルに嘘つくかな。」
ジュン「嫌だった?ごめんね。」
ノブ「いや、嫌じゃないけども・・・・。」





2軒目に入った僕ら。


ノブ「おい、また返信来たぞ。お前そうとう気に入られてるな。」
ジュン「おー、すごいね。」
ノブ「なんて返す?」
ジュン「任せるよ。」
ノブ「いやー、悩むなぁー。」





ジュン「いやー、まだ考えてないよ。」
店員「いや、だってジュンってフラフラするじゃん。さっさと繋がないととえらい目に合うよ。」
ジュン「とはいえ、今の子まだ2か月よ?」
店員「いいじゃん。別に。」
ジュン「それにオレまだ(当時)21よ?若くね?」
店員「俺結婚したの22だぞ。」
ジュン「マジかよ、その面で?」
店員「面関係ある?」


ノブ「なんの話してんの?」
ジュン「あ、帰ってきてたの。充電器売ってた?」
ノブ「ゲット。」
ジュン「メールしすぎなんだよ。」
ノブ「返信早いんだもん。あ、そうだ!お前携帯見てみ?」
ジュン「なんで?」
ノブ「なんかさ、”ノブさんのアドレスも知りたい”って言われてさ。困ったからお前の教えたんだ。」
ジュン「それはややこしいね。」
ノブ「お前が始めたことだ。付き合え。」
ジュン「わかったよ。ホントだ。来てるわ。」
ノブ「返信しとけよ。」










ジュン「いやー、それお前エグいだろ。」
店員「そうか??奥にあたるらしいよ。」
ジュン「あたるもんか?」
店員「あたるだろ。これくらいだろ・・・で、後ろからだからちょうどこの辺まで・・」
ジュン「ちょっと待て。どれくらいだって?」
店員「これくらい。」
ジュン「おい、おかしいだろ。ナマコかよ。」
店員「え?マジで?」
ジュン「普通こんなもんじゃない?」
店員「あー、どうりで・・。」



ノブ「なんの話してるの?」

ジュン「あ、帰ってきたの?」
ノブ「おう。」
ジュン「落ち着きないね。」
ノブ「すまんね。あ、そういやこんなメール来てさ。どういう意味だとおもう?」
ジュン「どれ?」
ノブ「”ノブさん大丈夫でした?ごめんなさいって伝えて!”」
ジュン「あー、それか。」
ノブ「お前なんてメールしたの?」
ジュン「ほれ。」


ノブ「”俺は彼女いるよ”っておい。」
ジュン「ん?」
ノブ「いないんですけど。」
ジュン「そうだっけ?」
ノブ「知ってるだろ。はー、なんでそうナチュラルに嘘つくかなー・・」
ジュン「まあまあ。」
ノブ「もしかしたら俺もチャンスあったかもしれないじゃん!」
ジュン「まあまあ。」
ノブ「まったくもー!!」








店員「はい、まいど!!」
ジュン「ごちそうさん!じゃ、後ろ向きっての試してみるね!」
店員「グッドラック!!」


僕たちは少し飲んだ後、いい加減帰ることにしてお店をでた。
同じ帰り道なのでしゃべりながら歩いていると・・


ジュン「おい、元気出せよ。」
ノブ「まったく。俺チャンスなくなっちゃったじゃん。」
ジュン「オレだって二度と会う気さらさらないよ。」
ノブ「そうなの?」
ジュン「おうよ。」
ノブ「そうなのか。」
ジュン「お前もナチュラルな恋の方がいいよ。見ず知らずの逆ナン女より。」
ノブ「そうかね。」
ジュン「ま、そのうちだれか紹介してやるよ。」
ノブ「マジか!サンキュー!!」


紹介する気なんてサラサラないのにナチュラルに嘘ついてノブを誤魔化し、僕らは帰りました。






スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

ナマコとは、エグいな。

海で釣りしててナマコばっかり釣れた日のことを思い出した。
重いしキモイし針外すのしんどいし良い思い出ない。

そんで、ジュンちゃんのナマコはイカほどのサイズなのかな^^
付け合わせはアワビでFA?w
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