年の功。

スポンサードリンク



昨日のパンツ記事を上げてから私のもあげますっていう頭の狂ってる方からの反響が大きかった。転売するわ。ちょうだい。

それで今日は仕事終わりに珍しい友人からお誘いが。残念ながら今日は違う用があったため別の日に浦賀に釣りに行くことにしましたが、それで一つ思い出したのでその事件を。

登場人物
ジュン 僕です。アンパンマンです。
コーヘイ 地元の友達。いろんな「モノ」を紹介してやった。
としえさん 年の功。いろんな事をしってる「はず」です。



「ジュン、誰か紹介してくれない?」

いきなり僕にそういってきたのはコーヘイだ。
「別にいいけど?どんなの?」
「とびきり!!」

そんな下世話な話をしてます。

コーヘイはなんか最近つまんないから女の子を紹介して欲しいと僕に言ってきた。
普通に友達だし、まぁいいよっと言ってとりあえず飲みに行き普通に上手くいったそうだ。

数週間後。

「ジュン、誰か紹介してくれない?」

いきなり僕にそういってきたのはまたコーヘイだ。

「え?こないだの子は?」
「いやー、アレっきりでさ。」

なんだよ。せっかく紹介してやったのに。

「しょうがないな、ちょっと探しとく。」

後日、僕の紹介で会った二人は普通に上手く行ったそうだ。

数週間後

「ジュン、誰か紹介してくれない?」

いきなり僕にそういってきたのはご存知コーヘイだ。

さすがに僕は
「あ?またか!どういうことだ!」

「え、なんか退屈だから。」
「でもこないだから全然日も経って無いじゃん。付き合いたてで今一番楽しいんじゃないの?」

「え、何言っての?付き合ってないよ?」

ん?



遊び相手か。

おい、オレの知り合いに何してくれる。

「はー、大体俺彼女居るし!」

ん?

居るの?
凄く悪いことしちゃったじゃん。僕。

「なんだ、彼女が欲しいかと思った?いらんいらんwwあんなもんめんどくさいww
だいたいね、俺はいろんな経験がしたいの。経験値を貯めたいの」
と彼女が居るにしてその言い草。

ちょっとこいつは懲らしめなくてはならない。
このままではいけない。
妙な正義感が胸を突き抜けました。

僕はね。人の事言えたもんじゃないですが、信じてくれてる人を裏切ってはいけませんと思います。
そう、悪人には制裁を!アンパンマンみたいなものです。僕の場合、頭の中身はアンではなくミソですが。


「じゃあ、いい店あるから紹介するよ。ちなみに優待券があるからお金はいらん。」

「マジで!行く行く!!あなたが神か!」

コーヘイはノリノリです。


そしてコーヘイは僕の紹介するお店に行くことに。


その日の夜、僕のパソコンの検索履歴には「熟女 ソ○プ 五反田」「熟女 ヘ○ス 高田馬場」などの文字が並びました。


当日。



僕は必死に探し、挙句のはてにネット予約ネット決済までして準備しました。正直高かった。優待券とかウソだし。実費だし。
指名はとしえさん。この道10年超えのベテランです。経験値も豊富。
AプレイOK!!!とか書かれてます。何のことかは、わ か り ま せ ん が 。


看板でばれてはまずいので看板も「熟女」とか掲げてないオシャレな感じのを現地まで行きリサーチしました。



現地へ向かっただろうコーヘイ。
そしてその後コーヘイから電話。

「マジで勘弁してくれ。」


聞いたところによると、入って5分で臨戦態勢だったコーヘイの石川県は瞬時に千葉県になったって言ってました。

しかし、さすがの経験あってか触られて5分でまた石川きたとか言ってます。なんか楽しそうで良かった。
さすがにね、AFはいかんよ、中指は痛かったとか言われましたが僕には何のことかは分かりません。オートフォーカス?

とにかく少し反省した様子で
「ちょっと控えます。スイマセンでした。」とか言ってました。
後から聞いた話ですが正直としえさんのテクが凄すぎて他のヤツが物足りないとかいってました。


また、一人の少年を立ち直らせた僕は満足して帰路に着きました。


変な性癖に目覚めさせちゃいましたが。

スポンサードリンク