スポンサーサイト

スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



机上の読書

スポンサードリンク



あけましたね。おめでとうございます。
年末年始も通常営業な僕は卑屈になりながらもこっそり年を越しました。
だって僕にとって年末年始って忙しいだけでなんもメリットないんだもん。

さあさあ、しかしですね。せっかくの新年。いきなりイライラするのもどうかと思いますので気持ちを切り替えていきたいと思います。
今年の僕の抱負は「経験」です。

偉い人は言いました。机上の読書より経験せよ。ウソです。今僕が思いつきました。
確かに読書はいいものですよ。僕も専門書なんかをひたすら読むのが好きです。

たとえば「○○の使い方」とかそういう本を読むのが趣味なんですよ。なんか読み終えた後自分のアビリティが増えたような気がして。
大体はIT系の物が多くてですね、プログラミング関連だったりソフトウェア関連だったり音楽関連だったり。
実際に実生活の役に立ってるんですけど、ほとんどの本が読んで終わりなんですよ。

ふとある日、思ったんですがやはり本を何冊読んでも「経験者」には敵わないな、と。



ちょっと話は変わって、僕今経済というか経済学というか学んでいるんです。
なぜかっていうと僕ちょっとしたコンプレックスを持ってまして、僕って中学はともかく高校から英語のみをずっと勉強してきたんです。
高校もちょっと普通の高校とは違って自分で時間割を作るんですよ。だから数学とかそういうもんを一切取らず英語だけをやってました。
おかげでこうして英語を使って仕事してますし、TOEICだって900点越えてます。それは大したもんだと思ってます。
しかしですね、おかげさまで英語以外の勉強というか英語以外の分野がからっきしダメなんです。

そこでちょっとなんか勉強してみたいなと思いましてね、でも今僕が科学とかやってももう何にも実生活に活かせないじゃないですか。
なのでフリーランスの仕事したりしてるしお金儲けにつながればいいなと思い経済を勉強し始めたんですよ。
これがまあ、難しくてですね。先ほどの英語や音楽、IT系なら少し知識があるので本を読んでも理解しやすいのですが経済はまるで童貞ですから、何が何だかサッパリわからない。

そんなある日、ふと思い出してですね。そういや同級生に経済学部に進学した同級生がいたなとFacebookで探してやり取りするようになったんですね。
色々聞いてみたんだけどもこいつがどうも理屈っぽくってですね、うっとうしいんです。

いや、僕の方から聞いておいてうっとうしいとは何事だという話ですけど、それでもうっとうしいから仕方がない。結局そいつに聞くのをやめてしまうほどだったんです。


確かにその経済ボーイはいいとこの大学の経済学部ですし、大学院まで行くほどの頭脳の持ち主ですし、頭はいいし知識も相当なものなんですよ。
でもね、無職。いやバイトくらいはしてるんだろうけど、正社員ではないようです。
いや研究して生きてくのはそれはそれでいいんですけど、なんせ知識はすごいもんですから何かにつけて否定されるのが腹立つんです。
仕事もしてないし、もちろん独身ですからきっと読書に割ける時間は相当あるんでしょう。確かにものすごい量の本を読んでます。
それはそれで立派ですが自分で読んだ知識と違うことを言われるとすごい勢いで反発されるんです。

それが経済に限らず様々な分野で反発するんですね。それこそ僕の得意な分野の英語や音楽などでも。さすがに仕事に関してなんか言われた時には頭きました。お前働いて無いじゃん、と。こういう働き方は非効率的で・・みたいな。バカヤロウこれが一番早いし上司が喜ぶんだよ、と。


たとえばですけど、何百冊と子育ての本を読んだ人がいるとします。
しかし、子供一人育てあげたカーチャンには敵わない、と僕は思うんです。
子供の体調が悪かったりして、本の知識をフル回転して考えてる間にカーチャンはウンコのにおい一発で「具合悪いな」と判別したりできると思いますよ。


憶測ですけど、その経済ボーイ、きっとコンビニ店長なんか見下してると思います。
でもね、経済に関してはきっとその経済ボーイよりコンビニ店長なんかのほうがよっぽど「実力」があると思うんです。

いやコンビニ店長を悪く言うつもりではないですけど、言っちゃ悪いけど経済の中でも上の方ではないじゃないですか。政府とか銀行とかが経済の頂点だとして。
でもね、それでも「経済」の中で生きて仕事しているってのは本で読んでもわからないことを一杯知ってるわけですし「経済」というのを経験してるわけですから経済ボーイよりも経験値は高いんです。決してだから見下してはいけないと思ったわけです。



机の上で勉強したり本を読んだりしてもやっぱり経験というのはできないんですよね。実力というのは「知識」×「経験」=「実力」であると僕は思います。
知識が100冊分あろうとも経験がゼロであれば実力はゼロ。だから本をどれだけ読んだって実力には結びつかないわけです。
読書なんて高尚な趣味でもなんでもなくまったくもって無駄な行為なんです。もちろん実際に経験していけばその効果はとんでもないものになりますけどね。
小説を読んだりするのは別ですよ、あれは物語を楽しむものであって知識の習得を目的をしてないものですからね。



という事で今年はバンバン経験する年にしていきたいと思います。
知識を得るだけでなく経験し実力にしていきたいと思っております。

というわけでとりあえずソフトSMに興味がある方連絡ください。



スポンサードリンク



コメント

経験の年!!

良いねぇ~、経験!!
俺と色々『経験』しましょ♡

新しい世界の扉を開きましょ♡♡

突然の訪問失礼します。

ブログ読んでる内に…ファンになってましたヾ(´▽`*;)なんかこう純粋な優しさを感じ、少し冷静さを取り戻せた気がします

今の私は、重い足枷が…心だけじゃなくて体までしんどくて…。
ジュンさんも日々、苦労や悩みお持ちだと思うのですが相談とまで言わないので私の話聞いてもらえたりしませんか?

耳を傾けて頂けるだけで有難いです
お返事を本当に心から待ってます。
ご迷惑な様であればコメントごと私のことも消してください。すみません。

No title

ほぼ予想通りの隅さんのコメントにニヤリとしてしまった

Re: 突然の訪問失礼します。

はい、何でしょう

No title

准教授とか研究生じゃなくて無職なのか
それは厳しい人だなぁ
知識はあってもそれを活用できる立場にいないと、説得力無くなるっていうのが怖いもんですな
でも経験大事だもんね
役職みたいなもんって大事だもんね
非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。