片づけられない女たち

スポンサードリンク



モンハンクロス予約しておきました。恐らく、恐らくですが半年くらい何もしない時期が来ます。

引っ越して早1か月半。なんとも快適で今まであったさまざまなストレスがウソのようです。広いっていいね。
嫁さんがせっせこせっせこ掃除片づけをしてくれますので綺麗に維持できております。

実際、僕も割と綺麗好きというか掃除や整理整頓は好きなんです。
というか前回書いたように完璧主義というか潔癖の傾向がありますので、決まったところに必要なものがないとイヤなんです。

まあ、潔癖とはちょっと違うかもしれませんが、「物を探す」という行為が大嫌いでしていつも決まったところの置いておいて、必要になったらすぐに手にとれるようにしておきたいんですね。


こういった傾向は男性に多くみられるそうです。身近な例を挙げますと、男性は財布の中、クレジットカードやキャッシュカード。ポイントカードなどを決まったとこにしまうことが多いそう。
逆に女性は適当に入れてしまう人が多いんだとか。なるほど確かに。


こうやって「元あったとこに戻す」っていうのは大した手間ではない割に、次回必要になった時にパッと出せる、探す時間を大幅にセーブできるという大きなメリットがあります。


しかしまあ、職場の後輩でそりゃあもう全然片づけられないヤツがいるんですよ。
ペンやホチキスならまだ可愛いもので、無くなったらマジでヤバい顧客リストや絶対に外には洩らせない書類なども
使ったらその場にポンと置く癖があり、いっつもどこにあるか分からなくなるんです。
一番腹立つのが電話機の横にメモを一冊必ずおいてあるんですが、電話を受けそのメモをもってどっか行ってしまい、例によってもとに戻さないために、次僕がその電話機で電話を受けるとメモがどれずあたふたしてしまうんです。
そういう時に限って近くに紙がなかったりするんで一回ムカついてペンで机にメモを取ったんですが、いまだに残ってます。上司に「なんでここに書いたの?」って聞かれて「紙がなかったんです。」と怒ったら電話を取るたびにメモ帳を手渡ししてくれるようになりました。サンキュー。

そんなことが多々あり、頭に来たんで一度職場内のメモ帳を全部取ってやったことがあるんです。一度どれだけ困るか体験してみろってことで。
電話が鳴り、そいつが取ったんですがやっぱりメモが無くて困ってるらしくあたふたしてました。それ見たことか。
最終的には手のひらにメモ取ってましたからね。
しかし、それでも直ることはなく今でもメモをどっかに持って行ってしまうので僕はメモがないときは電話を取るのをやめました。するとまあ同じ部署のそいつが取ることになるんですけど。知らん。


あとイライラするのがプリンター。
何個かプリンターがあるんですけど、用紙が無くなると取りあえず違うプリンターやコピー機から用紙を抜き印刷を終えた後に倉庫から用紙を持ってきて補充する、という事がよくあります。
普通、たぶん僕が正しければ余所のプリンターにそのあと紙を補充します。多分ですよ。
でもその子はですね、印刷が終わるとそのまま。その後、抜き取られた方のプリンターを使った人が「紙何もないじゃん」と倉庫まで用紙を取りに行き補充しなくてはならないのですよ。
たまに印刷を終えた後今度は紙の抜き取られた方のプリンターで印刷しようとして、当然紙はないですからさっき自分が抜き取りいれたプリンターから紙を持ってきて印刷してる時がありますのでお笑いです。それを3往復くらいしてる時もありますのでお笑いです。


片づけられない、というかきっと何か仕事や問題を解決、完了した後に原状回復というか後処理をするという癖がないんでしょう。
物事を終わらせるとほっと安心するのかその後の片づけというのが出来ないんですかね。

話を聞くところによるとほかの人からも「書類を使った後に戻さない」はもちろん「掃除機をかけた後掃除機を出しっぱなし」「USBメモリーがいつも戻ってこない」「デスクの上に地層ができる」などと多数の苦情が出てきました。


一度、昔に僕をマジギレさせたことがありまして、僕が使っていた資料、それもそれがなければ仕事が全く進まなくなるといったものをですね、「ちょっと貸してください、緊急で。」と言われ持って行ったきり待てど暮らせど帰ってこず、ふとその子に目をやると一仕事終えたような顔をしてコーヒーかなんか飲んでました。

僕はそれを持っていかれ仕事になりませんし一切仕事が進みません。かといって取り返しにその子いるデスクまでわざわざ席を立って行くのもなんか癪ですので、帰ってくるまで仕事を放棄しました。

かれこれ5時間ほどウィキペディアとGoogleMAPで、歴史ツアーをしていて、違う同僚がですね
「あの資料ちょっと借りていい?」というんですが僕は「仕事まだ終わってないよ。」と言ったらまず同僚がハテナな様子で
「なんでアヘン戦争の記事なんか読んでるの?」と僕のパソコンを見ながらいうので事情を説明するとその同僚が起こった様子で

「資料使い終わったの?戻さないとほかの人仕事進まないよ。」と言い
「ほらこれだけ貯まっちゃってる。今日はこれを全部終わらせてから帰りなさい」と僕の分の仕事もその子にやらせてました。

僕としてはそれを取られると今日の仕事が何もなくなるので仕方なしにもう3時間歴史ツアーをすることになってしまったんですが、
僕の5時間って他の人の15時間に匹敵するほど自他ともに認める驚異的な仕事の速さですので、おそらく相当残業しないといけません。
その同僚のかっこいいところは定時までは一人でやらせた後、終わってない分は一緒に残業し手伝ってました。これは効くだろうと。
僕は超絶暇なのでその同僚の分の仕事を今日明日分くらいまでサクッと終わらせ、それでも時間余ったのでその同僚の電話番号、LINEのID、住所、生年月日、家族構成、女性遍歴、性癖までを網羅した履歴書のようなものをエクセルで作り、全女性社員にメールで送っておきました。ぶん殴られました。


イケメンの同僚の立ちバック好きが全員にバレたところで、ようやくその片づけられない子も気を付けるようになった様子で
それ以降少しマシになりました。

やはり共有の物など決まったところに戻すというのは大切ですね。




しかし、まあ、今現在も書類戻ってきてないのでこうやって記事を書いているわけなんですけどね。
どうにかならんもんかね。

スポンサードリンク



コメント

No title

自分も探すの嫌。
必要な時にないとイライラするので使ったものは元に戻します。

でも片付は下手。
いやいや、片付が下手だから元に戻すんですけどね。
非公開コメント