スポンサーリンク

新宿サクリファイス 後編

続きです、まずは前編を。

登場人物
ジュン 張本人
ようすけ 神奈川。かずくんと面識がある。
なぎさ 神奈川。
たかよし 神奈川
にしの 神奈川
かずくん ジュンとともに居た新宿の友人
えんどう 新宿住まい
のぞみん 新宿住まい



ようすけ「もう一回、新宿行ってみるか。のぞみちゃんなら詳しく知ってるかも。」

そう、またも新宿へ向かう4人。

のぞみん「あ、わざわざありがとね!」
4人は息を呑んだ。

そこにいたのはのぞみんとえんどう。
そして大きく目を腫らし、包帯を巻いたかずくんの痛々しい姿が。

なぎさ「大丈夫ですか・・・?」
かずくん「うん。まあ大丈夫。」
たかよし「え?ジュンは?どうなったの?」
のぞみん「いや、実はね・・・」

のぞみん「ジュンも捕まったんだ。でもあいつの事だから上手く逃げたらしいんだけど、もうこの町には住めないって行って神奈川に帰ろうとしたの。でいろいろ手続きしてるときにジュンの郵便物をあいつらが見ちゃってね。引越し先も分かってるから逃げてもムダだとか言われたんだって。」

のぞみん「それで今ジュンはカナダに居るよ。」

にしの「え?帰ってこないの??」
えんどう「いやー、帰ってこないんじゃない?なんか友達に仕事紹介してもらってたし。」
なぎさ「え?そんなウソでしょ??!」
たかよし「そんないきなりね・・」
かずくん「ごめんね、こんなことになっちゃって。」
ようすけ「いや、謝ることじゃないけどさ。でも自分勝手だな、ジュン」
かずくん「でもしょうがないよ。ジュンの身になんか合っても嫌だしさ。」
ようすけ「でも、腹立つな。なんだよ!」
苛立つようすけ。
かずくん「分かった!じゃあ、俺達で行って話してみるよ!」
にしの「え?どこに?」
かずくん「カナダ」
なぎさ「本当に?でもカナダのどこか分かるの?」
のぞみん「うーん、詳しいところは分かんないけど、大丈夫こう見えて私たち外国語には強いんだ。」
ようすけ「わかった。何か分かったら連絡して!」
えんどう「おう!」

そういって新宿のメンバーはカナダへ向かった。


ようすけ「なんなんだよ、あいつは。本当いつもいつも自分勝手すぎる!」
なぎさ「でもね。気持ちは分かるよ。」


たかよし「ジュン、大丈夫かな・・・」
にしの「ジュンの事だ、大丈夫だろ!!」

また不安な日々を過ごす4人。

さらに数日たって、時は2月4日。
そう、ジュンの誕生日となった。

ようすけが3人を呼び出した。
ようすけ「まったく、とんだ誕生日になったよな。」
たかよし「あー、ジュンいないとつまんねぇな!」
ようすけ「俺がいるだろ。」
たかよし「そんな冗談今いらねーよ。で、なんで今日呼び出したの?」
ようすけ「あ、そうそう。のぞみちゃんたち帰ってきたよ!」

にしの「え?どうだったって?」
ようすけ「ジュンに会えたって。」
なぎさ「本当!?どうなったの?」
ようすけ「それがね。」
浮かない顔のようすけ。

たかよし「え?どうしたんだよ」
ようすけ「ジュン自身、もう日本に帰る気は全く無いって。」
にしの「え?じゃあずっとカナダに居るの??」
ようすけ「うん。」
なぎさ「え・・ウソ・・・」
ようすけ「なんかそれでジュンが日本に置いてった物とか俺らに渡してって言ってたらしいからそれを取りにおいでよだって。」
ようすけ「写真とかいろいろいっぱいあるらしいよ。なんかジュンが俺らに渡してくれって言ってたんだって。」
なぎさ「ウソでしょ。」

あのなぎさが泣き出した。
たかよしもにしのも暗い顔をしてる。
ようすけはいつも冷静だ。

ようすけ「じゃ、行くか。俺運転するよ。」


そういうとようすけの運転で新宿の僕の部屋に向かう。



ようすけ「さ、ついたぜ。」
無言で降りる3人。
ようすけ「カギはのぞみちゃんから貰ってあるから。さあ、行こうか。」
なぎさ「やだよ。もうジュン帰ってこないの??」
たかよし「ホントに?急すぎるって。」
にしの「なんでこんなことになっちゃったんだろう・・・」
なぎさも泣き出してしまい、余計に暗くなる一同。


