夏の夜のグレースビット

スポンサードリンク



死ぬ。

久々に更新したとおもいきやいきなり「死ぬ」とはどういうことかというと、
私、慢性的な扁桃炎を持ってまして、一年に4,5回生死を彷徨うほどの高熱とイガグリをそのまま飲んでいるような喉の痛みに襲われるのです。

前回は2月。そして今回はただ今絶賛発病中なのです。

この病、かかったことのない人からすると「喉痛いんでしょ?うがいして飴でも舐めてろ」みたいな事を思われがちですが、
かかったことがある人からするとマジで辛いんです。

普通に40度を超える熱も出ますし、水を飲むのすら辛い喉の痛みがありますし。
例えるなら1年のウチに4~5回、インフルエンザにかかるのを約束されているようなものです。

今では熱も下がり、喉の痛みも硬いもの以外なら食べられるほどまで回復しました。仕事も復帰です。
これも全て「グレースビット」のおかげなのです。

このグレースビット、何かというとお薬です。
扁桃炎はそもそも元々人間の体内にあるちょっとした細菌が疲れた時や睡眠不足の時などに抵抗力が弱まり、
身体が細菌に負けた時に扁桃腺が腫れ、熱が出るという病気なのですが、
このグレースビットはその細菌を殲滅するほどの強い殺菌力・抗菌力を持った抗生剤です。
つまり、増えてしまった細菌を蹴散らしぶっ殺すというなんともヒーローのようなお薬です。

しかし、このグレースビット。比較的副作用なども少ない安全性の高い薬ですがあえて言うなら、その高い殺菌力で腸内善玉菌もぶっ殺してしまうためにお腹が緩くなります。
もともとお腹の弱い私はピーピーです。さらに水分もいっぱい取らなくてはいけないため余計にピーピーです。

この扁桃炎、どうしたら治るのかというと、手術しかないです。
子供の頃に取っちゃったって人も多いかと思います。大正解ですね。
大人になってから手術となれば1週間の入院に1週間の絶対安静が求められます。そんな時間なんかあるわけ無いです。

とにかく、一生このグレースビットとともに細菌と戦っていくしかなさそうです。
あーしんどい。


スポンサードリンク



コメント

暑いですねー!

お大事にしてください!
私も最近喉に違和感が…
と思ったら38.5℃の熱がでて、2日間仕事を休んで寝てました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


40℃なんて耐えられません(-。-;
体調くずすと普段から気をつけなきゃと思います。
そしてお腹はまだゆるいです(-。-;
ラックビーっていうお薬をもらったのでだんだんよくなってきました♪

No title

扁桃腺炎に生まれてはじめてかかったのが今年の春。
本当につらかった。
39度の熱でも平気で歩いていた自分が、扁桃腺炎の37度程度の熱で、身動き一つとれなくなろうとは。
1週間寝込みました、それ以来扁桃腺炎怖すぎる。

どうぞお大事にしてください。

息子が、「できるなら扁桃腺の手術した方が良い」と言われました。
「できるなら」なので、そんなに大きすぎる訳ではないし、今のところ10年間、それで熱が出たりとかもありません。
今からなのかな>_<
非公開コメント