スポンサーサイト

スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



電機とウソ

スポンサードリンク



iPad買ってもうたwwww

つーのもね、近所のコジマ電機でついこの間パソコンを3台程買ったもので
これも自分のではなく、他人のなんだけど、頼まれて買ったんで自分ではお金払ってない。
でもポイントはしっかり貰ったのでそのポイントでiPad買ってもうたwwww

オレって根っからのWindows派なんだけどね、仕事でWindows使うというか、ソフト作ったりもしてるのでどうしてもWindowsしか使えなかったりするんだけど、
最初Surfaceを買おうと思ってたの。これさえあれば何もいらないってヤツ。
でも店員さんに相談したら「なんのメリットもないっすよ。」とうだつの上がらなそうな兄ちゃんに言われ、禁断のApple製品に手を出したってわけだ。

なんでまあ、そんな3台も買うことになったのかっていうと

「家電量販店は、詳しくないヤツが行くと騙される」

からだ。


ちょっと前、仕事の関係のおじいちゃん(64歳)が孫とLINEしたいからと言って一大決心のスマホを買ったそうだ。
でも使い方わからないで僕に聞いてきたのだけれど、それを見て僕の頭の上に「?」が浮かんだ。

なぜかその人はポケットWifiを持っていて、それにスマホを接続して使っていた。
でもそれだと通常の電話ってできないじゃない?だから普通のガラケーも持ってた。

「なんでこんなことになってるの?」
そう聞いたら店員に
「そうすると安く買える」
と言われたからだそうだ。

いやいや、そんなアホな話ってあるか?

そもそもその人は電話とLINEさえできればいい、そう言っていたのに
わざわざ2台持ち、さらにはポケットWifiまで携帯させられるという事態に。
確かに2台あれば使い分けができるけれども、そんなの普通の人はやらないよ。つーかめんどくさい。

と言ったらおじいちゃん
「騙されたのかね。」
とさみしそうにボソっと言った。

そんなね、年金ももらってるようなおじいちゃんにわからないからと言ってめちゃくちゃな使い方をさせてるのに頭にきましてね

「よっしゃ、藤田さん。オレ文句いったるわ。」

と一緒にその電気屋に行ったんです。


そんな使い方を進めてきた店員をブン殴ってやろうと電気屋に向かい、
店員を発見、スゴスゴと店員に声をかけ

「お前か、こんな使い方をさせてるのは。」
と文句を言ってやりました。

「なんでこんなめんどくさい使い方をさせてるんだ」
「お前はスマホとガラケーで使い分けてるのか?」
「なんで2台持ってないんだ。自分もやらないことを他人に勧めるのか」
「確かに機体はタダかもしれないが、Wifiとガラケーの料金で2倍になることをちゃんと説明したのか」
「この店は老人をだますようなことをやってるのか」
「なんだお前、腹立つ顔しやがって」
「その寝癖はわざとか?」

とさんざん文句言っていると警備員と支店長が来る騒ぎになりまして、
大騒ぎした挙句、契約解除アンドお詫びの商品券2000円分と提示してきました。

それでも僕は「いらん!」と突っぱね、契約だけ解除させ、いつも行ってるお店に行くことにしたのです。

いつも言ってるのはコジマ電機でしてね。名前出しちゃうけどね。
ここにはオレが仕事でお世話になってる遠藤ちゃんがいるんですけど。
テレビ300台買ったり、エアコン300台買ったりしてるので、向こうもオレに嫌われたら大変だという意識があるんでしょうね。
格安で取引してくれますし、もちろんあくどい事しません。お歳暮まで届きます。
さらにこの遠藤ちゃん、オレが「めんどくさい人」って良く知ってるため、余計なことはしません。腫れものを扱うように接してくれます。

結局、老眼もあるので画面のでっかいアンドロイドのスマホを買いました。
「初期設定や使い方がちょっと難しいけど、ジュンさんとお知り合いなら大丈夫ですね。僕より詳しいくらいなんですぐに聞いたらいいですよ。」
そうだよ。なんでも教えてあげるよ、メシたかるけどね。

そしてみんな幸せ。
藤田さんも孫と毎日LINEやってるそうです。よかったね。


確かに向こうも仕事、きっとノルマとかもあるのでしょう。
でもわからない人をだまして変な使い方をさせるようなやり方はいかがなものか。
もし、これを見てて店員さんに?なことを提案されたら
「店員さんはそうやって使ってるの?」
と聞いてみましょう。やっていない、と答えたらそれは騙されてます。


そんでね、例のパソコンを買おうとコジマ電機に行ったら、いつもの遠藤ちゃんがいないのよ。
うわー、マジかよ、と思いながらもまた来るのめんどくさいし、値引きしてもらえないけど他人の金だからちょっと高くてもいいやどうせって思ってその辺の店員捕まえて買っちゃおうと思ったんです。
で、ちょっとイタズラしてやろうとふと思いました。

「わからないふりしたらどうなんだろう。」

そして、実際にプラプラ見てたら店員が「何かお探しですか?」と来たので実行してみます。

実際、僕ってパソコンやIT機器に関してはかなりものです。
つーかパソコンくらいなら自作しましたし、そもそもソフトを作って小銭稼ぎしてます。
ソフトを作るとなると、様々なパソコンの機種や性能を熟知する必要がありますからね。パンフレット見てるような店員なんかよりよっぽどです。

