Girls friendship

スポンサードリンク



世の中には信じてはいけないものが二つある。

それは「どこでも切れます」と「女同士の友情」だ。

どこでも切れますはヤキソバのソースなり寿司についてる醤油なり。
あれ絶対切れないよね。

女同士の友情に関しては、僕は男だ。だからこそその実態はイマイチわからない。
しかし、話を聞いている限りでは女同士の友情なり結束ほど疑わしい物はない。


逆に男同士の結束と言うのは岩のように固く、突然友達の彼女かなんかに
「私の彼氏が今週末帰ってこなくて、あなたの家に泊まっていたと言っているんですが本当ですか?」
と聞かれれば、例え事前に知らされていなかったとしても

「はい!本当です!」
と答えるだろう。


僕が思うに、女性の結束と言うのは「負の力」で結ばれている。
まるで冷戦のように「被害を受けない為」に結束しているのだ。

女性間では「マイオリティ」すなわち「少数派」というのは圧倒的に不利になる。1人なんてもってのほかだ。
それを証明するに、女性と言うのは学校や職場でもトイレに立つ時やどこかへ買い物に行くとき、食事に出る時など必ず「私も行くー。」と誰かしらについて行く。また「○○行くけど行く人ー」などと同行者を求めたりもする。
これはすなわち、残されたものつまりは「少数派」に入るとすかさず悪く陰口を言われるから、またはそれを恐れて避けているのだ。

逆に男の結束は「正の力」で結ばれている。
共に結束し、お互いのメリットになるようにしている。

そんな負の結束で結ばれた友情は非常にもろい。
先月まで仲良く話していると思っていたら手のひらを返したように「嫌い」という。
酷い時など5分前までに仲良く話していたと思っていたらその場を離れた瞬間に「ウザい」と言ったりもする。

逆に正の結束の男性の友情は敷居は低いが非常に丈夫だ。チンコの話一つで50年は仲良くできる。まさに性の結束。



そんな事実がふつふつと実感出来たのがついこの間。
登場人物を整理すると

僕 女A、女B、彼氏Bの友人 
女A 女B、彼氏B、僕の友人 僕と彼氏Bとが5年の付き合い
女B 女A、僕、彼氏Bとは2年の付き合い
彼氏B 女Bの2年の付き合いの彼氏、僕と女Aとは5年の付き合い
女C 女Bの友人。僕や女Aとは面識がない
彼氏C 彼氏Bの友人 僕は面識がない

このフォーマット懐かしいね。


さてさて、とあるある日。
僕は女Bから相談、というか愚痴を聞いた。
彼女の語るに「女Aはそういうのどうなのって思った。」と怒っていた。
そもそも「そう言うのどうなの?」って言われることが大嫌いというか意味が分からないワタシですが、
男らしく黙って終わるのを待っていたが、要約すると

女Aはある日彼氏Bと男友達数人でボーリングに行った。そこに僕と女Bはいなかった。
帰って来た彼氏Bに話を聞くと女性は女Aしかいなかったそうだ。
そして「それってどうなの?」って事らしい。つまりは嫌なんだそうな。

僕も彼氏Bや女Aとは5年の付き合いなのでこればっかりははっきりと言えるが「下心は100%ない」。
しかし「女Cちゃんもヤダって言ってる。」とのことだ。出ました。

しかし、女Cは女Aの事を知らない。すると嫌だってのはちょっと分かる。
でも女Bは女Aと2人で出かける間柄。そして良く遊ぶグループの1人だった彼氏Bといつの間にかくっついてたパターンだ。
もっと簡単に言うと友達の女Aの友達の彼氏Bに手を出しているわけで彼女になったからと言って女Aと彼氏Bの友人関係にとやかくいう権利はないと思うんだ。
それに女Aと女Bは仲良くしていて、女Aのグループに入れてあげた、というような形なのだ。
つまりは女Aがいなければ彼氏Bとは出会っていないだろう。

女Aの事はとてもよく知っているが、身近に手を出すようなタイプではなく僕としては仲良しグループの彼氏Bに手を出した女Bの事は擁護できない。
付き合うこと自体はなんとも思わないが、こちらの交友をあーこー言ってほしくないのだ。

そして極め付けが

僕(25)女A(26)女B(40過ぎ)彼氏B(40過ぎ)女C(20後半)彼氏C(20後半)

という事実なのだ。



もうはっきり言ってオレは「まるで興味ないでしょう。」状態なので詳しい話は頭にまったく入っていませんが、
女同士の友情なんてそんなもんか。と改めて思いました。




世の中には信じてはいけないものが二つある。

それは「どこでも切れます」と「女同士の友情」だ。


簡単に切れるのは女同士の友情の方かもしれない。

スポンサードリンク



コメント

No title

え、それって友情が成立してるとは思えないんだけどwwwww
でも40歳女性、かわいい嫉妬心と思えば、やり過ごせなくも…



無理か…

そうですね、女性は群れる生き物ですな。
自分が好きなものは、友達みんなも好きでもらわないとならないという、わけのわからん暗黙のルールがありまして、
以前お付き合いしていたグループで、みんなが大好きだった外国人の俳優さんが、自分には生理的に受け付けないタイプの方だったので
「カッコいいよね!」の問いかけに「あー私はダメだわ、ゴメンよ」と答えたら大変なことになりました。
少数のグループでも、そのうちの一人が大好きだったヴィジュアル系バンドが嫌いだった自分は、今度はあいまいにでも遠まわしに好きではないをアピールしてみてたのですが、ふとした時に当人のいないでも同じグループの女がいる場所で、バンドが嫌いだと言ったら、やっぱり大変なことになりました。
当人がいなくても他の人間相手でも本音言えないってバカじゃないの?同じ穴の貉なわけかと。
それ以来、皆も一緒のようなグループは嫌いです(ほんとにひでーめにあった)

女性で群れないタイプというのは、キチガイか群れることに重要性を求めないタイプかのどちらかがいまして、
後者の場合、だからといって群れるのが嫌いなわけではないので、自分に都合があう時に、気ままに集合するという習性がありますよ。
そういうのは大抵、群れ群れタイプからは嫌厭されるかハブられますけれども。八方美人にうまく渡り歩いてる子もいるけど(自分にその才能はなかった)

そんな感じで、個々にマイペースすぎるのが10人程、友情なのかよくわからないような関係を20年ほど続けていたりします。
おかげ様で、女性同士で揉めることというのを経験したことないし、男性ほどの熱い友情はありませんが、ゆるーく…ほんとにゆるすぎる友情を築いている気がするwwwww
はっはっはっはw
でも女の自分でも、「女の友情」というのは基本的に信じてはいけないと思うよ

私も蒸れないタイプ愛用群れないタイプだけど。

恋愛相談を自分の子供の年代にする女性は○○かと思いました。

そして、全く頭に入らなくも付き合ったジュン氏は優しいか敬老精神に溢れてるのかのどっちかと思いました(笑)
非公開コメント