100円玉で買えるぬくもり

スポンサードリンク



消費税上がりましたね。っていうか上がるのが決定しましたね。

僕ら消費者にとって、消費税の増税ってのは
僕らがお金を使うものにはほぼ消費税というものがかかっていますので、
3%の増税は実質収入の3%減と考えていいと思います。厳密には違いますけど。

例えば、月給が20万円の人なら月6000円ほどの税金を払わなくてはならないというわけです。

簡単に説明するため極端なこと言いましたけど、つまりはそういうことです。
でもって、さらに僕が問題だと思っているのが「消費」の減少。

例えば、缶コーヒーが消費増税を受け130円に値上げしたとします。
この値上げっていうのは人間の心理に安易に影響を及ぼしやすく、「値上げしたから買わない」という選択をしやすくなるのです。

そうなることによって、どういうことが起こるかというと、コンビニを例に挙げると
消費者、つまり僕らはコンビニに行くとします。
もちろん消費税が上がったから僕らがコンビニに支払うお金は増えます。悲しいですね。
しかし、値上がり分は税ですのでコンビニの売り上げは増えるわけではありません。
しかも、値上がりしてますので消費者は「おつまみは1品減らそう。サラミはあきらめよう。」と思うようになります。
するともちろんコンビニの「利益」は減ってしまうわけです。悲しいですね。

そんな単純な話ではありません。
僕らがサラミをあきらめた分、コンビニの利益が減るということは
ファミリーマートの会社が儲からなくなります。
会社が儲からなくなるということは、給料が減ります。悲しいですね。
給料が減るのでファミリーマートの社員さんたちもおつまみのサラミを諦めたりもします。
すると、そのサラミを売っていたサークルKでも同じことが起きます。


これが消費の冷え込み。景気の悪化というわけです。

安部首相は「物価を上げ、景気をよくする。」と言ってましたが、
もちろん、アベノミクス効果で景気はたしかに上向きになっています。
しかし、それは天の上の人の話。
僕らのようにサラミを買うかどうか悩んでいる人には、景気の良さなんて全く実感できていません。とりあえず今のところは。
だから、今消費税を上げてしまうと、サラミ代を節約してしまう。つまりコンビニが儲からない。給料がよくならない。さらにお金を使わなくなってしまう。経済にお金が回らなくなる。→不景気
となる、と思うのです。

僕は経済の専門家でもなんでもないですが、僕は消費税が上がろうと景気がよくなっていようとも、給料は目立って増えてませんので実際にすこし消費を控え節約しようと思います。そういった人も多いのではないのでしょうか。


こうは言っても増税は別に反対ではないんです。
それで景気がよくなるなら、いいでしょう。
確かに、「日本という国」をよくするためにはお金が必要です。
しかし、国民から猛反発を受ける身近な消費税を上げるんじゃない、と言いたいところ。
節約志向が強まり、消費は減り、景気は悪くなる。つまり「アベノミクス」は終わるでしょう。

かといって住民税やその他をあげるわけにいきません。もうすでに上げてしまったのだから。
他に上げるとこがないから消費税を上げる。政府の苦肉の策でしょう。


僕らがサラミを我慢している反面、一日ン万円する所で飲んだりしている人も居ます。
もちろん、消費増税を提案、賛成してる人達もおそらくその手の人間でしょう。
こうなると、もちろん反感は買わないわけないでしょうね。

僕らのなけなしのお金をむしりとってる間にも金持ちどもは豪遊していますが、それを気にしていると暗くなる一方なので、僕らは僕らなりに、たまりコンビニで缶ビールとサラミを買ってささやかな贅沢でも楽しめるように頑張りましょう。




そこで、こんな話。

僕は非常に缶コーヒーや缶ビール含むお酒をよく買う。
でも僕の家には結構高いコーヒーメーカーやエスプレッソマシンがある。お酒もちょっとしたバーと同じくらいの品ぞろえのお酒やウイスキーもある。
もちろん、それらは100円そこらの缶に比べて品質も段違いにいいはずなのになんか買っちゃう。
まあ、作るのがめんどくさいからって理由で手軽な缶を買うのも理由の一つなんだけど、
お金も100円といえど頻繁に買っていたらもったいないし、おいしいものが家にあるのにわざわざ缶を飲む理由がわからない。と言われたこともある。