「んー、知り合いが大学で使うノートパソコンと家に置くデスクトップ型を探してるんですよー。」
わざとらしく答えます。

「そうですかー。ご予算とかってありますか?」
僕の財布には30万入ってます。実際に予算は2台で30万ほどです。

「2台で30万くらいですね。」
もう店員の目の色が変わるのが見えた。

ではまずノートの方を見ましょうってことで見たんですけど、
持ってきたのは21万のノートPC。高ぇなおい。

確かに物は良かった。スペックもかなり高性能でしたが、ちょっと高い。
つーか、もともとそのノートPCってのが大学で使うための物であり、大学でも推奨のPCだかを買えるんだけど、やっぱり高いし、見た目のオッサンパソコンみたいだから自分で好きなの買った方がいいよってことで、僕が頼まれたんだ。
それが16万だったのに、それ以上の値段は出したくない。本末転倒だし。

「いやー、もうちょっと安い方が・・・。」
「そうですかー。ではこちらは・・。」

次に見たのが14万程度のノート。値段はまあいいが今度はスペックがイマイチ。

「うーん。大学で使うのに十分な性能ですかね?」
「インターネットとかならサクサク見れますよー。」

いや、大学でそんなにネットサーフィンしないと思うけどね。

そしてやっぱり例のごとくポケットWifiを勧めてきました。なんかきっとあるんでしょうね。
さて、そろそろ豹変したいと思います。

「これってOfficeって入ってます?」
「入ってますよー。今ほとんどのパソコンに入ってる(小声で)KingSoftOfficeと言ってワープロソフトと表計算でしたら、高い互換性のOfficeソフトが入ってます。」
ほら、でました。MSOfficeでないと困るに決まってるだろ。大学の書類やなんだってMSOfficeでやるに決まってんだから。

「高い互換性って言ったって、万が一ダメな場合があるじゃ困るんだよ。100%開けなきゃ。大体、ほとんどのパソコンって言ったって一般的にOfficeって言ったらマイクロソフトだろ。それにOSも7かよ。大学で使うなら最低でも4年つかうんだよ。7ってメインストリームサポート終わってるだろ。8の方がいいだろ。だいたい、これCPU、Cerelonじゃねえか。14万でCerelonって、お前14万だしゃi5か下手すりゃi7買えるだろ。それにメモリも2Gじゃいまどきサクサクは動かないだろ。4Gか8Gくらいあったほうがいいだろうよ。大体インターネットならサクサクって大学で使うって言ってんだろうが。ネット見るだけじゃないんだよ。それに大学内は有線無線のLANは完備に決まってんだろ。いらねぇよポケットWifiなんか。i7のメモリ8Gは14万じゃ無理だろうからi7の4Gかi5の8G持って来い」

「え・・あ、あの。」
「いいから早く持って来い!」

リアルにヒエ~って言いながら逃げました。

結局、自分で選んだCPUがi5、メモリ8Gの結構いいのを12万で買いました。ポイント15%も貰えたよ!やったね!

次にデスクトップと思ったんだけど、店員さん、どっか行ったっきり戻ってこないんだよ。
職務放棄かコラ。

仕方がないからその辺の適当な店員さん捕まえてわからないふりして同じようなことやってたら

「あ、ジュンさんじゃないすか。」
あ、遠藤ちゃん。

「え?デスクトップ?こんな一体型買ってもしょうがないじゃないですか。しょぼいっすよ。」
と一生懸命先の店員が進めてきたパソコンをしょぼいという遠藤ちゃん。

「ダメダメ、この人めっちゃ詳しいよ。」
「そうなんですか?人が悪いなーお客さん!」
「なんだよー。わからないふりしてたのに。」
「ジュンさんのパソコン、自作なんだけどi7のメモリ32G、全部SSDだしバケモンみたいなパソコン使ってるよ。」
「マジすか!映画でも作ってるんですか?すごいっすねうらやましい!」
「動画編集とDTMやるからね。Adobeとかバンバン使うし。」
「じゃ、こんなパソコンいらないじゃないですか。」
「オレのじゃないよ。頼まれたの。」

この店員さん、パソコン担当のいい人だったらしく4万程度でいいのが出てるって教えてくれました。
モニターないから安いんだけど、自分で別で買っても今あるの流用してもいいですからねと言って。

「そんじゃソレ2台。」
と現金でポンと買いました。

「ポイントつけときますから、またウチに相談してくださいね。」
と名刺とポイント10%もらったよ。やったね!


「これからメシなんだけど、一緒にどうすか?」
と遠藤ちゃんが来て、一緒に行きました。

その時にノートを買う時にこんなこと言われたよって言ったら
「仕方ないですよ。そういうもんですから。」とボソっと言った。

「店員が勧めてくるのは”いい商品”じゃなくて”買わせたい商品”ですから。知らないとやっぱり損しちゃいますよねー。」
「一番いいのが、やっぱりわかる人についてきてもらうことですね。」

なるほどなー、と思いました。
まあね、向こうも商売ですからね。仕方のない事なんでしょう。

でも客から見るとやっぱり「わからないからだましてやろう」ってのはちょっと嫌ですよね-。
やっぱりどうしても「機械」に弱い人ってのもまだまだいるんだし。

僕だってIT系、機械系は得意だけど、たとえば不動産とか車とかはサッパリだし、気をつけなくてはと思いました。
皆さんも電気屋さん行くときは僕に声をかけてください。一緒に行きますよ。ポイントはもらうけどね。

スポンサードリンク



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。