スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

スポンサーリンク

フェスティバル

今日は親父の誕生日です。



さ、8月4日。実は暦の上ではもうそろそろ秋なんですね。
しかしまだまだクソ暑いですしそんな予感は微塵もしません。

で、親父の誕生日とは一切関係ないんですけど、本日我が町横須賀市では盛大なお祭りが開かれました。

これね。

しかしあいにく私は仕事でしたので、職場からクーラーの効いた部屋でアイスコーヒーを飲みながらのんびり見させていただきました。下界は人だらけ。マジ不憫。

喧騒に包まれる町はもうそれはそれはお祭り騒ぎ。酔っぱらったオッサンが警官に怒られていたり、冴えない男が女ひっかけようと必死だったり、女は女でパンツ丸出しで酔って寝てたりしてます。マジ不憫。

昔からお祭りは男女の出会いが大きな目的の一つになっていることもあり、浮かれ気分とともに真夏の夜の夢を目指す若者であふれかえるのも納得です。

まあ、僕はそんなことやったら血祭りに上げられてしまうので大人しく浮かれムードの中愛車のスーパーカブで職場に向かうのです。


お祭りの話はいいとして、そんな中ちょっと思ったことがあります。

ほら、僕は非常に言いにくいんですがどっちかって言ったらモテる方なんですよ。いや、どっちかって言ったら。多分この世界でタマネギの次に泣かした女の数は多いです。タマネギ先輩半端ないっすね!

だからちょっとわからないけど、わりかしモテない人の方がなんか異性関係に関してはギラギラしてる気がする。
やはりそういう機会が少ないからこそ、必死になっているというか、しかも必死さが余計にキモいというか。
これはモテない人に限らず異性と関わりが少ない人にも多い気がします。

例えば運動部、それも特に野球部とか。
僕は軽音楽部というほっといても異性が寄ってくるような部活でしたから分かりません。高校球児の必死さったらないよね。
僕は周りにキャーキャー言う女の子たちがいるにもかかわらずベースをやっているタチバナくんと高校三年間の98%はホモホモしてたのに多分高校球児よりもモテてた。タチバナくんも同じくらいモテてた。

なんか一生懸命精一杯おしゃれしたり一生懸命面白いことしているモテないくんを尻目にダラコダラコしてる僕ら2人の方には必ず女の子が寄ってきてましたからね。
うちの学校、ロッカールーム兼談話室みたいなのが各クラス一部屋ずつあったんですけど、そこで一生懸命全然ない髪の毛にワックス着けてオシャレかましてる野球部の横で僕はタチバナくんのチンコにセメダイン塗って遊んでましたからね。それでも僕らの方がモテる。社会とは理不尽な物です。

しかし、そんなイモくさい野球部でも彼女がいたりあまり女など興味ないとか硬派な人はモテるんですよね。
つまりは「彼女欲しい」オーラがあまりムンムンでない人はモテてるってわけです。


これは野球部とかに限らず男子、女子高にも同じことが言えます。
それはもう異性触れ合うのなんて家族ぐらいのものですからそれはもう異性がいるだけでいろんなトコパンパンですよ。
僕は授業の一環で米軍の学校に少し通うことになったのですが、ともに行く人が近くの女子高の人でその人の高校に迎えに行ったり打合せしたりしに行くことが数回あったんですけど、
行くたびにそれはエライ騒ぎでしたよ。誰だあれは、男がいるぞ、と。
結局あっちこっちに手を出して・・なんてことはなく、大佐の息子のダニエルのチンコにセメダイン塗って遊んでたんですけどね。


それとは逆に、男子2女子8の高校が近所にありまして。
そこで行われたミスコンっていうんですか。要はイケメンコンテストみたいなのでダントツの一位だったモリ君と僕は友達でして。
僕がモリ君と友達になったのも、学生最大のお祭り、文化祭にまた別の友達を見に遊びに行ってたら
「超イケメン。友達になりませんか?」
と突然言われたのがモリ君でした。

で、結局校内をあちこち見て回ってても、もりくーんもりくーんと超モテるのにずっとオレと一緒。
挙句の果てに、文化祭の後という学生にとっては何でもできるチャンスなのに「ごはん食べに行こうよ」と二人でご飯食べに行きましたからね。クラスの打ち上げも行かずに。
会うたびに「マジカッコいい。」とつぶやくモリ君。
ちょこちょこ遊びに行くことも増えましたが、
ある日「ちょっと来て。」と僕を教室へ連れて行き、同級生の女の子に
「ほら、カッコいいでしょ。この前話したジュンくん」と言い紹介してくれるのかと思いきや、見せて終わりという意味不明の行動を繰り返します。


決してホモなんかではなく美人な彼女がいました。何度も会ったことがあります。なぜか三人で水族館に行ったことさえあります。そしてさらには「ウチに遊びにおいでよ」というので行ってみるとそこにはモリ君の両親とモリ君。そして彼女と僕という全く意味の分からないメンツでみんなで夕食を頂きました。
そんな彼女を別れてしまった後もモリ君は「別れたよ。」と僕に一番に報告し、そして二人で遊びに行きます。
クリスマス前には「だれか紹介してよ」と言ってきたので紹介しましたが、さすがのイケメンモリ君。あっさりその娘とうまくいって付き合うことになったにもかかわらず、なぜかクリスマスは僕と遊んでいるモリ君。でも決してホモなんかではありません。多分。

そんなイケメンモリ君。
さすがイケメンだけあって、知らない娘からもバンバン声をかけられます。
というのも数年前のこの例の市内最大のお祭り。僕と二人で行ったんです。
そこで
「よかったらこの後一緒にどこか行きませんか?」
と女子高生2人組に声をかけられてました。

しかし、なぜか断るモリ君。
なんてもったいないことすんだと怒る僕にモリ君は

「え?だって邪魔じゃん。」
意味わかんない。


なんだよ、せっかくのお祭りではしゃげたかもしれないのに!
とぷんぷん怒る僕にモリ君は「もういいじゃん!かき氷おごるから」
と結局最後まで二人でしゃくしゃくやってました。
さすがにモリ君のチンコにはセメダインを塗るのはちょっと怖かったのでやってません。

そんな数年後の今日。
僕はモリ君と僕は偶然会いました。僕の結婚式以来ですので数年ぶりです。
普通に彼女と例のお祭りに来てました。やっぱりホモではない。

そして仕事中。僕に入ったメール。
「次いつ会える?」

モリ君でした。
彼女といるのにどういうことだお前は。


そんなモリ君といい「ジュンくんがいるから別に彼女いなくてもいい」みたいな余裕がやっぱりモテる秘訣なんでしょうかね。
居なくてもいいやって感じだと案外すんなり異性も寄ってくるんじゃないですかね。



しばらくまたモリ君の毎日になりそうだ。










スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

そんなイケメンすぎるジュンさん会ってみたい

スーパーカブ!

俺も女の子に対してはギラギラしてないほうなんだけど、それでもモテないのはブサメンなせいですか、そうですか…。

愛車の名前は「サリーちゃん号」で決まりですねっ♡

No title

まーなんというか

なんだかんだゆうても結局外見一番とゆうことですね

わし負け組orz

バイでしょう

セメダインしたらどうなるの?(素朴な疑問)

俺といつ会える?
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。