ああ素晴らしき水草の世界

スポンサードリンク



僕は目に入れても痛くないものが三つあります。
それが「娘」と「コンタクトレンズ」と「水草」です。



僕は多趣味です。
音楽やプログラミング、あとはCG制作や料理も割と好きです。あとサイト作ったりも好きです。
その数多くある趣味の中の一つであまり理解されない趣味があります。
それがアクアリウム。

アクアリウムっていうのは簡単に言っちゃえば熱帯魚のこと。
しかしですね、僕がやってるのはネイチャーアクアリウムといい「水草」がメインなんです。

熱帯魚を飼ってる人って結構いると思いますが、その人たちはあくまでペットととしてお魚様を飼っているんですね。
もちろん、僕もお魚様も飼っていますが、メインは水草なんです。
どれくらい水草が好きかと言いますと、あの魚業界には有名な「さかなクン」博士がいますね。それにちなんで「水草クン」と呼ばれたいくらい水草が好きです。

そのネイチャーアクアリウム、何がいいかっていうと「自然界の1部分を水槽の中に切り取ったような水槽」を作ることにありまして、
もちろん、人間が作ったものには違いないんですが、まるで自然の一部を持ってきたかのような、そしてかつ、自然界にはあまりないような幻想的な部分も持ち合わせつつも、水槽という限られた環境の中で、人工的に作られたものなので水質の問題や光など様々な障害を乗り越えつつ理想の風景を水槽内に表現するという自分でも何が言いたいのか分からなくなりました。

そのネイチャーアクアリウム、そして水草たちはですね。もちろん最終的な目標は「美しい見た目」ですので、やはり見た目を重視して作り上げていくんです。
しかしですね、そうすると水草でも個性というか種類によってもちろん違いがあります。高い水温を好む水草、低い水温を好む水草。水質や水の硬度なんかもバラバラですし、水流を好むものやそうでないものもあります。
しかし一つの水槽内で気に入った見た目の水草たちを使っていくので、絶妙なラインで調整しこれらを共存させなくてはならないのです。

さらに大変なことにその水草たち。実は非常にデリケートですし、なんせ高い。
ちょっと水質が変わっただけで枯れて溶けてなくなってしまう事がありますし、それがこんなちょろっとの一株で1000円以上の値段がしたりします。

買っては植え、そして溶けてとお金がかかりまくる趣味なんですが、とうとう僕はその水草の栽培まで始め、別で増やしてからメインの水槽に植えていこうと計画してます。

なんでここまではまってしまったかと言いますと、数年ほどアクアリウムは離れてたんですね。
ある時、娘とペットショップに行ったとき熱帯魚の水槽を不思議そうに見てたので余ってる水槽で熱帯魚を飼い始めたんです。
今ある水槽は娘も楽しめるようにととにかく丈夫で活発で綺麗な魚を入れてあるんですが、そこにまた丈夫な水草たちを植えてあります。

しかしですね、ちょっと水槽弄っているうちにまたアクアリウム熱が再熱しまして、コンテストに出したいと。
なんのコンテストかっていうとネイチャーアクアリウムの世界的なコンテストがあり、それに出してみたいなと思ったんです。
それでまずは水草の確保なんですが、先ほども言ったようにたくさん使うとなるとベラボウに金がかかるんで、まずは自分で育てて大量生産してやろうと思ったんです。

水草って高価と言いましたが所詮は雑草。国内や海外ではその辺に生えてるタダの草なんです。
それを水槽という空間で育てるとなると難しいわけであって、環境を管理して植えればほっとけば育つんです。
これがまあ僕のド神経質な性格とマッチしてまして、大体10種類程度の水草をそれぞれ栽培しているんですが、
光度計やコンパスを駆使し、温度や土、光の当たり方。水などをそれぞれ管理して養殖し始めました。んでそれがある程度増えたら水槽を作っていこうかと。
まあその大事にしてるっぷりを見ると「なんかヤベー草でも育ててるんじゃないの?」とか言われますがタダの草です。

もうここからは完全に読んでる人を置いてけぼりにする専門的な事書いていきますけど、ドライスタートってのをチャレンジしてみたくてですね。
それは水を”張らない”水槽で水草を育てて、ある程度根が張ってから水を入れていくという方法なんですが、先に書いたコンテストで1位を取った日本人がやっている手法なんです。実は水草って水上でも育つんですよね。というか水上の方がよく育つ。

そして今現在はもともと大好きな「アヌビアスナナ」「アヌビアスナナプチ」、レイアウトに必須な「ウィローモス」「リシア」。
あと前景草に「ヘアーグラスショート」「グロッソスティグマ」「オーストラリアンクローバー」。あとは「アマゾンチドメグサ」と「ロタラ」を育てます。分からないでしょ。

こんな高貴な話をスギとヒノキの違いも分からないような君たちにしても無駄ですのでこれ以上は書きませんがとにかくこれらを大事に大事に育ててるんです。もしわかった人がいたら連絡ください。水草あげます。


なにはともあれ、今は大事に大事にこの水草たちを育てているんです。ホント目に植えても痛くない。育つかな。
おそらく数か月から数年単位ですが、見事に完成させて見せます。とにかく今は水草を育てなくては。
マジで人生楽しい。




スポンサードリンク



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント