スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新記事

スポンサーリンク

ラウドガール

ちょっとマニアックな音楽の話。

登場人物
ジュン 僕です。メタルファン。
ちかさん 雑貨屋さんで働く女の子。ラウドパーク10に一緒に行きました。



さかのぼる事、去年の10月。
今年もやってきたぜ!

LOUDPARK!


簡単に言うと日本最大のメタルのフェスであり、かのOzzyOsbourneも来るということなので、
毎年行ってるの僕は当然行くことにしました。

そんな話を何気なくちかさんにしたら
「行きたい、連れてけ」
と、言うではないですか。僕とメタルの間に入るとは、言語道断である。
「やだ。」と言ったらはたかれました。

これ以上はたかれるのは嫌なので、素直に連れて行くことに。

1ヶ月以上前から「ラウドパーク!ラウドパーク!」って騒いでた。うるさいよ。


当日。



来ちゃった



ラウドパーーク!

僕のテンションは最高潮。
でもちかさんはもっと興奮してる。
「なんか飲む?」
「あおうーーーっ(Ozzyのマネ)」
「お腹空かない?」
「あおうーーーっ(Ozzyのマネ)」
「オレさ、とりあえずChthonicとHELLYEAHとTurisasは見たいんだ。どれみたい?」
「あおうーーーっ(Ozzyのマネ)」

話にならない。
グーで殴った。

そんなやりとりを2時間ほど続け、現地入り。

まっさきに向かうや否や、いきなりジャックコークを3杯ほど飲んでました。


最初に見たのは台湾のブラックメタルバンド、Chthonic



このバンド、女の子ベースの「ドリス」が大人気。
当然、僕もドリスを見たかったのでドリス前あたりに居たのだが、演奏が始まると同時に

「ドーリス!ドーリス!」
の声とともに押しのけられた。

チッ、誰だよ。ったく!
と見るとそこにはちかさんが。

「ドーリス!ドーリス!ドーリス!ドーリス!」

誰よりもドリスに向かって猛アピール。
僕は大人しくフレディさん(ボーカル)のほうへすうっと消えました。

帰ってきたちかさんは腕に青あざをこしらえて、
「ドリス可愛かったね。」とはしゃいでた。楽しみすぎだ。
終わるとバースタンドへ走り出し、またもジャックコークを飲んでました。

そして、ちかさんはDir En Greyを見たい。と言い出しましたのでそのままアリーナで待機。
その間にやっていたAmonAmarthを見て
「おう、きったねぇ」とつぶやいてました。


そして、ちかさんのお目当てDir En Grey。
キャーキャーいいながら前のほうへグングン進む。
その後ろを僕は
「あ、すいません。あ、すいません」といいながら進む。

「京さんだ!ほわぁー!全然声でてない!」
とわーわー騒ぐは暴れるはで大変でした。

「この曲のサビの後、クシュン!てくしゃみしてるみたいだよね」
と1つの曲の途中でいきなり言い出す。
なるほど、確かに。



「ホントだ、聞こえ・・・」
いない。

「ここが真実だー!」

前のほうで楽しそうにはしゃぐちかさん。
後ろのほうで僕はただ見てた。

「ヒャッハー!」
大柄な男どもを掻き分け前へグングン進む。

ライブが終わると、
「いやー、楽しかったぁ~」
と満足気に帰ってきました。
腕にたくさんの青あざをこしらえて。

帰ってくるなり、ウォッカを煽る。
「酒が上手いぜ」
そう、男らしい台詞を吐いた後、オレの分までグイっと飲み干した。返せ。


僕はHELLYEAHが見たかったのでとりあえずHELLYEAHを見に行きました。

帰ってくるとぐでーんとしてるちかさんが。

「どうした!?」
「飲みすぎちゃったー」

「ったく、何やってんだ!水買って・・・」

いない。



「コリー!コリー!!」

今までぐったりしてたのに急に走り出し向かうはStoneSour。

「わーコリー!」
屈強な男達をバンバン払いのけ、どんどん前へ。

やっと追いつくと


泣いてる!!!