ようすけ「ジュンがくれるって物があるらしいからさ、とにかく入ろうよ。」


部屋に入った3人は驚愕した。
この前よりさらに荒らされた室内。
床は泥だらけで家具は倒れめちゃくちゃに。

なぎさ「ウソ・・」
ようすけ「マジか。ヤバイな、これ。」
にしの「どういうことだよ・・・」
一同は目の前の事実を受け入れることが出来なかった。

ようすけ「とりあえず、一回出よう。」
にしの「そうだね。」

アパートの外へ出るみんな。
どうしようか考えていると、

そのとき
ようすけ「ヤバイ!!戻れ!!早く乗れ!!!」
慌てるようすけ。急いでに車に乗る。

なぎさ「どうしたの?」
ようすけ「あそこ、知らない車が止まってる。」
たかよし「え?普通の人じゃないの!?」
ようすけ「違う!こっちを指差してたんだ!!」

車で逃げるようすけたち。


ようすけは車の中で電話をかけます。

なぎさ「誰にかけてるの?」
ようすけ「のぞみちゃん!家近いからかくまってもらおう。」
たかよし「やばいよ!!どうなってんだ!!」
ようすけ「クッソ!繋がらねぇ!!こういうときにジュンが居ないなんて!!」
にしの「どうするの??!」
ようすけ「分からんけど神奈川もどるか!」
なぎさ「そうだね、そうしよう!」
ようすけ「ちょっと待て!!電話だ!!」

路肩に車を止めたようすけ。

ようすけ「のぞみちゃんだ。」
そういうとすぐにかけなおします。
ようすけ「もしも・・・・おい!!!大丈夫か!!どこに居るんだ!!」
にしの「なに?!」
なぎさ「え?どういうこと??」
ようすけ「ちょっと待って!オッケイ分かった!すぐ行くわ!!」

たかよし「ねぇ、どうしたの?!」
ようすけ「ジュンの部屋に居たえんどうくんたちも見つかって追いかけられて逃げてるらしい!!」
なぎさ「え?ウソでしょ?!」
ようすけ「それで今はみんなでかずくんの家に隠れてるから来てだって。」

かずくんの家にむかう一同。


到着すると、いきなり
のぞみん「大丈夫だった??」
ようすけ「なんとか逃げたよ。」
えんどう「良かったな。もうあの辺近づかないほうがいいよ。」
にしの「そうですね。」
ようすけ「いや、俺行ってくる。」
えんどう「なんでだよ。よせ。」
ようすけ「いや、俺行くよ。」
たかよし「え?なんでよ?ダメだって。」

ようすけ「だってさ、ジュンの大事なものとかいろいろあるんだよ?多分あそこにあったままだと壊されちゃうぜ。
わかんないけどさ、いつかもしジュンが帰ってきたときのために俺がちゃんと持ってて置こうとおもう。
本人は帰ってこないって言ってるけどさ。俺はまだいつかジュンと会えるって信じてる。」

あつく語るようすけ。

ようすけ「俺のわがままなんだけどさ、にしのとたかよしとなぎさ。一緒に来てくれない?」

頷く一同。

えんどう「止めろって。言いたいけど、気持ちも分かるよ。」
かずくん「気をつけて行って来いよ。」
のぞみん「なんかあったらすぐここに逃げてきて。」




無言で向かう4人。

ようすけ「俺たちもなんかいも危ない橋渡ってきたけどさ、やっぱりジュンが居ないとダメだな。」
にしの「結局ね、いつもあいつが原因だったりもするんだけどね。でも解決するのもあいつだしな。」
めずらしくジュンを褒める一同。
たかよし「あー、本当に帰ってこないのかー!つまんねーなー!」
なぎさ「・・うん。」

ようすけ「さ、ついた。・・・大丈夫そうだな。行くか。」


車を降り、部屋へ向かう一同。














部屋に入った3人はまた驚愕した。




















「ハッピーバースデー!!!」


色とりどりに飾られた部屋の中。
真ん中には大きなテーブルと沢山の料理に大きなケーキ。ジュン君誕生日おめでとう!とチョコで書かれている。
そして正面に座っていたのは、三角の帽子を被り派手な服を着たジュンが一人で座っている。


