思い出は御心とともに

スポンサードリンク



登場人物 
ジュン 日本人
パナヨティス ギリシャ人
マルコ イタリア人

2年ほど前の話です。

えー、僕はどこに居るでしょう。

ギリシャです。


もともと学校の友人とヨーロッパ旅行にいったんです。
フランスに滞在したんですがどうしても僕はイタリアに行きたかったのでこっそりイタリアにいったんです。

わー、来ちゃった!
そう観光していると、
「チャオ!」「ボンジョルノ!」
なんだかジローラモたちが僕に話しかけてきます。
イタリア語、学校で履修してましたが「僕はジュンです。」ぐらいしか言えないため無視してると、
「オニイサン!コッチコッチ!」
と聞こえる日本語。

「オニイサン!日本人デショ?僕はマルコ!ピアチェレ!」
「僕はジュンです!ピアチェレ!」
マルコが仲間になりました。

ジュン「日本語できるの?」
マルコ「出来ルヨ!ガッコで勉強シタヨ!ジュンは旅行デスカ?」
ジュン「うん。でも行くとこなくて困ってるの。」
マルコ「ドコニ泊マッテルノ?」
ジュン「フランス。」
マルコ「ワーオ。イタリアにイナヨ!楽シイヨ!ウチ泊メテアゲル!」

なんと。見ず知らずの東洋人を家に泊めてくれるというじゃないですか。
怪しい。オレ狙われてるんじゃないの?
そう悩んでいるとすぐに解決しました。

マルコ「(イタリア語で)ねぇ!友達が日本から来てるんだけど一緒に思いで作ってあげてよ!」
オレをダシにナンパを始める。
イタリア娘「日本!すごーい!私はカメラ!こっちの子はエルザ!」
カメラとエルザが仲間になった。

彼女達はイタリア語で話しかけてきますが、マルコが通訳してくれます。
マルコ「君らもウチにおいでよ」
カメラ「えー、何言ってんのー?」
マルコ「でもホラ日本から友達が来てるんだよ。」
そんな必死なマルコを横目に僕は船のパンフレット見てました。船乗りたいなー。

すると
オッサン「ボーイ!コッチだよ!早く早く!」
いきなりオッサンに声をかけられ連れられていく。
僕「え、マルコ!何これ」
マルコ「彼きっと忍者の子孫だよ!」
ダメだ。マルコはナンパに夢中。

オッサン「本当は15ユーロだけど君外国人でしょ?12ユーロでいいよ!」
そういうと僕の財布から12ユーロを引ったくり変なパンフレットを渡される。
背中を押され船の中へ。

なるほど。船の中を見せてくれるのか。
僕は「おー!すげー!」と写真取ったりしてると


あれ?船動いてない?


ブオー!

マルコ「ジュンからも言ってよ!あれおらん!」
騒ぐイタリア人を見ながら船は発つ。









ギリシャに着いた。


僕「うわ-、ギリシャに来てしまった。」
発着所でおろおろしていると
?「ポース、ポースサレグレン?」
なんかきた。
なんだ、欧州では日本人を見たら絡めとかとお触れが出てるのか?
?「カリメラサス、トノイマポレ!」
僕「わからん。ノー!グリース!」
?「パナヨティス!」
僕「パナヨティス??」
?「マリスタ!パナヨティス!!」

自分の事を指しながら「パナヨティス」というギリシャ人の男。
僕は勝手に「パナヨティス」と呼ぶことに。

パナヨティスが仲間になった。

パナヨティス「エスラー、コイノモテス、モイ!!」
僕「モイ!」
パナヨティス「アハー!デルモテウシ、エンバランジャーデニウモ」
僕「モイ!」
パナヨティス「エッシャッシャ!エルドネインモー、コンステウトww」
なんだか通じてる。
パナヨティス「ショウゲ、イリシアテニウシ。モテ?」
僕「モテ。」
パナヨティス「ハッハッハー!!インモテニウスモテ!」
さっぱりわからん。
僕「パナヨティス、オレフランスに帰りたいの。」
パナヨティス「フランス?」
僕「イエス!」
パナヨティス「アイシャアイシャ!」

お、分かってくれた。
なんだか遠くのほうで誰かに離しかけてるパナヨティス。

パナヨティス「エルモーネ!モッサ!」

ヤギを2頭連れてきた。
モッサ!じゃないよ、全く。

パナヨティス「ドルド!エンドリャーマ!ドルド!」
僕「???」

そういうとパナヨティスはヤギに乗り動き出します。

ああ、コレ乗るの?
僕は真似してヤギにまたがりました。
ギリシャ人と日本人の2人はヤギでギリシャの荒野を歩き出します。

20分ぐらい歩くと
パナヨティス「デルマ!ヨッテモンストッコイ!」
パナヨティス「アディーオ!」
そういうとパナヨティスは僕になんか紙の様なものを渡し去っていってしまいます。
僕「ああ!パナヨティス!ここどこだよ!」
なんだか駅っぽい。
とりあえず駅員らしきオッサンに「フランス」というと笑われた。

んー、どうしたもんかな。
この紙はなんだろう。
オッサンに見せると
「アス!」
とか言うと切符を渡されます。

そのオッサンについていき電車に乗り

2時間くらいでしょうか。

空港に着きました。


やったー!パナヨティスはここに行くためにギリシャ語でなんか書いてくれてたようです。
とりあえずフランス行きのチケットを買い、フランスへ戻る。

フランスに着き、すぐにホテルへ連絡。
なんとかホテルへ帰り、部屋に戻ると友達が
「どこ行ってた!?」とお怒り。

「え、イタリアとギリシャ。」


僕の3カ国にわたる壮大な迷子は友達の呆れ顔とともに幕を閉じました。









スポンサードリンク



コメント

「モイ!」

なんだよ!ちゃんと帰れてホッとしちゃったじゃないか。調子くるうなぁ・・(笑)

Re: 「モイ!」

> なんだよ!ちゃんと帰れてホッとしちゃったじゃないか。調子くるうなぁ・・(笑)
そんなに危ない橋ばっかわたってられません。

帰れてつまんない・・・とか!おもってないんだからね!

うちの部活では
何かあると返事が
モイ!になってます

もい!もて?なんかかわいい*^^*

Re: タイトルなし

> もい!もて?なんかかわいい*^^*
僕の記憶の中の適当ですけどね。
確かこんな感じだった気がする。

Re: タイトルなし

> うちの部活では
> 何かあると返事が
> モイ!になってます

フィンランド語??

Re: タイトルなし

> 帰れてつまんない・・・とか!おもってないんだからね!
たまには平和に終わったっていいじゃないか!!道中怖かったんだから!

イタリアにギリシャかー!
話だけ聞いてるとすごく羨ましいですが
一応怖かったんですねw

ギリシャ語なんて話してるの聞いたこともないなあ。

Re: タイトルなし

> イタリアにギリシャかー!
> 話だけ聞いてるとすごく羨ましいですが
> 一応怖かったんですねw
>
> ギリシャ語なんて話してるの聞いたこともないなあ。
オイカオイカ言ってた記憶。

ぇ…
モイ!って
フィンランド語
なんですか!?(°Д°)w

あと おだいじに ><;

Re: *

> ぇ…
> モイ!って
> フィンランド語
> なんですか!?(°Д°)w
>
> あと おだいじに ><;

モイはフィンランド語で「Hi」の意味です。
ちなみに「モイモイ」でバイバイです。
非公開コメント