スポンサーサイト

スポンサードリンク



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク



「夏だ!山だ!野比家のキャンプ」

スポンサードリンク



さて、なるべく更新すると言っておきながらいざ書こうと思うと特にネタなんてないものです。 

今日も仕事を終え家でのんびりご飯食べながらドラえもんを見てました。団らんの時間です。 
今日のドラえもんは、山へキャンプに行ったのび太とその家族。


もちろんドラえもんも一緒です。

山に着いた一同。さ、いざキャンプかと思いきや、しかしまぁここ親あってこの子供か、のび太くんのパパはキャンプのテントを、ママはバーベキューの食材を家に忘れてきてしまってたのです。

 家に取りに帰ると日が暮れてしまう、とガックリ肩を落とす一同。 

 そこでドラえもん!

ドラえもんは立体ペインターという水鉄砲のような3Dプリンターの様なものを出します。

 パパがテントやテーブルなどをそれで描き事なきを得ます。めでたしめでたし。 

 というお話でした。



 なぜ「どこでもドア」で取りに帰らないのか。



取りに帰ると日が暮れてしまう? 
なぜ「どこでもドア」で取りに帰らないのか。 





 まぁ、そのあとスネ夫にカヤックを自慢され、立体ペインターで気球を作って見返すという話の流れだからまぁ納得しましたけどね。 







ドラえもんと言えば「もしドラえもんの道具が貰えるなら何が良い?」という定番の話題があります。

そこで前述の「どこでもドア」や「タイムマシン」などさまざまな道具があげられます。

 確かに一瞬でどこにでも行けるどこでもドアは魅力的ですね。
 過去や未来に行けるタイムマシンも楽しそうです。



 しかし、移動が楽しいってとこもあるじゃないですか。

車で高速道路で移動したり、途中でこの自販機で食ったり
20180506_112423_HDR.jpg 
だいたいマズイよね

新幹線や飛行機もいいですよね。空港のワクワク感といったらもう。


タイムマシンもそうです。過去は戻れないからいまがある訳ですし、未来はわからないから面白いんです。


そう思うといざドラえもんの道具が貰えるとなっても「別にどれもいらない。」って感じになりそう。

「これがあったら稼げる!億万長者だ!」っていう人もいそうですが、それは結局「お金」が欲しい訳であってドラえもんの道具が欲しい訳ではないじゃないですか。

結局はそうなんですよ。
「どこへでも行けるほど、なんでも買えるほどのお金が欲しい」
というのが人間の答えです。
そういうことです。



僕が欲しいものは「ここ」に載せておきます。
買ってください(早急に)





スポンサードリンク



コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。