口を石鹸か何かでゴシゴシ洗ってやりたくなる

スポンサードリンク



前回、いろんなコメントをいただきました。


ほぼ一番最初から読んでるとか、こんなブログ読んでないでなんかもっと生産性のあることやれよとか思っちゃいますが、そんな僕は書いてるのでもっと時間かかってるわけなんですね。
まあ、僕の場合は皆様の笑顔を生産してますけど。してるよね?


と、読んでて分かるように僕が非常に口が悪い。
思ったことを言っちゃうというか人をバカにするのが大好きでして。
いや、本当に嫌いだから悪口言ってるわけでは無くてですね。好きだからこそからかいたくなっちゃうんです。

嫁さんの事も普通に「変な顔ズっていうバンドでも作れよ」とか言ってますし、普通の健気な少女わーちゃんを「アバズレ」と罵り、激おこされるなど、僕は人を罵倒するのが大好きなんですね。


別にドSって言うわけでもなくて、いや性的にはドSなんだけど、言葉で攻める趣味はないものですから罵倒するのが快感ってわけではないんですよ。泣き顔は好きだけど。
ただ単純に口を開けば暴言が出てきてしまうってだけで、悪気はない。

よく言われるのが
「自分が言われて嫌なことを言うな。」
そう言われるんですけど、困った事に僕って言われてもあんまりムカっと来ないんです。
いや、ムカっとは来るけど言い返して終わり見たいな?結局僕が悪いんですね。


でもね、さっきも言ったように嫌いだから悪く言ってるわけではなく、むしろ嫌いな人には悪口言いません。
僕が直接悪口を言う人は、本当に好きな人、気に入ってる人、仲良くしたい人なんです。

例えば飲み会とかで

「これ美味しいよー。」と箸であーんしてきた女の子がいるとしますね。

仲良くしたいなーって子には
「いらない、気持ち悪い。」と言って泣かれます。

興味ない子には
「いらない、気持ち悪い。」と言って泣かれます。

結果両方泣かれてますが、違うのよ。
上は「いらない、気持ち悪い。(そんなこと言わないで食べなさいよ!えーい!って言って!)」
という意味合いでして
下は「いらない、気持ち悪い。(さっさとそれ食って帰れよブサイク)」
見たいな意味なんです。分かるかなー。


正直、初対面だったりすると分かるはずもないです。

「いらない、気持ち悪い。」と言われれば、傷つきますよね。当然。

なのでいい加減、この口の悪さを直そうと思ったんですけど、
困ったことにね。悪口使えないと僕会話できないんです。

試しに弟とモンハンやりながら試してみたんですけどね。


僕「よし、今だ。倒せ。」
弟「あ、外した。」
僕「何やってんだよ!このタコ!あっ。」
弟「よっしゃ、兄ちゃんの方行ったよ。」
僕「よし、ブチ殺してやるわ。」
弟「逃げられてんじゃん。」
僕「うるせぇな、こいつ倒したら次お前を剥ぎ取ってやるからな!あっ。」
弟「よし、爆弾で・・。うわー当たんねー。」
僕「何やってん・・・・いや、気にしないで!次のチャンスを待とう!」
弟「なに?バカにしてんの?」
僕「えっ?」


ダメだ。つい出てしまう。
というより、弟は暴言を吐かれても気にせず逆に優しくしたらバカにしてんのかと思ってしまう。


もうね、きっと僕は他人を褒めてもバカにされてるんだと思われてしまうようになったしまったようです。




僕の「へんなかお」の暴言は「愛してる」のサインだと思って下さい。


スポンサードリンク



コメント

なんで!なんで最近わーちゃんなんですか!なんで!なんで!なんで!

あまのじゃく…
非公開コメント