言葉の乱れは時代の乱れ

スポンサードリンク



GW終わりましたね。ザマアミロ。
僕はこれから怒涛と連休ラッシュに入ります。
5月月末に1回、6月には2回、7月8月9月10月11月くらいまで月に数度の連休があります。
お前らのようにGW、取りつかれたかのように人ごみに紛れ出かけなくても、空いているいい季節に行楽を楽しめます。

休みがあると出かけなくては行けない気がして無理にでも出かけるってのは日本人の悪い癖ですよね。
家でゆっくりする休みもいいと思うんだけどねー。

さて、もう一つ日本人の悪い癖と言えば、言葉。
流行語、なんて言葉があるのもそうですけど、日本の言葉には流行、というものがある。
逆にいうと、「死語」つまり流行の終わった言葉なんてものもあるくらいだ。

僕もブログやったりTwitterやったりしてますけれど、やはり言葉には流行があるように感じます。
僕自身はですね、別にめちゃくちゃ言葉に気を付けてるわけではありませんが、日本語教師の資格を取ったりしてますし
たとえば、「雰囲気」を「ふいんき」、「~って言って」などを「~ってゆって」、などに代表される日本語の誤用は気になります。
まあ、しかしですね。普段しゃべってる時などは「ふいんき」「ゆって」でもいいと思うんですよ。普通に意味は分かりますしね。
でもこれを文字で表す時はどうかと思うんですよ。
パソコンや携帯ではもちろん漢字に変換も出来ないですし、それに第3者が見て「ふいんき」で正しい!と思われてもアレですしね。

あとはネット用語。
別に使うなとは言いませんが、正しい日本語だと思っている人もいるそうで。
Twitterで若い子がよく使うのが「~さ、ある。」
どんな時に使うかというと「新しい服欲しさある。」とは「さすがに眠さあるよね。」など。
これって普通に「欲しい」「眠い」じゃだめなのか?と疑問に思うんですよ。
僕らが若い時のネット用語というか、ネットはあまり普及してなかったんで、若者言葉というか、
それは「省略する」のが目的でしたからね。死語の代名詞「チョベリグ」とかいい例ですね。
変な言い回しを使うのが最近の流行なのかな、って思います。確かに微妙なニュアンスはネット用語の方が表現しやすいかも。

僕が腹を抱えて笑ったのが「なんJ語」
これ、2chの「なんでも実況J(ジュピター)」というところの発祥で、ここの歴史はいろいろと頭を抱えるんですけど、
野球に関心をもつユーザーの多いとこらしいんです。
「~ンゴ」っていう語尾を見たことある人も多いかと思うんですけど、これももともとこのなんJ語のひとつで
元々は「ドミンゴ」という選手が打たれたときに「ドミンゴwww」と嘲笑していたのが発祥らしいです。
これにならいほかの選手が打たれたりやらかしたときに「オグンゴwww(小倉選手)」などと嘲笑したのが「~ンゴ」の発祥と言われております。無駄に奥の深い歴史。

この2ch発祥の言葉って結構多いんですよね。
マジうけるwwwなどで使われる「www」もなんとなく笑いの雰囲気が伝わると思うんですけど、
これも2chで(笑)が(わら)に、それもめんどくさくなりwarai の頭を取ったwになったといわれてます。
これちなみに単独でwwwと使ったり、半角などでwwwとやるとなぜか馬鹿にされます。詳しくは分かりません。

あとなんか恋愛のテクニックというは変なブームがあった「壁ドン」、男が壁に手を付き女の子に迫るような胸キュン状況を言いますが、あれももともと2ch発祥で本来は「セックスの声が隣からうるさいから壁をドンとたたく」状況だったんですね。いったいなぜこんなことになったのか・・。

いや、別にネット用語を使うなとは言いませんよ。
僕だってメールやブログでは使いますしね。でもこれを実生活というか社会に出たときに使うのは確実にやめた方がいいです。当たり前ですが。
怖いのがネット用語ナシで物事を伝えられなくなってしまう、という事。
職場で「ジュンさん、来週、僕有給欲しさあるんですけどwww」とか言われた確実にブチ殺すからね。


そんな話を職場でしていたら後輩に
「ジュンさん、面と向かって”死ね”とか”クズ”っていうじゃないですか。そんな人に言葉の乱れをとやかく言われたくないンゴww」
って言われたよ。そうだよね。ごめん。
スポンサードリンク



コメント

非公開コメント