味音痴

スポンサードリンク



またも一か月空きました。すいません。

最近はマジで忙しくて、どれくらい忙しいかというとカップめんにお湯入れて3分待ってる間にカレー作るくらい忙しいです。比喩じゃないです。マジでやってます。

ついでに疲労もかなりピークでして。まあ、今は10時に寝る生活を1週間続けたら何とか回復したんですけど、先週なんかは死んじゃうんじゃないかと思うくらい疲れが溜まってました。
つい先週、地元のお祭りに行ったんですが、日差しが強いのもあり途中「これヤバいかもな」と水分と糖分を多量摂取して乗り切ったんです。
0611.jpg
こう見るといいところで腹立つ

今回、これ乗り物フェスタというわけのわからないイベントなんですけど、横須賀市はなぜか人気の高い京浜急行が主流ですから、
意外と盛況だったんです。

それでもってなぜそんなイベントに行ったのかというと、この祭りメシがウマいんです。
というのもお祭りの屋台というか出店ってしょうもない焼きそばとかお好み焼きとかそんなもんなんですが、今回この祭りでは地元の有名店が屋台を出してまして、それを食べに行ったんです。インドカレーとホットドック食べました。

食べたら確かにウマかったんですが、よく考えたら僕、味音痴なんですよ。

それも相当なもんでして、大体の物は食べれます。好き嫌いもあまりないですし。アレルギーは別として。
いや、さすがに「レンガを食え」って言われたらそのレンガでぶん殴りますけど、人生において「不味い」と思ったことはそうそうないです。思い出してみればレバノンかそこらのお土産で紫の花が乗った謎のクッキーでゲロ吐いたのが最後です。さわやかサワデーの味がしました。

食べ物に限らず、飲み物もそうなんですよ。コーヒーだって確かにウマい奴はウマいけど、西友の300グラム200円くらいのでも満足しますし、ビールだって発泡酒でも全然満足できます。スーパードライは辛くてあんまり飲まないですが。モルツのエールビールってやつはウマかった。ウイスキーは結構こだわります。


これ。
これはウマい。

なんだお前、好き嫌いあるじゃないかって言いたいかもしれませんが僕の味覚には「おいしい」と「超おいしい」しかないんです。

ちょっと気づいたんですが、僕の超おいしいが「100点満点」だとすると、その配分って味覚「50点」匂い「30点」思い出「20点」くらいなんですよ。
そんでもって味音痴なもんで味覚は必然的に「50点」取れるんで「おいしい」になるんですね。
匂いってのはそのままで、思い出っていうのはなんかいい思い出があったりすると「おいしい」と思うんだと思います。

ふと思ったんですが、もしかして僕だけじゃなくてみんながみんな分かるふりをして「ウマい」と言っているんじゃないか、と。
たとえばいいコーヒーと安いコーヒーを飲み比べて「やっぱりいいのはウマいねー」と違いが判るフリをしているんじゃないか、と。
ウマい、と感じるのにはきっと「思い込み」ってのも大きく作用するんだと思います。

人間の味覚って意外といい加減だと聞きました。たとえばかき氷のシロップなんか味は全部一緒らしいです。色と匂いが違うんでそれぞれ違う味に感じるらしいです。マジで。

「これはいいコーヒーだからウマい」「これは安いのだからまずい」と思い込みが味に作用しているんじゃないか。
まあ、それは別にそれでいいんですよ。「これはウマいぜ」と思い込ませる力もコーヒーに限らず食品が「ウマい」とさせる実力の一つなんだと思います。
僕の場合思い込みで「オレって味音痴だから全部ウマイ」と思い込んでるもんだから、何もかもウマいんでしょうね。
そう考えるとお得な気がします。


皆さんも「これはウマいな」と思いながら食べたり飲んだりしてみれば、実際にウマく思えると思いますよ。
さて、僕はお土産でもらった中国のクッキーでも食べて一息つきます。

なんだこれ、クソ不味いな。




スポンサードリンク



コメント

よくイった!いや、言った!!

フランクフルトの食べあいっこしましょ♡

食わず嫌いは思い込みのせいです。
「これはウマいな」と思いながら食べたり飲んだりしてみれば、
実際にウマく思えると思いますよ。きっと!

味覚「50点」匂い「30点」思い出「20点」の100点満点!
ふたりで美味しくいただきましょう♡♡♡

300g200円の夜明けのコーヒー、飲もうね♡

↑隈さんのキレッキレのコメントに嫉妬です(´・ω・`)
非公開コメント