「何!どうした?」
そう僕が聞くと
「Through glassが聞けて幸せなの。」


あー、そうですか。

「ねぇ、コレってどういう意味?」
そう聞いてきたちかさんに
「グラスを通して君を見ると・・」
と説明すると

いない。


「トゥギャザー!トゥギャザー!うぃっうぇ!トゥギャザー!ほーい!!」
また前のほうでこれまた屈強な男達とTogetherしてました。英語わかんないくせに無理矢理歌う。
オレ、いらんのちゃう?


「はー、コリーカッコいい!」
満足そうにちかさんは帰ってきました。腕にたくさん青あざをこしらえて。


ちょっと休憩がてらに喫煙所に向かうと楽しそうにジャックコークをもって現れました。
横目にハルフォードを見て
「マジでつるつるだった」
と素直な感想を述べました。


最後、KORN。
僕は割りと好きなので見て帰りましたがなんだかご不満なご様子。

「ぽくてーやらなかった。聞きたかった・・」
「はい?」
「だからぽくてー!!」

ああ、アレの事ね。



2日目。

前日、あんだけ飲んでたしちかさん平気かな?と思ってましたが。

「バトール!バトールメタール!」
といきなりトップギアでした。

そして会場に着くととりあえずジャックコーク。そしてまたジャックコーク。おい、お前まだ午前だぞ。

「飲みすぎじゃない?」
「バトール!バトールメタール!」
「聞いてる?」
「バトール!バトールメタール!」
「おい、聞け。大丈夫?」
「バトール!バトールメタール!」

もういいや。


そして僕らの最大の目当てだったTurisas。

横でちかさんは
「バトルメタルやるかな!ラスプーチンやるかな!ライライライライライ!」
とはしゃいでましたが僕自身楽しみでワクワクしてたので無視してると

「バトール!バトールメタール!」
「バトール!バトールメタール!」と叫び始めました。

するとそれにつられまわりのTurisasファンが
「バトール!バトールメタール!」
「バトール!バトールメタール!」
と続いて騒ぎ始めた。

「ちょw恥ずかしいww」
「バトール!バトールメタール!」
「止めろって」
「バトール!バトールメタール!」
「おい!」
「バトール!バトールメタ!わー!!」

Turisas登場!

「アコーディオンの子めっちゃ可愛い。」
と僕に言ってくるので

そうだ、2日も一緒に居るしコレはちょっとコマシてやるか。とおもい
「ちかさんだって可愛・・・」

いない。

「ライライ!ラスプーチン!ライライ!ラスプーチン!」

前のほうで騒いでた。


ちょっと機嫌の悪い僕のところへ戻るってくると
「何してんだ!戦え!」とはたかれました。意味が分からん。

パパパパー!!
例のファンファーレが!

「バトール!バトールメタール!」
ちかさん暴走。
細い腕を振り上げさけぶちかさん。

「バトール!バトールメタール!」
「バトール!バトールメタール!」
「バトール!バトールメタール!」
「バトール!バトールメタール!」

ちかさんのまわりでモッシュピットがおきた。←




「しゅしゅしゅしゅー」
と吹けないくせに口笛でイントロを吹きながら帰ってきました。腕にたくさんの青あざをこしらえて。おつかれ。

その後も飲んでは暴れ、Angra見ては飲んで、Motorheadを見ては「レミーだ!怖い!」と騒いで飲んで・・・・
ちょっとトイレいって帰ってくると床に座り込んでスモークターキーを両手でバリバリ食ってました。ワイルド。


とうとう来ました。
大トリ。

さすがにそうとう酔ってるちかさん。
ペタペタ歩いてステージに向かう。

でもそう、大トリはあの人。

OzzyOsbourne!!