ジュン「どうした!ハッピーバースデー!!」
ジュン「いやっほーい!」
パンパン!と景気のいいクラッカーの音が部屋に響く。
ジュン「いえーい!おめでとう!おめでとう、オレ!フゥー!!」
そういうとジュンはラッパをプープー鳴らした。

たかよし「くそおーーーーーっ!!」
にしの「死ね!もういい!死ね!!!!」
なぎさ「最悪!!死ね!」

ジュン「何でだよ!オレが生まれたすばらしい日だ!」
パーンパーンとクラッカーを鳴らす。

ジュン「いやー、よーすけ。ご苦労様。ほらシャンパン飲んで!」
ようすけ「いえーい!おめでとうジュン!!」
チン、と小気味の良い音を鳴らしグイッとシャンパンを飲む僕ら。
ようすけ「片付けるの大変だっただろw」
ジュン「スゲー大変だったよ!!あとで詳細教えてね!(当時の)ブログにでも書くわ!」

にしの「ようすけ知ってたのか?!」
そう。
前編の頭で、


ジュン「そしたらまあそんなことばっかしてるから少し顔も知れてるんだ。
ようすけ「え?それやばくない?」
ジュン「やばいよw血眼でオレの事捜してるらしいww」
ようすけ「やばいじゃん!どうするの?」
ジュン「ま、なんとかなるさ。ってな感じでよろしくね。」
そうようすけと打ち合わせしてたのだ!

そこに来た新宿のかずくん、のぞみん、えんどうの三人。

三人「おめでとう!!いえーい!」
ジュン「お、お疲れ!カナダどうだった?」
えんどう「え?行ってないからわかんない!」
のぞみん「かんぱーい!!」
ジュン「お、のぞみん!かんぱーい!」
かずくん「おめでとう!!」
ジュン「あ、かずくん。怪我もういいの?」
かずくん「怪我?ああ、アレね。メイクだよw東急ハンズって便利だねー!!」
彼ら三人はドッキリの達人。僕も何度も騙されてるのを皆さんもご存知ですね。


たかよし「くそおーーー!!」
倒れこむたかよし。
なぎさ「死ね!もう知らない!死ね!」
怒るなぎさ。
にしの「マジで友達辞めようかな」
あきれるにしの。


なぎさ「マジかと思った。あームカつく。」
ジュン「そういうな、プレゼントは?」
なぎさ「ないわ!!」
ジュン「えーなんでよ!!」
にしの「てか長いよ。いつからやってんだ。」
ジュン「ようすけと準備しだしたのが3週間前だね。」
たかよし「ウソでよかったー!」

そんな僕の逆サプライズ誕生日パーティが始まりました。



そしてその後は僕の誕生日をみんなで祝ったのでした。













スポンサーサイト

最新記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

なんとなく予想はしてたんだ……!でもこれはひどいwwジュンさん最高すぎるww

初コメです。こんばんワニ!

ちょwww壮大すぎるwww
やっぱり類は友を呼ぶんですね。面白い友達いっぱいでうらやましいです!
私はこういうこと結構好きなんですけど友達がのってくれないんですよね……
仲間に入れてください!英語はできないけど酒は飲めます!www

ふぅ~

なんか、すんごい肩こっちゃった…

なぎさちゃんにパンチお腹にいれられなくてよかったね。

それにしても…

スカもジュクも、
いい仲間ですね。

本当にヒドス!笑

いやー、相変わらずというか今回は特に、手の込んだイタズラですね‥‥でもこういうのやったことないから、一回やってみたいです!笑

おめでとう

予想はしていたが誰がグルかまでは読めなかった。
全力でマメだよね。

ひどいなあ…
みなさん心が広いですね( ´ω`)

一人で、セコセコ自分の部屋を急いで掃除してるジュンさんを想像して萌えた(笑)
少し遅いけど
HAPPY BIRTHDAY

「え?」が多いね!

え?

初めましてー。

何という
酷いドッキリwww

壮大すぎます(笑)

ハッピーバースデーというタイトルで、文化祭で演じようかと思います。
まぁ、これも嘘ですが。

無駄に手が込みすぎw

ジュンさんの友達って、ホント良い人ばかりですね。

盛大すぎるww

ドッキリに命かけてるね!笑

初めまして^^

巧妙な手口ですねーw
そんでみなさん優しい!