でもね、なんかわからないけどそういった「缶」を買って飲む。というのは、僕の場合「飲み物」が欲しいからではなく、そのシチュエーションを楽しむために買ってる気がする。

例えば、仕事帰り。冬。
今は無き駅のホームの喫煙所で買った缶コーヒー飲みながら一服しつつ電車を待つ。
この時に飲む缶コーヒーって最高にうまい。

家で缶コーヒーを飲むときは僕の場合だいたいが朝。
きっと嫁さんがコーヒー淹れてくれていたらそりゃあもうおいしいんだろうけど、あの人そんなことしてくれませんので、眠い目を擦りつつ僕は家の目の前にある自販機へコーヒーを買いに行きます。

そのあとインターネットを見たりメール見たりしつつコーヒーとタバコで目を覚ますんですが、その時の缶コーヒーもうまいんですよね。不思議と。

逆に、家で作業しててうまくいかずイライラクサクサしながらパソコン脇に置いてある缶コーヒーを飲むこともあるんですけど、おいしいと思ったことがない。


お酒もそうだ。
バーベキューしながら飲む缶ビールのおいしさったら。夏の暑さで少しぬるくなってしまっているにも関わらずあれがうまいのだよ。


昔、海外で飲んだビールがめっちゃ美味くて日本帰ってきてから輸入して飲んでみたら案外そうでもなかったみたいな経験もありますし。やはり缶の飲料ってのは味よりも「飲むときの雰囲気」にかなり影響を受けやすいのではないのかと思う。

逆に海外の人は「日本の缶コーヒーは超ウマい。」ってよく言われる。彼ら曰くこれがあればカフェは商売あがったりだろって言う。
でも日本のスタバはじめカフェって雰囲気を楽しむためにあると思う。スタバにいる人の大半はスタバのコーヒーをウマいなんて思ってない。
あそこにいるのは「スタバで勉強してる俺オシャレな学生」と「スタバでmacで俺インテリなスカシ」と女子高生の生足の足組んでる様子を見に来た僕しかいない。少なくとも僕の地元には。

例えばスタバでコーヒー飲みながらmacカチカチしてるのって今でこそ、アホのやることと思われてますけど、確かにインテリに見えるし、オシャレだし。
でも僕もスタバより捗る家で、外国人曰くスタバよりうまい缶コーヒーを飲みながらmacなんかより遥かにハイスペックなパソコンで作業してますがおしゃれーなんて言われたことありません。それどころか目も当てられません。やってることはジャズの作曲っていう超オシャレなことしてるのに。


とにかく!
そんな庶民の息抜きの缶コーヒー。
値上げなんてしたら許さないんだからね!安部ちゃん覚えとけ!




スポンサードリンク



コメント

天の人は感覚おかしいから。

「カップめんの値段?400円かな」と言った天の人がいましたね。
毎晩高級バーに通っているとか何だとか。

こちとら昼飯に120円のパン買うか
135円のパン買うか悩んどるっちゅうに。

ここで重要なのはFu俗通いの男性さ。
「え!?値上げしちゃうの!前は6回行けたのに今度から5回しか行けない!!」
ってなるわけですよ。

客引きが激しくなりそうだぜぃ!(^O^)/

地方は、アベノミクス感じてません。
少なくともあたしは。
給料下がるのに税金上がるなんて、これからどうすればいいのか´д` ;

販売の仕事なので、隈さんの言う通り120円のパンより135円のパンを買ってもらいたいのに。
決定したものはブツブツ言ってもしょうがないけど。はぁ=3

時々思う

ジュン氏、年齢若いわりにはビミョーに昔を知っている。
年齢詐称してる?(笑)

ちなみに、今日(正確には昨日)、高島屋で777円の生サラミ買いたかったけど、高価なので買えなかった事とリンクしてて思わずコメント入れました。

No title

増税すると延滞率増えるでしょうねー

んで税収が更に悪化する・・・という
上の人レベルでも 結構大変なことになりそうかも

No title

自営業は大変だよ・・・(T ^ T)
非公開コメント