「オジー!オジー!」
もう、もげちゃうんじゃないかってほど騒ぐちかさん。
「あおうーーーっ(Ozzyのマネ)」

うるさい!

そんなことを言ってるうちにオジー登場!

「オジー!!キャー!!」

5秒ほどで居なくなりました。

「バカだもーん!!」
ちかさんはあいもかわらずはしゃいでます!



「バカだもーん!!」

オジーとともに歌っております。

オジーのマネをしてぴょんぴょん跳ねるちかさん。
はっきりいってちょっと可愛い。

あーもう。

そんなモヤモヤを胸にちかさんを見ると

泣いてる!!!


なんだ!


「ミスタークラウリーが聞けて幸せなの。」

感動の涙を流すちかさん。

あーもう。

涙を浮かべるちかさんにモヤモヤしてると

「クレイジー!!!」

「あいあいあいあいあいあいあいあいあい!!」


あの名曲が始まるともうあっちいっちゃいました。
お前もだいぶクレイジーだ。




「はっはっはっはっはっはー!」
高笑いをするオジーになぜか対抗して「はっはっはー!」と笑ってます。

そんなこんなで楽しかった2日間も終わり帰りの電車の中。
ライブ中はあんなだったし、ちょっとコマしたるかー!と思ってたらずーっとグーグー寝てました。

とにかく、楽しんでもらえたようで光栄でした。


あーもう。














スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

カテゴリに「チカ」がなくなった。

ジャンルが変わった。整理整頓が好きなのですね。

チカ、ってこのチカさん、じゃないですよね

増えて見辛いとの声があったので。

あ、同一人物です。
この記事を書きたいがためにこのブログを作ったのです。

告白ですね!
ある意味このブログをチカさんに捧げる、的な!!
素敵です!

私もチカさんみたいな人が近くにいたらいいのになあ。

今年はラウパ、誰が来るんでしょうね。
スリップノット来てほしいです!
ダウンも来ないかな!

チカさんへのオマージュ

オマール海老

飲み会、気をつけてくださいませ

うふ

チカさんは彼女なんですか?(#^.^#)

Re: タイトルなし

> チカさんは彼女なんですか?(#^.^#)
太鼓持ちです。

チカさん素敵。
類友ですね

ウォッカを飲みほしモッシュを起こす雑貨屋さんの可愛い女の子…
チカさん素敵過ぎる!
一緒に居るジュンさんの様子がリアルに想像出来て、ジュンさんも可愛い過ぎる(笑)

このエントリ大好き

ジュンさんのおかげで メタルが好きになってきました^^

Re: タイトルなし

> ジュンさんのおかげで メタルが好きになってきました^^
よっしゃー!!今度いろいろオススメしたげる!

お初です

わはは! 最高っす!!

町田巡査も良かったけど
このエントリ 泣ける程笑いました
昔 ジャンルは違うけど
おんなじ様なことやってたので…
ライブ行きてぇ~!!!
おじーは最高です!!!

今遡って 読んでいるところです
RSS登録しちゃいました(笑)
音楽ネタ 待ってます!

このエントリ2度目です

改めてPV見直しました

Through Glass
PVのつくりがすごいですね
あれだけ歌詞を繰り返されて
Who are the stars? Who are the stars that lie?って
最後に叫ばれたら 切な過ぎます
この曲好き

Say you'll hant meも歌詞がたまらん
I will give you everything…
着いてくぞ(笑)

Rusputinは 最初のギターリフが好き
ロマ(ジプシー)みたいなサウンドが気に入りました
Battle Metalも 進行がとてもきれい
Turisas 好きになっちゃいました

一言で メタルって言っても 色々あって
すごく勉強になります

でも オジーはさすがに老けた…
申し訳ない
学生時代に ブラックサバスを聴いた衝撃は
今でも忘れられない

バカだも~ん!!
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。