長文・前後編お疲れ様でした!

ホントすごいですねww
命がけドッキリww
いやぁ、すごい!!
今度あたしにも
仕掛けに来てください←

なんて鬼畜なw
最低!wあなた最低よ!w
僕も今年やろうかな……

いやぁ、最高に最低ですね!!

ひどすぎますw
なんて壮大なイタズラなんだー!
いいお友達がいっぱいでジュンさん幸せもんです…!

何という鬼畜ww
番組一本作れるね

長いな
登場人物までは読んだ

ドッキリは目にみえてたけど、一人で座ってるて・・・シュールwちゅーか、毎回言葉のチョイスが良すぎて楽しい内容が10倍楽しいです。たかよしくん地味に優しいですね^^

まさかのセルフバースデーサプライズwwwwwwww
最悪だ!でも最高ですジュンさんb

そんな印象に残るサプライズな誕生日羨ましいです!
やっぱり自分で動かないとここまではできないですよねw


なんだよ!!もう!!!!
ばかやろ!

冗談が通じるっていいなあー
こんなんしたら友達なくしそうwww

どっきりだろうなーと思いながら読んでおりましたが
レベルが高すぎてこちらも本当に捕まったんじゃないかと
信じそうになりましたw流石です。

も---!なぎささんが可哀相!!
うっかりだまされた--!

レベルEの王子を思い出したw

ロンハー並みだwww

あのねぇ・・

前編からたぶんこういう結末だろうと思ってたから絶対みるもんかって・・でも気になって。くそ!クラッカーじゃなくバズーカ打ってやりたい!

初コメです
【のぞみん】は100%仕掛ける側ですか?
wwwwwwwwwwww
非公開コメント

今まで来た人
お知らせ
相互リンク絶賛募集中! 詳しくはコチラ もしくはメールフォームに!
☆記念☆
記念にあげときます。
目指せ!全部1位!!
スポンサーリンク
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
ジュン
神奈川県在住。歳は20代後半になりました。

趣味は音楽と筋トレ。
音楽レーベルを運営してます。
普通に会社員としても働いてます。
怠け者なのでご承知を。

Twitterは@JunShinkです。基本的に身内ネタ多いですが。
http://twitter.com/JunShink

詳しくはコチラ
最新記事
カテゴリ
リンク
Shink.Net 個人的な日記など。
Shink DTM DTM作曲・音楽理論講座
Plug-in 楽器・音楽機材紹介
月別アーカイブ
Twitter
最新コメント
RSS登録er
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

人気記事
あの「広告」は本当なのか。
ジュンさんの昔話リターンズ「対決!F女!」編。
罪は罰より重い
クリーニングアウト
ジュンくんと町田巡査
女の一人暮らし
4人席
オリーブの首飾り。
言葉の力。
森ガールを求めて。
風評被害。
ツンデレ雨戸。
Singin' in the Rain
Drink's High
隣人問題。
私待つわ。
今はいてたやつ。
年の功。
青い水平線。
肝試し。
かくれんぼ。
池袋ホーミーズと対決
ラウドガール
朝まで生討論。
太平洋戦争。
その男、危険につき
その男、危険につき その2
半分の幸せ。
思い出は御心とともに
毎日エブリデイ
千と千尋のハゲ隠し。
スプラッシュ
ならない携帯。
ラブストーリーは突然に。
コールドナイト。
新宿サクリファイス 前編
新宿サクリファイス 後編
消火器泥棒シゲじいさん。
もじゃもじゃカタルシス
デス、ケイオスandインサニティ。
にしの、オンマイマインド。
おあおあおおおあ。
焦りは禁物。
本音は実は・・・
ロンリーコールドナイト。
流星コンドーム。
アクシデント
プロポーズ
置き去り。
レイニングブラッド
あの人にとどけ。
白衣をまとった。
スマイル
ブリブリトランスキャンプ パート1
ブリブリトランスキャンプ パート2
ブリブリトランスキャンプ パート3
ナビゲーションズ。
呪いVSジュン君。
自称精神病患者と対決。
自己防衛。
もうだめなんじゃないか・・・?
逞しく生きよう。
サプライズパーティー。
犬も飽きれば正常位
軟膏ナースコール
深夜四時の喧騒
スポンサードリンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
このページのトップへ